専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本循環器学会からのお知らせ「循環器疾患の個別化医療実現のための疾患発症予測・予防プログラムに関する研究公募」に関して

学会ニュース

日本循環器学会からのお知らせ「循環器疾患の個別化医療実現のための疾患発症予測・予防プログラムに関する研究公募」に関して

[2020.1.23]

日本循環器学会からのお知らせ「循環器疾患の個別化医療実現のための疾患発症予測・予防プログラムに関する研究公募」に関して

日本循環器学会が「循環器疾患の個別化医療実現のための疾患発症予測・予防プログラムに関する研究公募」に関して発表した。

 

【趣旨】

 日本循環器学会では長年にわたり脳卒中・循環器病対策基本法の成立に向けて活動を続けて参りましたが、一昨年12月の臨時国会において同法が成立致しました。基本法を循環器診療・研究の発展に活かすため、今後は「脳卒中・循環器病克服5カ年計画」にそった活動を一層活発化することが重要です。
 5カ年計画では特に循環器病の予防について強調しています。また遺伝子検査による精密化医療が世界的な主流になりつつある現状を踏まえ、本プロジェクトでは、循環器病の主要な位置を占める虚血性心疾患、心不全、心房細動に関してのゲノム情報を用いた疾患発症の予測・予防に係る研究を実施し、その結果を診療現場に還元するとともに、将来的に広く国民に精密化医療を享受していただくことを目的と致します。

 

【実施内容】

1)虚血性心疾患、心不全、心房細動の疾患発症の予測・予防に係るゲノム研究に対して年間500万円を3年間助成する(2採択)。
2)ゲノム解析施設、ゲノムコホート実施施設など、複数の施設によるコラボレーションプロジェクトとする。
3)疾患の予測・予防方法のスキーム策定と臨床的有用性・妥当性の検証がプロジェクトの主眼であるため、基本的にゲノム情報を得るためのジェノタイピングについては既に完了しており、十分な数を確保できているものとする。

 

【対象・資格・義務】

1)日本循環器学会会員であること。
2)採択プロジェクトは各施設の倫理委員会から承認を得ること。
3)ヒトを対象とした研究、ゲノムを対象とした研究に関する諸注意は公的助成に準ずること。
4)1年に一回学術委員会に進捗を報告すること。
5)研究成果は第87回学術集会時に成果を発表すること。

 

1)日本循環器学会会員であること。
2)採択プロジェクトは各施設の倫理委員会から承認を得ること。
3)ヒトを対象とした研究、ゲノムを対象とした研究に関する諸注意は公的助成に準ずること。
4)1年に一回学術委員会に進捗を報告すること。
5)研究成果は第87回学術集会時に成果を発表すること。

以下について所定フォーマットで作成し、原本1部とPDFデータ形式(捺印有)をCDに格納し、本会事務局宛に郵送すること(メール添付応募不可)。なお、応募書類は返却しない。
※所定フォーマットは日本循環器学会ホームページ学術委員会の「循環器疾患の個別化医療実現のための疾患発症予測・予防プログラムに関する研究公募」からダウンロードしてください。

 

【応募方法と提出書類】
1)対象とする疾患名(虚血性心疾患、心不全、心房細動から選択)を記載する。
2)研究の背景と根拠、目的、方法を端的に記載する(3000字)。
※検証コホートについての規模と検出力検定の記載は必須。
3)期待される成果と意義(500字)。
4)過去5年間の業績。
※研究分担者の業績は必須ではないが、記載が可能な場合は、研究分担者分についても記載いただきますようお願い致します。
5)同一テーマによる助成の有無。

 

【選考結果の通知】

2020年3月下旬頃

 

【応募書類受付期間】

2020年1月14日(火)~2月10日(月)17時郵送必着厳守

 

【お問合せ先・送付先】

100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー18F
(一社)日本循環器学会事務局学術委員会
「循環器疾患の個別化医療実現のための疾患発症予測・予防プログラムに関する研究公募」 
TEL:03-5501-0863
E-mail:academy@j-circ.or.jp

新着学会ニュース
日本糖尿病学会よりお知らせ【GLP-1受容体作動薬適応外使用に関する日本糖尿病学会の見解】に関して

[2020.7.29]

全文見る

日本糖尿病学会よりお知らせ【GLP-1受容体作動薬適応外使用に関する日本糖尿病学会の見解】に関して

日本糖尿病学会よりGLP-1受容体作動薬適応外使用に関する日本糖尿病学会の見解について発表がありました。   GLP-1 受容体作動薬適応外使用に関する日本糖尿病学会…

日本神経学会より「血管炎症候群の治療の手引き2020(抗リン脂質抗体症候群,好酸球性多発血管炎性肉芽腫症,結節性多発動脈炎,悪性関節リウマチ/リウマトイド血管炎)」パブリックコメント募集に関するお願い

[2020.7.17]

全文見る

日本神経学会より「血管炎症候群の治療の手引き2020(抗リン脂質抗体症候群,好酸球性多発血管炎性肉芽腫症,結節性多発動脈炎,悪性関節リウマチ/リウマトイド血管炎)」パブリックコメント募集に関するお願い

日本神経学会より「血管炎症候群の治療の手引き2020(抗リン脂質抗体症候群,好酸球性多発血管炎性肉芽腫症,結節性多発動脈炎,悪性関節リウマチ/リウマトイド血管炎)…

日本外科学会よりお知らせです。再生医療等の安全性の確保等に関する法律施行規則等の一部を改正する省令の施行に関して

[2020.7.14]

全文見る

日本外科学会よりお知らせです。再生医療等の安全性の確保等に関する法律施行規則等の一部を改正する省令の施行に関して

日本外科学会より再生医療等の安全性の確保等に関する法律施行規則等の一部を改正する省令の施行について(周知依頼)発表がありました。 以下学会HPより   一般…

日本消化器病学会からのお知らせ「新型コロナウイルス感染症への消化器病診療における留意点」に関して

[2020.7.10]

全文見る

日本消化器病学会からのお知らせ「新型コロナウイルス感染症への消化器病診療における留意点」に関して

日本消化器病学会が「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への消化器病診療における留意点」に関して発表しました。   今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-1…

日本皮膚科学会からのお知らせ ヒュミラ「化膿性汗腺炎」に係る用法用量の変更に関して

[2020.7.7]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ ヒュミラ「化膿性汗腺炎」に係る用法用量の変更に関して

日本皮膚科学会がアッヴィ合同会社からヒュミラ「化膿性汗腺炎」に係る用法用量の変更に新たに承認された旨を発表した。   この度、承認事項の一部変更として、「…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本循環器学会からのお知らせ「循環器疾患の個別化医療実現のための疾患発症予測・予防プログラムに関する研究公募」に関して」(2020年1月23日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
形成外科 女性医師 38歳 形成外科 女性医師 38歳
美容形成外科は未経験なので毎日が新鮮で日々勉強...
小児科専門医 男性34歳 小児科専門医 男性34歳
公私ともに新しい生活になりましたので、戸惑うと...
小児科専門医 女性 28歳 小児科専門医 女性 28歳
実際に自分が母親になり我が子もアレルギーもちな...
脳神経外科 男性医師 45歳 脳神経外科 男性医師 45歳
今までは、脳神経外科医として患者の急性期部分を...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ