専門医の医師の求人/募集/転職埼玉県泌尿器科専門医 > 埼玉県内の泌尿器科専門医の医師の求人/募集一覧

求人一覧

1~10件/全50件
<最初   1  2 3 4 5  最後>

【常勤】泌尿器科専門医/埼玉県さいたま市/年収1,440万円~/医師


詳細ページを見る
求人ID 020977
業務内容 【外来】 【病棟管理】 【手術】
募集科目 泌尿器科
年収 年収1,440万円~(10年目標準)
※当直給与別途:1勤務60,000円
所在地 埼玉県
ベッド数 226
二次救急指定

【常勤】泌尿器科専門医/埼玉県川越市/年収1,800万円/医師


詳細ページを見る
求人ID 019160
業務内容 【外来 【病棟管理】 【手術】
募集科目 泌尿器科
年収 年収1,800万円も可能です
所在地 埼玉県
ベッド数 77
二次救急指定

【常勤】泌尿器科専門医/埼玉県越谷市/年収1,500万円~/医師


詳細ページを見る

☆シャント形成術可能な医師の方、歓迎します!

求人ID 014318
業務内容 【外来】 【病棟管理】 【透析管理】2クール/日
募集科目 泌尿器科
年収 年収1,500万円~
所在地 埼玉県
ベッド数 197
院長・部長
週4日勤務

【常勤】泌尿器科専門医/埼玉県川越市/年収1,500万円~/医師


詳細ページを見る
求人ID 024044
業務内容 【透析管理】透析ベッド数:56床、2クール ※院長職業務として、グループ内の会議・会合、医療連携の会など参加もお願いします。
募集科目 泌尿器科
年収 年収1,500万円~
※別途院長職手当:20~30万円
所在地 埼玉県
ベッド数 56

【非常勤・アルバイト】泌尿器科専門医/埼玉県秩父市/日勤100,000円/木曜勤務/医師


詳細ページを見る
求人ID 023964
業務内容 【専門外来】泌尿器科外来
募集科目 泌尿器科
年収 日勤100,000円
※10:00~勤務の場合90,000円
※交通費別途
所在地 埼玉県
ベッド数 150
勤務日 木 (非常勤)
二次救急指定

【非常勤・アルバイト 外来】泌尿器科専門医/埼玉県(都内近郊市内/日勤45,000円/金曜午前


詳細ページを見る
求人ID 023719
業務内容 【泌尿器・外来】1コマ~25名程度を想定です。
募集科目 泌尿器科
年収 日給45,000円
※交通費別途
所在地 埼玉県
ベッド数 198
勤務日 金 (非常勤)
当直なし
症例豊富
新病院

【常勤】泌尿器科専門医(手術症例あり)/埼玉県狭山市/年収1,000~2,000万円


詳細ページを見る
求人ID 012559
業務内容 【外来】週2~3コマ程度 【病棟管理】 【手術】参考:手術数327例/年 カンファレンスは毎朝あり。腹腔鏡手術に力を入れており、腎摘除術、前立腺全摘術、膀胱全摘術を行っています。また、レーザーも導入されHoLEP、TUL症例も増えてきています。 ※電子カルテ
募集科目 泌尿器科
年収 年収1,000万円~2,000万円
所在地 埼玉県
ベッド数 349
新病院
二次救急指定

【常勤】泌尿器科専門医/埼玉県鶴ヶ島/経験10年モデル1,500万円~/医師


詳細ページを見る
求人ID 014763
業務内容 【外来】2~3コマ 【病棟管理】10~20床程 【手術】ダヴィンチはありませんので、切開手術ほか施術をお願い致します。 ☆経験年数3年目以上 ☆病床数229 ☆救急患者数8,850人、救急車来院患者数2,900人 ☆電子カルテ
募集科目 泌尿器科
年収 参考:5年目約1,200万円、10年目約1,500万円※ご面談後、キャリア、スキル等を鑑みご相談。
諸手当:当直手当、日直手当、食事手当、通勤手当(高速代支給)など別途あり
所在地 埼玉県
ベッド数 270

【非常勤・アルバイト】泌尿器科専門医/埼玉県越谷市/日勤80,000円/火木土曜勤務


詳細ページを見る
求人ID 015362
業務内容 【透析管理】2名体制、透析ベッド140床、回診後は急変時対応をお願いします。 ※穿刺はナース・技師が対応します。
募集科目 泌尿器科
年収 日勤80,000円(交通費含む)
所在地 埼玉県
勤務日 火、木、土 (非常勤)
当直なし
新病院
二次救急指定

【常勤】泌尿器科専門医/埼玉県羽生市/年収800万円~2,000万円


詳細ページを見る
求人ID 013534
業務内容 【外来】 【病棟管理】 【手術】腎癌・腎盂癌・尿管癌・膀胱癌・前立腺癌・精巣癌など、尿路性器全般腫瘍手術加療、内視鏡手術・尿路上皮の抗がん剤加療も行っています。前立腺の手術件数は年間150件 【救急対応】
募集科目 泌尿器科
年収 年収1,500万円~2,000万円 
ご年次、スキル、勤務日数などを考慮のうえ、面接後にご相談
所在地 埼玉県

1~10件/全50件
<最初   1  2 3 4 5  最後>

泌尿器科専門医に関する学会ニュース

日本泌尿器科学会に関する講演会、学術集会の開催情報や学会からのお知らせを掲載しています。

日本医学会からの知らせ「高難度新規医療技術の導入に当たっての医療安全に関する基本的な考え方」に関して

[2016.11.14]

全文を読む

日本医学会からの知らせ「高難度新規医療技術の導入に当たっての医療安全に関する基本的な考え方」に関して

日本医学会が「高難度新規医療技術の導入に当たっての医療安全に関する基本的な考え方」に関して発表した。    特定機能病院等の高度な医療を担う医療…

ロボット手術、指導医の認定へ

[2015.2.13]

全文を読む

ロボット手術、指導医の認定へ

 前立腺がん手術で拡大するロボット手術の安全性を高めるために、日本泌尿器科学会と日本泌尿器内視鏡学会は今年4月、ロボット手術指導医の認定制度を泌尿器…

日本泌尿器科学会が「第65回西日本泌尿器科学会総会」開催を発表

[2013.9.11]

全文を読む

日本泌尿器科学会が「第65回西日本泌尿器科学会総会」開催を発表

日本泌尿器科学会が10月31日(木)~11月2日(土)の期間、「第65回西日本泌尿器科学会総会」を開催すると発表した。       #IMG#Image from …

日本透析医学会からのお知らせ。 「第35回透析技術認定士認定講習会および認定試験」について

[2013.8.21]

全文を読む

日本透析医学会からのお知らせ。 「第35回透析技術認定士認定講習会および認定試験」について

日本透析医学会が「第35回透析技術認定士認定講習会および認定試験」の詳細について発表した。       #IMG# Image from「日本透析医学会…

日本カウンセリング学会が、「第45回日本カウンセリング学会大会」開催について発表

[2012.10.10]

全文を読む

日本カウンセリング学会が、「第45回日本カウンセリング学会大会」開催について発表

「第45回日本カウンセリング学会大会」が10月26日(金)・27日(土)・28日(日)の3日間開催される。 (参照:「日本泌尿器科学会が、「第77回日本泌尿器科学…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

埼玉県内の病院/診療所/クリニックの泌尿器科専門医(泌尿器科医)の医師の求人/募集/転職情報の一覧です。 泌尿器科専門医の医師の募集/求人は勤務形態(常勤/非常勤/アルバイト)、年収(報酬)、勤務内容、就業時間、医療機関の所在地、交通費の有無を掲載しています。

関東の泌尿器科専門医(泌尿器科医)の求人をご覧いただきたい方は茨城県の泌尿器科専門医の求人/募集栃木県の泌尿器科専門医の求人/募集群馬県の泌尿器科専門医の求人/募集埼玉県(さいたま)の泌尿器科専門医の求人/募集千葉県の泌尿器科専門医の求人/募集東京都の泌尿器科専門医の求人/募集神奈川県(横浜、川崎)の泌尿器科専門医の求人/募集をご覧ください。

専門医局では泌尿器科専門医の資格取得方法を多数掲載しております。非公開求人も多数ありますので詳細情報をご希望される場合は会員登録をしてください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
麻酔科専門医 男性(40代) 麻酔科専門医 男性(40代)
外科の先生方とも打ち解けて、充実した日々を過ご...
小児科専門医 男性34歳 小児科専門医 男性34歳
公私ともに新しい生活になりましたので、戸惑うと...
脳神経外科専門医 男性 58歳 脳神経外科専門医 男性 58歳
前職より年収が100万円さがりましたが、待遇改善さ...
皮膚科専門医 女性(36歳) 皮膚科専門医 女性(36歳)
住宅街のクリニックということで、お子さんや年配...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ