専門医の医師の求人/募集/転職産婦人科専門医(産科医/婦人科医)埼玉県 > 【非常勤・アルバイト】婦人科専門医/埼玉県八潮市/日勤80,000円/木曜勤務 

求人詳細
専門医局求人詳細

【非常勤・アルバイト】婦人科専門医/埼玉県八潮市/日勤80,000円/木曜勤務

求人ID 012324
勤務形態 非常勤
募集科目 婦人科
募集資格 産婦人科専門医
採用人数 1名
報酬 日勤80,000円
※半日45,000円
求人詳細
業務内容 【外来】
勤務日 毎週/木曜日
勤務日 木 (非常勤)
勤務時間 9:00~17:30
※半日勤務可(9:00~13:00)
所在 埼玉県
【非常勤・アルバイト】婦人科専門医/埼玉県八潮市/日勤80,000円/木曜勤務
(求人ID:012324)
応募する フリーダイヤル 0120-361-209

お電話の際は求人IDをお伝えください。


相談する ・さらに詳細な情報が知りたい
・似た条件の求人を探している
・転職時期を相談したい
・その他、相談したいことがある場合
相談
新着求人
産婦人科専門医
  • 産婦人科専門医/千葉県
    時給12,500円(交通費別途)、【外来】患者数:60~80/日(婦人科検診や妊婦健診等も含む) 【分娩】 【検診】婦人科検診 【手術】カイザ..
産婦人科専門医
産婦人科専門医
産婦人科専門医
産婦人科専門医
  • 産婦人科専門医/愛知県
    年収1,300万円~2,000万円、【外来】週5コマ、患者数:20~30名/コマ(内科診療もお願いします。) 【検診】子宮頸がん検診、乳房触診など..

産婦人科専門医の求人一覧はこちら

産婦人科専門医に関する学会ニュース

日本産婦人科学会に関する講演会、学術集会の開催情報や学会からのお知らせを掲載しています。

「不育症」 香川県が患者支援へ

[2017.9.12]

全文を読む

「不育症」 香川県が患者支援へ

 流産を繰り返してしまう不育症について香川県は、治療のための助成金支給も視野に独自の患者支援を始める方針を固めた。今後、専門家の意見を聴いて必要な支…

日本医学会からの知らせ「高難度新規医療技術の導入に当たっての医療安全に関する基本的な考え方」に関して

[2016.11.14]

全文を読む

日本医学会からの知らせ「高難度新規医療技術の導入に当たっての医療安全に関する基本的な考え方」に関して

日本医学会が「高難度新規医療技術の導入に当たっての医療安全に関する基本的な考え方」に関して発表した。    特定機能病院等の高度な医療を担う医療…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

【非常勤・アルバイト】婦人科専門医/埼玉県八潮市/日勤80,000円/木曜勤務の詳細情報です。
他の求人情報もご確認したい方は、産婦人科専門医(産科医/婦人科医)の医師の求人/募集/転職や、産婦人科専門医の常勤の求人募集産科医/婦人科医の非常勤の募集/求人埼玉県の医師の転職情報をご覧ください。

専門医局では産婦人科専門医の資格取得方法も掲載しております。
非公開求人も多数ありますので、詳細情報をご希望される場合は会員登録にお進みください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
婦人科専門医 女性 35歳  婦人科専門医 女性 35歳 
実際に、家庭との両立をされている先生の話などを...
麻酔科 男性医師 48歳 麻酔科 男性医師 48歳
ありがたいことに病院側からも、これまでのキャリ...
乳癌学会専門医・マンモグラフィー読影認定医 (女性 40代) 外勤アルバイト 乳癌学会専門医・マンモグラフィー読影認定医 (女性 40代) 外勤アルバイト
1ヶ月程度が経過しましたが、お話通りの勤務内容で...
一般内科 女性 52歳 一般内科 女性 52歳
子育てしながらはやはり大変な面もありますが、本...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ