専門医の医師の求人/募集/転職埼玉県神経内科専門医 > 埼玉県内の神経内科専門医の医師の求人/募集一覧

求人一覧

1~10件/全91件
<最初   1  2 3 4 5 6 7 8 9 10  最後>

当直なし
週4日勤務
二次救急指定

【常勤】神経内科専門医/埼玉県越谷市/年収1,500万円~


詳細ページを見る

医療法人 康麗会 越谷誠和病院

求人ID 023800
業務内容 【外来】週3~4コマ、患者数:20~25名/コマ 【病棟管理】患者数:15~20名
募集科目 神経内科(慢性期)
年収 年収1,500万円~(10年目標準)
所在地 埼玉県
ベッド数 195
院長・部長

【常勤】神経内科専門医/埼玉県さいたま市/年収1,500万円~2,000万円


詳細ページを見る
求人ID 023590
業務内容 【外来】整形外科または一般内科診療、患者数:15名程/コマ
募集科目 神経内科
年収 年収1,500万円~2,000万円
所在地 埼玉県
二次救急指定

【常勤】神経内科専門医/埼玉県幸手市/年収1,200万円~


詳細ページを見る

医療法人社団 彩優会 秋谷病院

求人ID 023574
業務内容 【外来】週2コマ程 【病棟管理】患者数:10~20名 【救急対応】
募集科目 神経内科
年収 年収1,200万円~
所在地 埼玉県
ベッド数 156
当直なし
二次救急指定

【常勤】神経内科専門医/埼玉県北足立郡/年収1,000万円~2,000万円


詳細ページを見る
求人ID 021285
業務内容 【外来】 【病棟管理】
募集科目 神経内科
年収 年収1,000万円~2,000万円
※当直給与別途:1勤務42,000円
所在地 埼玉県
ベッド数 151
当直なし

【常勤】神経内科専門医/埼玉県草加市/年収1,200万円~1,500万円


詳細ページを見る

医療法人 眞幸会 草加松原リハビリテーション病院

求人ID 019972
業務内容 【病棟管理】病床数:50床
募集科目 神経内科
年収 年収1,200万円~1,500万円
所在地 埼玉県
ベッド数 50

【非常勤・アルバイト】神経内科専門医/埼玉県さいたま市/時給10,000円/金曜勤務


詳細ページを見る
求人ID 023510
業務内容 【外来】
募集科目 神経内科
年収 時給10,000円
※交通費別途
所在地 埼玉県
勤務日 金 (非常勤)
二次救急指定

【常勤】神経内科専門医/埼玉県東松山市/年収は応相談


詳細ページを見る
求人ID 024204
業務内容 【外来・検査】 【病棟管理】 脊椎外科、手外科診療に注力しており、上肢、下肢しびれを主訴とした診療、パーキンソン病など変性疾患、救急診療としての高齢者脳梗塞例が多いのが特徴です。 現在、神経内科は非常勤医のみで対応中
募集科目 神経内科
年収 ご年次、経験等により応相談となります。
所在地 埼玉県
ベッド数 195
症例豊富
新病院
二次救急指定

【常勤】神経内科専門医/埼玉県新座市/年収1,200万円~1,700万円/SCUあり


詳細ページを見る

血管障害治療+一般内科、もしくは抹消神経治療+一般内科でも募集があります。24時間保育所を完備しています

求人ID 024138
業務内容 【外来】 【病棟管理】 【救急対応】ストロークケアユニット(SCU)あり 電子カルテ
募集科目 神経内科
年収 年収1,200万円~1,700万円(経験、スキルに応じてご面談後に応相談)
所在地 埼玉県
ベッド数 327
当直なし
週4日勤務

【常勤】神経内科専門医/埼玉県深谷市/年収1,700万円~2,000万円


詳細ページを見る
求人ID 015482
業務内容 【外来】週1~2コマ、患者数:15~20名 【病棟管理】患者数:25~40名 現在の医師体制:※常勤医師3名(40代1名・60代1名70代1名) 、非常勤医師7名
募集科目 神経内科
年収 年収1,700万円~2,000万円
※当直給与含む
※当直無しの場合:年収1,500万円~1,800万円
所在地 埼玉県
ベッド数 187
当直なし
週4日勤務

【常勤】神経内科専門医/埼玉県さいたま市/年収1,200万円~1,800万円


詳細ページを見る
求人ID 010788
業務内容 【外来】週1~2コマ、患者数:20名程 【病棟管理】主治医制、患者数:20~30名程 【訪問診療】希望の場合のみ相談可
募集科目 神経内科
年収 年収1,200万円~1,800万円
※当直給与別途:1勤務40,000円
所在地 埼玉県
ベッド数 416

1~10件/全91件
<最初   1  2 3 4 5 6 7 8 9 10  最後>

神経内科専門医に関する学会ニュース

日本神経学会に関する講演会、学術集会の開催情報や学会からのお知らせを掲載しています。

日本神経学会からのお知らせ「非感染性疾患対策に資する循環器病の診療情報の活用の在り方」に関して

[2019.7.11]

全文を読む

日本神経学会からのお知らせ「非感染性疾患対策に資する循環器病の診療情報の活用の在り方」に関して

日本神経学会が「非感染性疾患対策に資する循環器病の診療情報の活用の在り方」に関して発表した。    厚生労働省健康局より非感染性疾患対策に資する…

日本神経学会からのお知らせ「日本神経学会 症例登録システムオープン」関して

[2019.6.10]

全文を読む

日本神経学会からのお知らせ「日本神経学会 症例登録システムオープン」関して

日本神経学会が「日本神経学会 症例登録システムオープン」関して発表した。    先にメールでご案内いたしましたが、神経内科専門医を目指す専攻医の…

日本神経学会からのお知らせ「サマースクール「神経疾患に対する創薬トランスレーショナルリサーチを学ぶ」2019」関して

[2019.5.24]

全文を読む

日本神経学会からのお知らせ「サマースクール「神経疾患に対する創薬トランスレーショナルリサーチを学ぶ」2019」関して

日本神経学会が「サマースクール「神経疾患に対する創薬トランスレーショナルリサーチを学ぶ」2019」関して発表した。   ●開催趣旨:  近年、神経疾患…

日本神経学会からのお知らせ「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドラインの改訂」関して

[2019.4.19]

全文を読む

日本神経学会からのお知らせ「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドラインの改訂」関して

日本神経学会が「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドラインの改訂」関して発表した。    厚生労働省労働基準局,厚生労働省健康局,な…

日本神経学会からのお知らせ「悪徳雑誌への注意喚起」関して

[2019.3.29]

全文を読む

日本神経学会からのお知らせ「悪徳雑誌への注意喚起」関して

日本神経学会が「悪徳雑誌への注意喚起」関して発表した。    この度、日本医学会の日本医学雑誌編集者組織委員会より、各分科会宛に「悪徳雑誌への注…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

埼玉県内の病院/診療所/クリニックの神経内科専門医(神経内科医)の医師の求人/募集/転職情報の一覧です。 神経内科専門医の医師の募集/求人は勤務形態(常勤/非常勤/アルバイト)、年収(報酬)、勤務内容、就業時間、医療機関の所在地、交通費の有無を掲載しています。

関東の神経内科専門医(神経内科医)の求人をご覧いただきたい方は茨城県の神経内科専門医の求人/募集栃木県の神経内科専門医の求人/募集群馬県の神経内科専門医の求人/募集埼玉県(さいたま)の神経内科専門医の求人/募集千葉県の神経内科専門医の求人/募集東京都の神経内科専門医の求人/募集神奈川県(横浜、川崎)の神経内科専門医の求人/募集をご覧ください。

専門医局では神経内科専門医の資格取得方法を多数掲載しております。非公開求人も多数ありますので詳細情報をご希望される場合は会員登録をしてください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
内科専門医  女性医師 42歳 内科専門医  女性医師 42歳
面談時にも感じましたが、院内の雰囲気が良く運営...
乳癌学会専門医・マンモグラフィー読影認定医 (女性 40代) 外勤アルバイト 乳癌学会専門医・マンモグラフィー読影認定医 (女性 40代) 外勤アルバイト
1ヶ月程度が経過しましたが、お話通りの勤務内容で...
内科専門医 女性 39歳 内科専門医 女性 39歳
前職先より患者数は多いですがやりがいを感じてま...
循環器内科 男性(38歳) 循環器内科 男性(38歳)
求めていた環境に勤めることができ、満足しています。

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ