専門医の医師の求人/募集/転職転職事例一覧 > 消化器内視鏡専門医 男性(43歳)の転職事例

転職事例

消化器内視鏡専門医 男性(43歳)

NO IMAGE

大学病院で勤務後一般病院へ転職。

認定内科医、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医

前職

神奈川県
内科
医員
週5日
年収1500万
外来、病棟管理

矢印 現職

神奈川県
消化器内科
医長
週4.5日
年収1600万
外来、病棟管理、内視鏡


転職のきっかけ

勤務先では大学病院から来る先生方を中心に内視鏡を行っていたため、あまり症例を積むことが出来ないと感じていました。また、専門医以外の患者さんを担当することも多く、勉強にはなるのですが、やはり自分のスキルを活かした勤務が出来るところで、しっかりと経験を積みたいと思い専門医局に登録しました。

新しい職場へのご要望

一般内科ではなく、消化器内科として必要としてくれる医療機関での勤務を希望しました。また内視鏡も十分に行えるところを希望しました。

転職活動の経過

担当の方とお会いして相談しているうちに、いろいろと希望が出てきて、整理しながら今後の展望について話ました。最初は転居も考えていましたが、子どもの進学などを考えて、自宅から通える範囲で探してもらうことにしました。幸い下部内視鏡の需要が高い医療機関があり、転職することができました。学閥もなく、私のように単独で転職されてきた先生方も多いということで、働きやすいと感じ、そこに決めました。

入職3ヶ月後の感想

勤務にも慣れ、充実した日々を過ごしています。消化器疾患の患者さんも多く、外科の先生と連携して今後さらに診療体制を充実させていきたいと思います。

専門医局の担当者の対応

最初は漠然とした希望しかありませんでしたが、担当者と話しているうちに条件が固まってきたのは発見でした。勤務できる医療機関が限られていたので、難しいかと思っていましたが、こちらの希望を踏まえた上で、ちょうどいい提案をしていただいたので満足しています。

転職事例一覧へ お問い合わせ
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の消化器内視鏡専門医 男性(43歳)の転職事例ページです。

医師のプロフィール(性別、年齢、医療機関の形態、年収等)、転職のきっかけ、新しい職場へのご要望、転職活動の経過、入職3ヶ月後の感想、専門医局の担当者の対応等をまとめています。

その他の転職事例は一覧にまとめていますのでご覧ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
消化器内視鏡専門医 男性(43歳) 消化器内視鏡専門医 男性(43歳)
勤務にも慣れ、充実した日々を過ごしています。消...
脳神経外科専門医 男性 58歳 脳神経外科専門医 男性 58歳
前職より年収が100万円さがりましたが、待遇改善さ...
泌尿器科専門医 男性(40代後半) 泌尿器科専門医 男性(40代後半)
希望通りの職場でした。当直が減ったので家族と過...
内科専門医  女性医師 42歳 内科専門医  女性医師 42歳
面談時にも感じましたが、院内の雰囲気が良く運営...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ