専門医資格取得方法

消化器病専門医

一般財団法人日本消化器病学会

概要消化器病診療を専門とする優れた医師を養成し消化器病医療の向上を図ることを目的に本学会専門医制度を設け、国民の福祉に貢献する。
消化器病専門医は、食道・胃・腸,肝・胆・膵など消化器系の臓器疾患と病態を系統的に理解し,消化器疾患全般にわたり,時代に即した適正な医療を実践できるとともに,消化器診療に関連する先進的高度医療や特殊医療にも通じ,チーム医療ならびに病診・病病など連携診療を過不足なく遂行する能力を備える医師であることを要する。
資格1)日本国の医師免許証を有し、医師としての人格及び見識を備えていること。
2)申請時において継続4年以上本学会の会員であること。
3)会員として本学会が主催する総会ポストグラデュエイトコース、支部教育講演会、JDDWが主催するJDDW教育講演のいずれかに1回以上の出席があること。但し、半日単位の総会ポストグラデュエイトコース、支部教育講演会、JDDW教育講演は2回以上の出席があること。
4)申請時において認定内科医または総合内科専門医、外科専門医または外科認定登録医、放射線科専門医、小児科専門医のいずれかの資格を有すること。
5)認定内科医資格取得に必要な所定の内科臨床研修修了の後3年以上、外科専門医予備試験受験資格に必要な所定の外科臨床研修修了の後2年以上、放射線科専門医資格取得に必要な所定の放射線科臨床研修修了の後2年以上、あるいは小児科専門医資格取得に必要な所定の小児科臨床研修修了の後2年以上、本規則により認定される認定施設もしくは関連施設において臨床研修を修了していること。
必要書類専門医認定を申請する者は,次の書類を審議会に提出する.なお,受験資格を認められた者は,その翌年より引き続き2年間の申請に限り2号以下の書類の提出を省略することができる.
1)専門医認定申請書
2)履歴書
3)認定施設研修修了証明書
4)医師免許証(写)
5)認定内科医または総合内科専門医,外科専門医または外科認定登録医,放射線科専門医,小児科専門医のいずれかの資格認定証(写)
6)研修実績一覧表
7)教育講演会等参加証(総会ポストグラデュエイトコース,支部教育講演会,JDDW教育講演の参加証)(写)
8)消化器病専門医研修カリキュラム
認定方法年1回、申請書類及び試験によって審査を行う。
注)当サイトでは情報の更新には努めておりますが、その内容を保障するものではありません。詳細に内容確認をされたい場合は、各学会にお問合せ頂きますようお願い致します。
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の専門医資格取得方法の消化器病専門医の取得方法のページです。
一般財団法人日本消化器病学会の消化器病専門医の制度の概要や、受験に必要な資格、提出書類、試験等の消化器病専門医の認定方法をまとめています。
他の専門医の情報を確認されたい方は各専門医の一覧を掲載してありますのでご確認ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
泌尿器科 男性 53歳 泌尿器科 男性 53歳
以前の病院では定年後の再雇用制度がなく、不安な...
病理科専門医 男性(40代) 病理科専門医 男性(40代)
施設ごとに仕事の仕方はありますし、各スタッフの...
一般内科 女性 52歳 一般内科 女性 52歳
子育てしながらはやはり大変な面もありますが、本...
皮膚科 女性医師 38歳 皮膚科 女性医師 38歳
週3日で夜勤もなく帰りには夕飯の買い物もでき、願...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ