専門医の医師の求人/募集/転職 > 専門医の医師の転職事例一覧

転職事例

1~10件/全116件(全12ページ)
<<最初   1ページ  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  最後>>

地方にある急性期病院でカテーテル治療を続けてきたY..

循環器専門医 男性40代

転職コンサルタントの手記: 急性期病院でカテーテル治療を続けてきたY先生、お子さんの就学を機に実家でもある都市部へ転居することを決めました。忙しい診療科のひとつであることは身をもってわかっているが、変なところでのストレスが少ない環境、また過度ではなく普通の忙しさでの勤務を望んでいるというものでした。

循環器専門医 男性40代

詳細を見る

これまでも週に何日か非常勤として診療を続けてきた..

皮膚科専門医(女性40代)

(やはり気になるのは、子どもが就学してから環境に慣れるまでの時期のことや、急な熱発や病気のときの対応です。病棟管理を受け持つのは難しいと判断し、これまで主に外来診療をしてきました。当初はそのまま外来を1日増やすことを考えていたそうですが、おじいちゃん、おばあちゃんが大好きと笑顔になるI先生、訪問診療も検討してみようということになりました)

皮膚科専門医(女性40代)

詳細を見る

非常勤・アルバイトとしての放射線科・遠隔画像診断

放射線科診断専門医(男性・40代)

(5年ほど前に弊社で転職サポートの機会をいただいたM先生、放射線科診断医として急性期病院に勤続されています。 そんなM先生から私のところに「前にお世話になったMだけど覚えていますか?と突然の電話連絡が。先生とは面談もさることながら、過去に非常に長い電話相談をしたこともあり、声を聞いてすぐにお名前が浮かびました)

放射線科診断専門医(男性・40代)

詳細を見る

【転職先をよりよく知ることのメリット】 放射線科..

放射線科読影専門医(男性・30代)

勤務先の病院に勤務する多くの方々と良好な関係を築くことは理想ではあります。 しかしまずは、毎日近くで業務をする放射線科の医師、技師長をはじめとする放射線科技師といった身近なスタッフとしっかりとした関係を築ける勤務環境を得ることは、先生にとっても大切なことであったと思います。 身近にいる放射線科部長、技師スタッフと協調して勤務できるとわかったうえで転職先に就職できたことは、とても安心できたとお話されていたのが印象的でした。 (こちらの文章は、転職コンサルタントによるサポート手記です。

放射線科読影専門医(男性・30代)

詳細を見る

長く大学病院や関連病院に勤務してきた皮膚科専門医..

皮膚科専門医(女性・40代)

転職先の病院内だけでなく、周辺地域からの皮膚科への要望も大きかったことから、確かな診療をしていただける皮膚科専門医のA先生の着任はとても歓迎されました。必要な医療機器の事前準備や、年収アップの相談も病院には了承され、先生からも及第点をいただけました。

皮膚科専門医(女性・40代)

詳細を見る

医師転職コンサルタントの手記 大学病院とその関連..

リハビリテーション科専門医(男性40代)

入職前からの課題として、多くのリハビリスタッフと良好な関係性を築くことができるかが目下の課題となっていましたが、それもK先生自身が人事課と協力し積極的に各スタッフとコミュニケーションをとったり、医師である院長、副院長はじめ脳外、整形の診療部長のバックアップもあり、想定していた以上に良いスタートができたそうです。

リハビリテーション科専門医(男性40代)

詳細を見る

転職コンサルタントの手記 ご相談にお見えになった..

小児科専門医・アレルギー専門医(男性40代)

入職1~3ヵ月後の状況:就職先のクリニックは、残念ながらこれまでは来院患者数が多いとは言えない状況が続いていました。しかし、I先生が就職してから一ヶ月ほど経ったころ、状況が少しずつ変わり始めます。予防接種の予約をはじめ、患者さんの来院が徐々に増え始めました。 またその後、さらに来院患者さんが増えたころには、明らかな変化に驚いた処方箋薬局の関係者が様子を見に来たくらいであったそうです。

小児科専門医・アレルギー専門医(男性40代)

詳細を見る

子供が小学生になり保育園の時のように遅くまで見て..

内科 女性 36歳

子供が小学生になり始めの内はなるべくついててあげたいという気持ちと仕事も両立したいと言う気持ちで葛藤してました。 主人とも何度も話し合って希望条件にあう所が見つからない場合は今回は子供を優先しようと決めていましたので、とてもいい環境を紹介してもらえて感謝してます。

内科 女性 36歳

詳細を見る

希望に合わない医局人事に不満があり転職を考えまし..

血液内科 男性医師 38歳

医局から離れてどう探したらいいのか、自分では中々進められなかったのでもっと早くお願いすれば良かったと思っております。

血液内科 男性医師 38歳

詳細を見る

産婦人科の常勤医として勤務していましたが、幸せそ..

産婦人科専門医 女性 38歳

地元とはいえ関東に居ながらましてや前職の勤務多忙の中では中々、自分ではうまく探せませんでした。 専門医局さんには色々確認等何度もお願いしてしまいましたが、いやな顔せずに対応頂きとても感謝しています。

産婦人科専門医 女性 38歳

詳細を見る

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の転職事例の一覧ページです。専門医をお持ちの医師の転職事例を掲載しています。

転職される先生は、それぞれ様々な理由をお持ちです。希望する職務内容を求めての転職、年収(年俸)のアップや役職・待遇の向上を求めての転職、通勤のしやすさ、実家に帰る等の勤務地を考えた転職、家庭や子育てとの両立を考えた転職、専門や経験を生かした転職等々。

豊富な転職事例の中にご自身の転職に役立つ情報があるはずです。

専門医局では専門医の資格取得方法求人情報を掲載しております。
非公開求人も多数ありますので、詳細情報をご希望される場合は会員登録にお進みください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
透析専門医・腎臓内科専門医(男性 38 歳) 透析専門医・腎臓内科専門医(男性 38 歳)
家族との時間も取り易い勤務条件となり、年収も下...
消化器科 男性医師 (51歳) 消化器科 男性医師 (51歳)
条件についても申し分なく、何よりもこちらの病院...
消化器内科専門医 男性 40歳 消化器内科専門医 男性 40歳
私にとって理想的な病院でした。指導医としての役...
産婦人科専門医 女性 38歳 産婦人科専門医 女性 38歳
今の仕事にはやりがいを感じています。 不妊症治...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ