専門医の医師の求人/募集/転職転職事例一覧 > 循環器専門医 男性(42歳)の転職事例

転職事例

循環器専門医 男性(42歳)

NO IMAGE

大学を卒業後、大学病院・関連病院を経て民間病院に勤務。
認定内科医
循環器専門医

前職

東京都
循環器内科
副部長
1500万円
週5日勤務
外来、カテーテル、病棟

矢印 現職

東京都
一般内科
院長
1650万円
週5日勤務
外来


転職のきっかけ

循環器内科医としてカテを中心に、大学病院で勤務してきました。将来実家の診療所を継ぐため、幅広い層の患者さんの疾患を診てみたい、と思いました。

新しい職場へのご要望

実家の診療所では一般内科の疾患が中心になるため、主にプライマリー領域での内科を診られることが第一の条件でした。
自身で手技を駆使した仕事をするわけで はありませんから、ある程度の医療機器が揃っていること、自身が経営する際に似たようなモデルで運営されているところ、という点です。

転職活動の経過

数か所の診療所の提案をいただきましたが、実際に面接した医療機関は一つだけです。
事前に担当の方にお聞きしていた条件も内容もそのままなので、入職を決めました。

入職3ヶ月後の感想

友人に専門医局のことを勧められ安心して転職支援をお任せできました。登録後は担当の方からまめに連絡を頂きながら、数多くの求人を検討しました。
その中から自分に合った医療機関をある程度絞込んでいき、妻や友人にも相談しながら行きたい診療所のイメージを固めていきました。一人で転職活動をするより も多くの情報を得られたからこそ、自身だけではなく家族も満足できる転職ができたと思っています。専門医局に安心して転職活動をお任せできたばかりでな く、最初に希望したより条件がよくなったことは感謝しております。

専門医局の担当者の対応

面倒な注文を嫌な顔一つをせず聞き入れてもらい、その上、将来の経営についての視点をいただいたのは診療一本できた私にはない視点でしたので、とても参考になりました。
失礼ながら経験が豊富なことで引き出しが多いのは、自分たちばかりでないな、と思いました。

転職事例一覧へ お問い合わせ
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の循環器専門医 男性(42歳)の転職事例ページです。

医師のプロフィール(性別、年齢、医療機関の形態、年収等)、転職のきっかけ、新しい職場へのご要望、転職活動の経過、入職3ヶ月後の感想、専門医局の担当者の対応等をまとめています。

その他の転職事例は一覧にまとめていますのでご覧ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
泌尿器科専門医 男性医師 40代 泌尿器科専門医 男性医師 40代
病院側は以前からまとまった経験のある泌尿器科医...
内科認定医 女性 53歳 内科認定医 女性 53歳
必要なら小児科も診るといったところを評価してい...
糖尿病内科専門医 女性 42歳 糖尿病内科専門医 女性 42歳
クリニック勤務中は、人間関係に苦しみ、日々スト...
麻酔科専門医 男性 32歳 麻酔科専門医 男性 32歳
現在は、週4.5日勤務で月3~4回の当直勤務となり...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ