専門医の医師の求人/募集/転職転職事例一覧 > 産婦人科専門医 女性 42歳の転職事例

転職事例

産婦人科専門医 女性 42歳

NO IMAGE

日本産科婦人科学会認定専門医

前職

産科
外来、病棟管理、手術
週4日勤務
都内

矢印 現職

産科
外来、病棟管理、手術
週5日勤務
都内


転職のきっかけ

以前の勤務地では、高齢の先生が多く、無痛分娩に限らず新しいものを取り入れていこうという姿勢が全く見られなかった。職場に活気がなく、最近腹腔鏡の専門医の先生も愛想尽かして辞めてしまいました。自分もこのままでは無痛分娩が充分にできず、レベルアップが望めないと感じた為。

新しい職場へのご要望

無痛分娩をはじめとした新しい診療に対して、意欲的に受け入れてくれる病院が大前提でした。

また腹腔鏡に関してはまだまだ学びたい事も多く、できればそのあたりの経験が豊富な先生が在籍している事が望ましいと考えてました。

婦人科全般のオペもやっていきたいと思っていたので、設備や意欲のあるスタッフが充実しているか。今後、充実させるつもりかを重視しました。

転職活動の経過

登録後、紹介してもらった求人の中に、一か所、とても希望に近い病院がありました。
いきなり面接なのかなと思っていたのですが、事前にコンサルタントの方から、現状の医療体制はもちろん、私が入った後で産婦人科がどう変化していくのか、5年後10年後も見据えた病院側のビジョンについての情報をもらいました。ここなら無痛分娩を始めとした新しい医療をどんどん推し進められるとある程度核心して面接へ。

入職3ヶ月後の感想

院長や部長からは新しいものをどんどん取り入れてほしいという意欲的なスタンス。
スタッフからはモチべーションの高さを感じます。
加えて少し年上の先生が腹腔鏡が得意で、教えてもらえる時間も作ってもらえ、待遇や、当直や勤務時間の割り振りなどの勤務条件も融通を聞かせて頂けています。

専門医局の担当者の対応

自分のような考えを持った産婦人科医はまだまだ少数派なので、転職先もなかなか見つからないかなと思っていたのですが、自分のやりたい事が存分に活かせそうな病院を紹介していただきありがとうございます。助かりました。

転職事例一覧へ お問い合わせ
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の産婦人科専門医 女性 42歳の転職事例ページです。

医師のプロフィール(性別、年齢、医療機関の形態、年収等)、転職のきっかけ、新しい職場へのご要望、転職活動の経過、入職3ヶ月後の感想、専門医局の担当者の対応等をまとめています。

その他の転職事例は一覧にまとめていますのでご覧ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
内科専門医  女性医師 42歳 内科専門医  女性医師 42歳
面談時にも感じましたが、院内の雰囲気が良く運営...
神経内科専門医(男性 30代後半 そのほか専門医資格あり) 神経内科専門医(男性 30代後半 そのほか専門医資格あり)
新居周辺の住環境もよく、勤務にも慣れはじめてい...
麻酔科専門医 男性 32歳 麻酔科専門医 男性 32歳
現在は、週4.5日勤務で月3~4回の当直勤務となり...
産婦人科専門医 女性 42歳 産婦人科専門医 女性 42歳
院長や部長からは新しいものをどんどん取り入れて...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ