専門医の医師の求人/募集/転職 > 専門医の医師の転職事例一覧

転職事例

101~110件/全116件(全12ページ)
<<最初  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  11ページ  12  最後>>

地方の公立病院へ2年ほど勤務してましたが、またさら..

総合内科専門医 男性(39歳)

自分で病院のホームページを見たりと探すこともしましたが、医局にいたこともあり直接問合せすることはためらわれたので、専門医局にお願いして正解でした。

総合内科専門医 男性(39歳)

詳細を見る

勤務先は外科医師の数が多く、指導医の先生もいらし..

外科専門医 男性(40代)

他社にも登録しておりいろいろ情報をいただいていたので、提案が3件というのは正直少ないと感じましたが、吟味した上で提案してることがわかったので安心しました。 知り合いにも声をかけつつ、専門医局にも登録しましたが、対応は専門医局の方が早かったです。

外科専門医 男性(40代)

詳細を見る

これまで泌尿器科医として手術を積極的に行ってきま..

泌尿器科専門医 男性(40代後半)

非常に熱心に話を聞いてくれる方でした。 今後の人生プランについても、担当者はこれまで沢山の医師と会ってこられただけあって、さまざまな事例を挙げながら私の意見をまとめていたのが印象的でした。 入職後も時々連絡をくださるので、気にかけていただいているのが分かります。

泌尿器科専門医 男性(40代後半)

詳細を見る

糖尿病専門医として、より多くの患者さんと接したい..

糖尿病専門医 女性(30代半)

すぐに連絡をいただいたので、思っていたよりも早く転職先を決めることが出来ました。医療機関の情報も詳しく教えていただいたのでわかりやすかったです。ありがとうございました。

糖尿病専門医 女性(30代半)

詳細を見る

年齢とともに当直勤務がつらくなっていました。救急..

呼吸器専門医 男性(58歳)

勤務の都合でなかなか担当者とお話する時間が持てませんでしたが、勤務後に自宅近くまで来て頂きました。これまで業者にあまりいい印象がありませんでしたが、お会いした担当者は感じも良かったと思います。紹介していただいた医療機関の特徴や良い点、悪い点をわかりやくすくまとめていただいたので判断しやすかったです。

呼吸器専門医 男性(58歳)

詳細を見る

開業を考えていたため、クリニックでの診療経験と経..

眼科専門医 男性(42歳)

担当者が家の近くまで来ていただき、面談をしました。将来開業したいという私の希望を踏まえた上で、条件に合う医療機関を紹介してもらうことが出来ました。担当者が事前に医療機関の理事長と話し合っていただいたので面接もスムーズに進みました。また条件交渉もしていただき、納得した条件で転職することができました。

眼科専門医 男性(42歳)

詳細を見る

育児中のため、非常勤で勤務していましたが、その勤..

皮膚科専門医 女性(36歳)

私の希望に合った勤務先を見つけていただいて感謝しています。担当の方も熱心に話をしていただきました。丁度同じ年頃のお子さんがいるとのことで、子育てに理解のある方でしたので話がしやすかったです。

皮膚科専門医 女性(36歳)

詳細を見る

勤務先では大学病院から来る先生方を中心に内視鏡を..

消化器内視鏡専門医 男性(43歳)

最初は漠然とした希望しかありませんでしたが、担当者と話しているうちに条件が固まってきたのは発見でした。勤務できる医療機関が限られていたので、難しいかと思っていましたが、こちらの希望を踏まえた上で、ちょうどいい提案をしていただいたので満足しています。

消化器内視鏡専門医 男性(43歳)

詳細を見る

医局から紹介してもらった病院に勤めていたのですが..

精神科専門医 男性(37歳)

報酬について、先方と交渉していただいたので、最初の提示額よりアップしたのでうれしかったです。紹介先の長所だけでなく、短所も隠さず話していただいたので、事前によく話し合うことができました。納得のいく転職ができたと思います。

精神科専門医 男性(37歳)

詳細を見る

病院の透析の医師数が少なく、激務が続いており、今..

透析専門医 男性(40代)

前職の退職が決まるまでゴダゴタしましたが、担当の方がこまめに先方と連絡を取ってくれました。転職後も度々連絡があり、アフターフォローもしっかりしている会社だと感じました。

透析専門医 男性(40代)

詳細を見る

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の転職事例の一覧ページです。専門医をお持ちの医師の転職事例を掲載しています。

転職される先生は、それぞれ様々な理由をお持ちです。希望する職務内容を求めての転職、年収(年俸)のアップや役職・待遇の向上を求めての転職、通勤のしやすさ、実家に帰る等の勤務地を考えた転職、家庭や子育てとの両立を考えた転職、専門や経験を生かした転職等々。

豊富な転職事例の中にご自身の転職に役立つ情報があるはずです。

専門医局では専門医の資格取得方法求人情報を掲載しております。
非公開求人も多数ありますので、詳細情報をご希望される場合は会員登録にお進みください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
産婦人科専門医 (女性 30代半) 非常勤・アルバイト 産婦人科専門医 (女性 30代半) 非常勤・アルバイト
前任の先生の勤務期間の都合で、当初の1ヶ月間は週...
消化器内視鏡専門医 男性(43歳) 消化器内視鏡専門医 男性(43歳)
勤務にも慣れ、充実した日々を過ごしています。消...
脳神経外科 男性医師 55歳 脳神経外科 男性医師 55歳
自分への期待に裏切らないように今はやるべきこと...
救命救急科 男性医師 33歳 救命救急科 男性医師 33歳
救急と麻酔科の掛持ちなんてあまり聞いたことがな...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ