専門医の医師の求人/募集/転職 > 神経内科専門医の収入/転職情報

神経内科専門医の収入/転職情報

神経内科専門医の年収

神経内科専門医の年収
神経内科は急性期から慢性期、回復期リハビリテーションまで幅広くその医師としての存在が求められる専門科のひとつであるため、一括りに定義することが難しい科です。よく見られる神経内科での求人募集として年俸1,200~2,000万円程度(年次・スキルに寄る)が多いと言えそうです。
二次救急以上の医療を受け持つ急性期病院では、脳神経外科の医師とも連携し脳血管障害に対して血管溶解剤(r-tpa)投与をはじめとした救急治療を担い、慢性期的な病棟では認知症、パーキンソン病、神経難病の方々の治療に携わります。また近年では回復期リハビリテーションでの脳疾患の治療後の患者へのリハビリ指導と多岐にわたります。これらの提供する医療の内容が多彩なことに加え、地域の医療事情やそれぞれの勤務内容といった変動要因が加わると算定がますます複雑になる傾向がありそうです。別の見方をすれば、二次救急以上の急性期病院でオンコール・当直などもこなしつつ、多忙であっても神経内科専門医としてのキャリアを積み、またそれに見合った年収を求めることも可能といえるでしょう。他方、病院によっては神経内科を担当する常勤医として程よい勤務内容を求めたり、長期的な入院の多い療養型病院では9時~17時勤務でオンコールはほとんどなく、当直なしといった環境でプライベートとのバランスの取り易い勤務も可能など自由度の高い選択枝があります。

神経内科専門医の転職

診療科としての専門属性もあり、他科からのコンサル依頼が頻回に入ってくることも十分あり得るため、転職の際には他にも神経内科専門医が在籍されている病院の求人情報を希望する医師の方も少なくありません。年収もさることながら、急性期から慢性期まで偏らずに神経内科専門医として一通りの症例を診たいとのご希望をお持ちの神経内科医師の方も多く、エリア内に希望に近い医療機関の医師の求人募集がどの程度存在するかを事前に余裕をもって確かめることも重要なポイントと言えるでしょう。

また転職サーチを通して見えてくるものは、たとえば200床以上で救急受け入れが非常に多い総合病院だからといってそこでは必ずしもその病院の神経内科医師が急性期治療を行っている訳ではないということです。理由はケースバイケースと思われますが、脳神経外科医師または専門医の先生方がアクティブではない。もしくは常勤医師1名である。神経内科医師は複数名が在籍しているが、どちらかと言えば神経難病などを主体として診療しており、脳神経外科が稼働していても急性期治療を行っていない等です。今後もこのような病院は7対1看護配置を維持しつつ、ハードも整え急性期化していくことを目的をしているという意味では方向性は同じと考えてよいと思われます。ホームページ上などでもわかるように、各病院の外見的な状況は似通ってはいても、神経内科での医師募集はその病院ごとに異なると考えた方が良さそうです。在籍中の神経内科医師、またそれに関係する各科の医師の在籍状況や、求人募集の動機の確認はやはり大切と言えるでしょう。

◆脳疾患治療後の対応をより重要視するようになった回復期リハビリテーション
回復期リハビリテーション病棟の仕組みが2000年につくられて以来、元々ある既存の病棟からの転換によって回復期リハビリ病棟や、回復期リハの専門病院も増えました。厚労省は廃用症候群や大腿部骨折のほか、特に脳卒中などの脳血管疾患後の回復期リハビリテーションを強化し、より効果のあるリハビリを提供し、在院日数を疾患別に包括化することで医療費削減を積極的にすすめています。この領域への神経内科専門医、脳神経外科専門医(脳神経内科的な)の需要や、医師の求人募集は当面は高止まりし続ける可能性は高いと言えそうです。また神経内科専門医だけでなくリハビリテーション科専門医のダブルライセンスをもつ医師もあり、整形外科専門医、リハビリテーション科専門医の求人募集の需要も同じ状況と考えてよいかもしれません。

◆神経内科医師の非常勤・アルバイト
神経内科の専門外来は基本的には常勤神経内科医が対応していることが多く、非常勤・アルバイトの求人募集は他科同様にあまり多くみかける求人募集ではないかもしれませんが、中には神経内科専門医が病院に来院する不定主訴を訴える患者一人ひとりに時間をかけてじっくりと向き合う診療を行うことで、そのほかの内科外来ブースをスムースに稼働させる役割を担っているケースもあるようです。これも脳、脊椎、神経、筋肉の病疾患をあつかい、しびれやめまい、歩きにくい、ふらつく、ひきつけ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、ものわすれ、意識障害といった症状から神経内科だけでなく、脳神経外科、整形外科、精神科などの疾患も見極める対応範囲のひろい神経内科ならではの専門外来といえるかもしれません。

関連する主な専門医

総合内科専門医
脳卒中専門医
てんかん専門医 
リハビリテーション科専門医 
頭痛専門医

神経内科専門医に関する学会ニュース

日本神経学会に関する講演会、学術集会の開催情報や学会からのお知らせを掲載しています。

日本神経学会からのお知らせ「第228回 日本神経学会 九州地方会」に関して

[2019.9.17]

全文を読む

日本神経学会からのお知らせ「第228回 日本神経学会 九州地方会」に関して

日本神経学会が「第228回 日本神経学会 九州地方会」に関して発表した。   日本神経学会九州地方会は、年4回開催されております。 ●主催:久留米大学…

進行抑える「非薬物療法」に期待    認知症ケアに歌や体操

[2019.8.29]

全文を読む

進行抑える「非薬物療法」に期待 認知症ケアに歌や体操

 高齢者の増加とともに、今後さらに増える見込みの認知症。根本的に治す薬を世界が渇望し、研究者や製薬会社が競争を繰り広げるが、開発中止が相次ぐ。世界初…

日本神経学会からのお知らせ「治療と仕事の両立支援」関して

[2019.7.23]

全文を読む

日本神経学会からのお知らせ「治療と仕事の両立支援」関して

日本神経学会が「治療と仕事の両立支援」に関して発表した。   厚生労働省及び独立行政法人労働者健康安全機構より治療と仕事の両立支援に関して周知依…

日本神経学会からのお知らせ「非感染性疾患対策に資する循環器病の診療情報の活用の在り方」に関して

[2019.7.11]

全文を読む

日本神経学会からのお知らせ「非感染性疾患対策に資する循環器病の診療情報の活用の在り方」に関して

日本神経学会が「非感染性疾患対策に資する循環器病の診療情報の活用の在り方」に関して発表した。    厚生労働省健康局より非感染性疾患対策に資する…

日本神経学会からのお知らせ「日本神経学会 症例登録システムオープン」関して

[2019.6.10]

全文を読む

日本神経学会からのお知らせ「日本神経学会 症例登録システムオープン」関して

日本神経学会が「日本神経学会 症例登録システムオープン」関して発表した。    先にメールでご案内いたしましたが、神経内科専門医を目指す専攻医の…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局は専門医をお持ちの先生方に、専門知識や臨床経験を存分に生かしていただけるステージへの転職支援を行っています。
病院、クリニック等の医療機関の人事ご担当者様向けには、専門医の募集・採用支援を行っています。医療機関の求人情報は無料で掲載しています。

地域別では関東では東京の医師の求人/募集神奈川(横浜/川崎)の医師の求人/募集埼玉(さいたま)の医師の求人/募集千葉の医師の求人/募集を掲載しています。

科目別では内科の求人/募集外科の求人/募集整形外科の求人/募集麻酔科の求人/募集脳神経外科の求人/募集放射線科の求人/募集などの人気科目の専門医の医師の転職情報を掲載しています。

常勤で毎日働かれたいドクターの方から、週2、3回の非常勤/アルバイトで働かれたいドクターの方まであらゆるニーズにお答えします。
特集では専門医のインタビューや専門医の取得方法、専門医資格の取得できる研修施設を紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
消化病専門医 男性(40歳) 消化病専門医 男性(40歳)
希望にかなり近い職場で、積極的にやらせていただ...
呼吸器内科専門医 男性 43歳 呼吸器内科専門医 男性 43歳
入職3か月後に内科部長に昇進し、現在は病院の診...
総合内科専門医 男性 36歳 総合内科専門医 男性 36歳
透析医療の立ち上げに関わることができ、自分の力...
消化器内科専門医 男性 45歳 消化器内科専門医 男性 45歳
入職1日目にある患者の話をきっかけに内科部長と外...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ