専門医の医師の求人/募集/転職東京都足立区消化器病専門医 > の消化器病専門医の常勤の医師の求人/募集一覧

求人一覧

1~10件/全10件
<最初   1   最後>

症例豊富
週4日勤務
新病院

【常勤】消化器病専門医/東京都足立区/年収1,300万円~1,800万円/医師


詳細ページを見る

上下内視鏡実績は年間9,000件。一次救急のため、かかりつけのみ対応

求人ID 018551
業務内容 【外来】患者数:30~40名/コマ 【病棟管理】患者数:5~10名程 【内視鏡検査・治療】内視鏡室4部屋。上下内視鏡実績は年間9,000件 【救急対応】一次救急のため、かかりつけのみ対応
募集科目 消化器内科
年収 年収1,300万円~1,800万円
※当直手当を含みます
所在地 東京都
当直なし
二次救急指定

【常勤】消化器病専門医/東京都足立区/年収1,200万円~1,900万円


詳細ページを見る

特定医療法人社団 昭愛会 水野記念病院

求人ID 024172
業務内容 【外来】週3~4コマ、患者数:20~30名/コマ 【病棟管理】主治医制、担当患者数:15~20名 【内視鏡】検査数:(上部)10~15件/週、(下部)5~10件/週 【救急対応】週2~3コマ
募集科目 消化器内科
年収 年収1,200万円~1,900万円
所在地 東京都
ベッド数 190

【常勤】消化器病専門医/東京都/年収1,500万円~


詳細ページを見る
求人ID 000370
業務内容 【外来】2診制、週2~3コマ、患者数:30名/コマ 【病棟管理】
募集科目 消化器内科
年収 年収1,500万円~
所在地 東京都
ベッド数 162
当直なし

【常勤】消化器病専門医/東京都足立区/年収1,300万円~/当直なし/医師


詳細ページを見る
求人ID 012242
業務内容 【外来】週3コマ、患者数:15~30名/コマ 【病棟管理】主治医制、担当患者数:10~15名 【内視鏡】検査数:(上部)4~6件/週、(下部)2~4件/週
募集科目 消化器内科
年収 年収1,300万円~
所在地 東京都
ベッド数 190

【常勤】消化器病専門医/東京都足立区/年収1,200万円~/医師


詳細ページを見る

医療法人社団 東京朝日会 あさひ病院

求人ID 017668
業務内容 【外来】一般内科外来メイン、週2~3コマ、患者数:20~30名/コマ 【病棟管理】主治医制、担当患者数:10~15名程 【内視鏡】週3コマ程、上部:4件程/日(経口・経鼻)・下部:2件程/日(内視鏡メーカー:オリンパス)
募集科目 消化器内科
年収 年収1,200万円~ 
所在地 東京都
ベッド数 120
高額待遇
週4日勤務

【常勤】消化器病専門医/東京都足立区/年収1,500万円~/医師


詳細ページを見る
求人ID 011294
業務内容 【外来】 【病棟管理】
募集科目 消化器内科
年収 年収1,500万円~(週4日・当直無し勤務)
所在地 東京都
ベッド数 41
当直なし

【常勤】消化器病専門医/富山県富山市/年収1,500万円~1,800万円


詳細ページを見る

友愛病院

求人ID 012614
業務内容 【外来】30~40名程/コマ
募集科目 消化器内科
年収 年収1,500万円~1,800万円
所在地 東京都
ベッド数 57

【常勤】消化器病専門医/東京都足立区/1,800万~


詳細ページを見る

医療法人社団 容生会 増田クリニック

求人ID 000624
業務内容 外来 往診業務 認知症を診れる方歓迎。 役職:院長
募集科目 消化器内科、在宅診療
年収 年収1800万円〜 経験によりご相談
所在地 東京都

【常勤】消化器病専門医/東京都足立区/年収1200万円~1600万円


詳細ページを見る

医療法人財団 梅田病院

求人ID 002147
業務内容 【外来】週2~3コマ(担当患者数:25名程度/コマ) 【病棟管理】主治医制(担当患者数:15~20名) 【内視鏡】検査および処置、週2コマ程度 【訪問診療(個人宅)】施設もしくは個人宅への訪問、週1コマ程度
募集科目 消化器内科 ※臨床経験5年以上
年収 年収1200万円~1600万円
・当直給与別途:1勤務35,000円
所在地 東京都
ベッド数 120

【常勤】消化器病専門医/東京都足立区/年収1200-1600万円


詳細ページを見る

医療法人社団 けいせい会 東京北部病院

求人ID 001812
業務内容 【外来】 【病棟管理】 【内視鏡】
募集科目 消化器内科
年収 年収1200-1600万円
所在地 東京都

1~10件/全10件
<最初   1   最後>

消化器病専門医に関する学会ニュース

日本消化器病学会に関する講演会、学術集会の開催情報や学会からのお知らせを掲載しています。

日本消化器病学会からのお知らせ「『令和元年8月の前線に伴う大雨による災害』 被災地区在住会員の会費免除」に関して

[2019.9.12]

全文を読む

日本消化器病学会からのお知らせ「『令和元年8月の前線に伴う大雨による災害』 被災地区在住会員の会費免除」に関して

日本消化器病学会が「『令和元年8月の前線に伴う大雨による災害』 被災地区在住会員の会費免除」に関して発表した。    2019年8月に発生しました「令和…

日本消化器病学会からのお知らせ「UMINを偽装したメール」に関して

[2019.5.15]

全文を読む

日本消化器病学会からのお知らせ「UMINを偽装したメール」に関して

日本消化器病学会が「UMINを偽装したメール」に関して発表した。    UMINセンターより、UMINの名を騙り「UMIN IDとパスワードを入力させる」偽サイトへ…

日本消化器病学会からのお知らせ「消化器病専門医専攻研修登録のご案内 -専攻医・指導医への重要なお知らせ-」に関して

[2019.4.10]

全文を読む

日本消化器病学会からのお知らせ「消化器病専門医専攻研修登録のご案内 -専攻医・指導医への重要なお知らせ-」に関して

日本消化器病学会が「消化器病専門医専攻研修登録のご案内 -専攻医・指導医への重要なお知らせ-」に関して発表した。    本学会の専門医制度規則に基…

日本消化器病学会からのお知らせ「患者レジストリ及びコホート研究調査へのご協力のお願い」に関して

[2019.2.25]

全文を読む

日本消化器病学会からのお知らせ「患者レジストリ及びコホート研究調査へのご協力のお願い」に関して

日本消化器病学会が「患者レジストリ及びコホート研究調査へのご協力のお願い」に関して発表した。     本学会へ厚生労働省、日本医療研究開発機構(A…

日本消化器病学会からのお知らせ「胃・食道接合部領域の諸問題に関する国際会議開催」に関して発表した。

[2019.2.1]

全文を読む

日本消化器病学会からのお知らせ「胃・食道接合部領域の諸問題に関する国際会議開催」に関して発表した。

日本消化器病学会が「胃・食道接合部領域の諸問題に関する国際会議開催」に関して発表した。    胃・食道接合部領域の諸問題に関する国際会議事務局よ…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

東京都足立区の病院/診療所/クリニックの消化器病専門医(消化器医/消化器内科医)の医師の求人/募集/転職情報の一覧です。 消化器病専門医の医師の募集/求人は勤務形態(常勤/非常勤/アルバイト)、年収(報酬)、勤務内容、就業時間、医療機関の所在地、交通費の有無を掲載しています。

関東の常勤の求人をご覧いただきたい方は茨城県の消化器病専門医の求人/募集栃木県の消化器病専門医の求人/募集群馬県の消化器病専門医の求人/募集埼玉県(さいたま)の消化器病専門医の求人/募集千葉県の消化器病専門医の求人/募集東京都の消化器病専門医の求人/募集神奈川県(横浜、川崎)の消化器病専門医の求人/募集をご覧ください。

専門医局では消化器病専門医の資格取得方法を多数掲載しております。非公開求人も多数ありますので詳細情報をご希望される場合は会員登録をしてください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
糖尿病専門医 女性(30代半) 糖尿病専門医 女性(30代半)
新しい勤務先に慣れてきたところです。希望通り、...
泌尿器科専門医 男性医師 40代 泌尿器科専門医 男性医師 40代
病院側は以前からまとまった経験のある泌尿器科医...
放射線科読影専門医(男性・30代) 放射線科読影専門医(男性・30代)
整形外科専門医 男性(40代) 整形外科専門医 男性(40代)
部長待遇で迎えてくれましたので、期待に応えたい...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ