専門医の医師の求人/募集/転職 > 救急科専門医(救急医/救急科医)の医師の求人/募集一覧

求人一覧

31~40件/全266件
<最初  1 2 3  4  5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23  最後>

二次救急指定

【常勤】救急科専門医/埼玉県さいたま市/年収1,000万円~2,000万円


詳細ページを見る

医療法人社団 協友会 彩の国東大宮メディカルセンター

☆急募!

求人ID 018772
業務内容 【救急対応】救急車台数:(平日日勤)190,2件/月・(平日夜間)251,8件/月、(休日日勤)67,1件/月、(休日夜間)67,1件/月
募集科目 救命救急科
年収 年収1,000万円~2,000万円
※当直給与別途:1勤務(平日)40,000円・(休日)140,000円(24時間)
所在地 埼玉県
ベッド数 337

【常勤】救命救急科専門医/千葉県松戸市/年収応相談


詳細ページを見る

医療法人社団  誠馨会  新東京病院

求人ID 004581
業務内容 【救急対応】救急搬送台数:3,296件/年
募集科目 救命救急科
年収 年収応相談
所在地 千葉県
ベッド数 387
当直なし

【常勤】救急科専門医/千葉県船橋市/年収1,000万円~2,000万円


詳細ページを見る
求人ID 019942
業務内容 【救急対応】
募集科目 救命救急科
年収 年収1,000万円~2,000万円
所在地 千葉県
ベッド数 292
週4日勤務
二次救急指定

【常勤】救急科専門医/埼玉県春日部市/部長候補も募集/年収1,000万円~2,000万円


詳細ページを見る

医療法人財団 明理会 春日部中央総合病院

求人ID 023460
業務内容 【救急対応】 ※現在の常勤医数:0名
募集科目 救命救急科
年収 年収1,000万円~2,000万円(2,000万円以上も可能です)
所在地 埼玉県
ベッド数 404
週4日勤務

【常勤】救急科門医/愛知県犬山市/年収1,200万円~2,000万円


詳細ページを見る

医療法人社団 志聖会 総合犬山中央病院

求人ID 021080
業務内容 【救急対応】 ※時間が空いた場合に病棟回診などの別の業務をお願いする場合があります。
募集科目 救命救急科
年収 年収1,200万円~2,000万円
所在地 愛知県
ベッド数 316
二次救急指定

【常勤】救急専門医/東京都練馬区/年収1,200万円~応相談/医師/


詳細ページを見る
求人ID 024310
業務内容 【救急対応】夜間帯はかかりつけの搬送が多いです 【病棟管理】担当ベット数10床前後 参考:電子カルテ・オーダリングあり
募集科目 救急科
年収 年収1,200万円~ 
ご経験・キャリア等を考慮し、面接後にご相談です
所在地 東京都
ベッド数 224

【非常勤・アルバイト】救命救急科専門医/和歌山県橋本市/時給10,000円~/月曜勤務


詳細ページを見る
求人ID 023826
業務内容 【外来】 【病棟管理】急変時対応
募集科目 救急科
年収 時給10,000円~
所在地 和歌山県
ベッド数 280
勤務日 月 (非常勤)

【常勤】救急科専門医/兵庫県川西市/年収1,000万円~1,800万円


詳細ページを見る
求人ID 022753
業務内容 【救急対応】週5~6コマ 【病棟管理】主治医制、一般病棟、担当患者数:5~10名程
募集科目 救命救急科
年収 年収1,000万円~1,800万円
※当直給与別途:1勤務50,000円
所在地 兵庫県
ベッド数 199

【非常勤・アルバイト】救急科専門医/岡山県倉敷市/日当直130,000円/日祝日勤務


詳細ページを見る

社会医療法人 水和会 水島中央病院

求人ID 024053
業務内容 【救急対応】救急車:0~3台 【外来】時間外患者数患者数:15~20名程 ※内科系・外科系の2名体制
募集科目 救命救急科
年収 日当直130,000円
※交通費含む
所在地 岡山県
ベッド数 155
勤務日 日 (非常勤)
当直なし
新病院
二次救急指定

【常勤】救急専門医/埼玉県鶴ヶ島市/年収1,200万円~/医師


詳細ページを見る

日中の救急対応を主な業務とする場合、当直なし可能です

求人ID 024258
業務内容 【救急対応・トリアージ】 二次救急のトリアージ・処置が主な業務です(周辺エリアに大学病院ほか大病院があるため) 日中救急受けを主なデュティーとする場合、当直なし可能です ☆手術件数は全診療科で1,012件(うち全身麻酔455件 ☆救急患者数8,850人、救急車来院患者数2,900人 ☆電子カルテ
募集科目 救急科
年収 年収1,200万円~
参考:5年目約1,200万円、10年目約1,500万円※ご面談後、キャリア、スキル等を鑑みご相談。
諸手当:当直手当、日直手当、食事手当、通勤手当(高速代支給)など別途あり
所在地 埼玉県
ベッド数 270

31~40件/全266件
<最初  1 2 3  4  5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23  最後>

救急科専門医に関する学会ニュース

日本救急医学会に関する講演会、学術集会の開催情報や学会からのお知らせを掲載しています。

日本救急医学会からのお知らせ「第5回 全国医学生BLS選手権大会」に関して

[2019.6.21]

全文を読む

日本救急医学会からのお知らせ「第5回 全国医学生BLS選手権大会」に関して

日本救急医学会が「第5回 全国医学生BLS選手権大会」に関して発表した。    日本救急医学会 学生・研修医部会運用特別委員会では、全国の医学部医学科…

日本救急医学会からのお知らせ「「熱中症即日登録調査2019」ご協力のお願い」に関して

[2019.6.4]

全文を読む

日本救急医学会からのお知らせ「「熱中症即日登録調査2019」ご協力のお願い」に関して

日本救急医学会が「「熱中症即日登録調査2019」ご協力のお願い」に関して発表した。    熱中症および低体温症に関する委員会では、本年もFAX及びWeb登…

日本感染症学会からのお知らせ「敗血症セミナー in 神戸2019 開催」に関して

[2019.4.24]

全文を読む

日本感染症学会からのお知らせ「敗血症セミナー in 神戸2019 開催」に関して

日本感染症学会が「敗血症セミナー in 神戸2019 開催」に関して発表した。   【開催目的】  敗血症や敗血症性ショックの治療においては、早期診断・早…

日本救急医学会からのお知らせ「救急医のためのMCセミナー」に関して

[2019.3.25]

全文を読む

日本救急医学会からのお知らせ「救急医のためのMCセミナー」に関して

日本救急医学会が「救急医のためのMCセミナー」に関して発表した。   第4回「救急医のためのメディカルコントロール」セミナーを下記の要領で開催いたし…

日本救急医学会からのお知らせ「日本交通科学学会より 第14回交通科学シンポジウム開催のご案内」に関して

[2019.3.4]

全文を読む

日本救急医学会からのお知らせ「日本交通科学学会より 第14回交通科学シンポジウム開催のご案内」に関して

日本救急医学会が「日本交通科学学会より 第14回交通科学シンポジウム開催のご案内」に関して発表した。    本学会では、日頃より交通事故の予防安全…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

救急科専門医(救急医/救急科医)の医師の求人/募集/転職情報の一覧です。救急科専門医の医師の募集/求人は勤務形態(常勤/非常勤/アルバイト)、年収(報酬)、勤務内容、就業時間、医療機関の所在地、交通費の有無を掲載しています。
また常勤非常勤アルバイトなどの働き方別や東京神奈川千葉埼玉等と地域別に求人情報を紹介しています。

専門医局では救急科専門医の資格取得方法を掲載しております。非公開求人も多数ありますので詳細情報をご希望される場合は会員登録をしてください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
精神科専門医 男性(37歳) 精神科専門医 男性(37歳)
精神科の場合、書類作成に時間を取られることが多...
小児科専門医 女性 35歳 小児科専門医 女性 35歳
自宅から歩いて通え、保育施設があり社員の育児に...
内分泌・代謝内科 女性 38歳 内分泌・代謝内科 女性 38歳
同様の働き方をしている女性医師のいる病院の為、...
循環器内科 男性(38歳) 循環器内科 男性(38歳)
求めていた環境に勤めることができ、満足しています。

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ