専門医の医師の求人/募集/転職転職事例一覧 > 神経内科専門医 37歳 男性医師の転職事例

転職事例

神経内科専門医 37歳 男性医師

NO IMAGE

大学医局に在籍時代は各地の自治体病院、急性期病院で勤務。その後、その時々のスキルアップ目標を持って急性期病院での勤務を続けている。神経内科専門医、産業医。

前職

関東 
急性期病院
神経内科専門医
週4,5日

矢印 現職

関東
急性期病院
週4,5日
1,600万円(当直手当は別途支給)
外来(救急対応)・検査・処置、病棟管理
※月間1~2回の当直対応


転職のきっかけ

前職の勤務先では、諸所の要因が重なり循環器系の医師数名が一度に退職してしまったことが最終的に転職に至るはじめのきっかけでした。循環器当直が機能しなくなり、そのしわ寄せが内科当直に、、、。当直回数も増えはじめ、その後1年も経過したころには、院内のあらゆる所に影響が出ていました。
家内は一般企業に勤務しており、平日の朝、子供を保育施設に送るのは私の分担でしたから、転職先はスキルアップのためならどこへでも行きますという訳にもいきませんでした。

新しい職場へのご要望

保育施設への送迎をはじめとした子育てと勤務の両立。またこれまで診療をしながら続けてきた研究発表も続けたいと考えており、体調をこわすほどのハードワークを強いられない環境。

転職活動の経過

転職を思い立ったものの、数ヶ月で早々に転職とはできませんでした。勤務先はマンパワー不足で相変わらず非常に忙しく、また在籍している先生方と助け合ってやってきたこともあり、出来るだけのことはして退職するつもりでした。そのため、専門医局の担当者とお会いしサポートを受け、ある総合病院に内定をいただいたのですが、退職準備や引き継ぎの都合で、実際に就職したのはほぼ1年後のことでした。
その間、面接や就職に向けたうち合わせへの同席や、メール・電話での相談に対応していただいたサポート担当の〇〇さん、また病院の関係者の皆さまには感謝しています。

入職3ヶ月後の感想

内定から就職まで長い期間があったため、勤務スタート時点で最低限必要な診療機材の選定や、在職中の先生方とも事前にお話できる機会がありましたので、安心してスタートを切れました。

専門医局の担当者の対応

こちらの都合とはいえ、結果的に足掛け2年の転職サポートを丁寧な対応で応えていただきました。

転職事例一覧へ お問い合わせ
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の神経内科専門医 37歳 男性医師の転職事例ページです。

医師のプロフィール(性別、年齢、医療機関の形態、年収等)、転職のきっかけ、新しい職場へのご要望、転職活動の経過、入職3ヶ月後の感想、専門医局の担当者の対応等をまとめています。

その他の転職事例は一覧にまとめていますのでご覧ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
精神科専門医 男性(37歳) 精神科専門医 男性(37歳)
精神科の場合、書類作成に時間を取られることが多...
整形外科専門医 男性(40代) 整形外科専門医 男性(40代)
部長待遇で迎えてくれましたので、期待に応えたい...
消化器内科系専門医(取得希望) 男性(30代) 消化器内科系専門医(取得希望) 男性(30代)
まだまだこれからですが、臨床能力の向上と、専門...
整形外科専門医 女性(30代) 整形外科専門医 女性(30代)
もちろん子どもは授かりものですので、出産などの...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ