専門医の医師の求人/募集/転職転職事例一覧 > 外科・消化器内視鏡専門医 男性(38歳)の転職事例

転職事例

外科・消化器内視鏡専門医 男性(38歳)

NO IMAGE

大学病院とその関連病院に長年勤務後、急性期病院に転職

外科専門医、内視鏡専門医

前職

大学病院とその関連病院
消化器外科
週4,5日
非公表
OPE、病棟管理、外来

矢印 現職

急性期病院
消化器外科
週4,5日
1750万円+当直別途
OPE、病棟管理、外来


転職のきっかけ

大学と派遣先を数年ごとに行っては戻りを繰り返していました。医局人事で翌年はまた地方転勤になることはほぼ確実でしたし、年齢的にももう少しゆとりが欲しいことや、子供が2歳と5歳でしたので関東にそろそろ落ち着きたいと家族で話し合ったことがきっかけでした。

新しい職場へのご要望

鏡下オペの継続的なスキルアップ
年収アップ

転職活動の経過

専門科と年次を考えても環境の合いそうな職場は限られると思っていましたが、希望エリアで興味の持てる情報を数件いただき、そのうち3件の病院に面談に伺うことになりました。何より大変だったのは日程調整です。勤務以外にも自分なりに勉強をしていたこともありましたし、コールが入ってくる可能性も気になっていました。担当さんからその点は先方も十分理解していることを確認し安心できました。
訪問した病院はそれぞれにカラーがあり、うち2件に特に興味を持ちましたが、内視鏡オペの症例を増やすことにより積極的に取り組んでいるS病院に転職を決めました。
面談前に予想された額よりも提示額が上がったこともうれしい誤算でした。
面接に伺った当時は、消化器内科医が少ないところは気になっていたのですが、来春に2名の医師の就職が決まっていることを聞くことができました。

入職3ヶ月後の感想

転職前はもう少しゆとりをとも考えていましたが、いつの間にか積極的に臨床に向かっている自分がいます。決定的に違うのは、スキルアップの機会が増えたことと、それを評価してくれる環境が以前よりもあることです。

専門医局の担当者の対応

専門医局との事前の打ち合わせは勤務後に会うことになっていたのですが、緊急オペが2度も重なってしまい、何度も出向いていただいた担当さんには、その後の金額交渉や、勤務の調整もしていただき感謝しています。

転職事例一覧へ お問い合わせ
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の外科・消化器内視鏡専門医 男性(38歳)の転職事例ページです。

医師のプロフィール(性別、年齢、医療機関の形態、年収等)、転職のきっかけ、新しい職場へのご要望、転職活動の経過、入職3ヶ月後の感想、専門医局の担当者の対応等をまとめています。

その他の転職事例は一覧にまとめていますのでご覧ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
消化器科 男性医師 (51歳) 消化器科 男性医師 (51歳)
条件についても申し分なく、何よりもこちらの病院...
内科専門医  女性医師 38歳 内科専門医  女性医師 38歳
子育てに理解のある環境でとても働きやすいです。
産婦人科専門医 女性 38歳 産婦人科専門医 女性 38歳
今の仕事にはやりがいを感じています。 不妊症治...
小児科専門医 男性34歳 小児科専門医 男性34歳
公私ともに新しい生活になりましたので、戸惑うと...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ