専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本核医学会からのお知らせ「I-123]IMP 統計解析用CT減弱補正による正常データベース配布」に関して

学会ニュース

日本核医学会からのお知らせ「I-123]IMP 統計解析用CT減弱補正による正常データベース配布」に関して

[2019.12.25]

日本核医学会からのお知らせ「I-123]IMP 統計解析用CT減弱補正による正常データベース配布」に関して

日本核医学会が「I-123]IMP 統計解析用CT減弱補正による正常データベース配布」に関して発表した。

 

 日本核医学会平成29,30年度ワーキンググループ課題「CT減弱補正を用いて構築した123I-IMP脳血流SPECT統計解析用正常データベースの多施設検討:認知症疾患による検証」(研究代表者:藤田医科大学 外山 宏)の活動により作成、検証された正常データベースを、希望する施設に無償で配布することが日本核医学会理事会で承認されました。
分解能補正をすることによって、すべてのSPECT装置で使用可能ですが、現状の123I-IMP脳血流SPECTの収集、再構成条件を大きく変更する必要はありません。ただし散乱補正は必須となります。

 

 希望される施設は運用手引きをご参照いただき、メールでご連絡ください。

連絡先:藤田医科大学 放射線科 外山 宏
e-mail: htoyama@fujita-hu.ac.jp

新着学会ニュース
日本放射線技術学会からのお知らせ「2020年度 日本放射線技術学会定時総会の開催」に関して

[2020.2.21]

全文見る

日本放射線技術学会からのお知らせ「2020年度 日本放射線技術学会定時総会の開催」に関して

日本放射線技術学会が「2020年度 日本放射線技術学会定時総会の開催」に関して発表した。    定款第15条および2019年度第6回理事会の決議に基づき,2020年度日本…

花粉症の最新治療  “世界初”の保険適用へ

[2020.2.21]

全文見る

花粉症の最新治療  “世界初”の保険適用へ

 日本気象協会の予測によると、今年のスギ花粉が飛び始める時期は全国的にみて早め。飛散量は関東地方から西は少なめで、北は例年並みか多め。 昨年12月、従来の治療を…

日本腎臓学会からのお知らせ「透析患者診療における新型コロナウイルス感染症」に関して

[2020.2.20]

全文見る

日本腎臓学会からのお知らせ「透析患者診療における新型コロナウイルス感染症」に関して

日本腎臓学会が「透析患者診療における新型コロナウイルス感染症」に関して発表した。    新型コロナウイルス感染症について、下記のように透析医療に関わるQ&…

「子供の繁栄指数」ランキング公表 日本は7位

[2020.2.20]

全文見る

「子供の繁栄指数」ランキング公表 日本は7位

 19日、世界保健機関(WHO)とユニセフ(国連児童基金)は世界180カ国の18歳以下の子供について、健康な生活や良好な教育などを享受できるかを示した「子供の繁…

専門医局の2月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

[2020.2.19]

全文見る

専門医局の2月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

専門医局の2月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!    ●内科:157  (総合内科21、呼吸器:24、消化器:19、循環器22、血液:12、腎臓:16…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本核医学会からのお知らせ「I-123]IMP 統計解析用CT減弱補正による正常データベース配布」に関して」(2019年12月25日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
神経内科専門医 37歳 男性医師 神経内科専門医 37歳 男性医師
内定から就職まで長い期間があったため、勤務スタ...
循環器内科 男性(38歳) 循環器内科 男性(38歳)
求めていた環境に勤めることができ、満足しています。
循環器専門医 男性40代 循環器専門医 男性40代
時期によって日々忙しいこともやはりあるそうです...
小児科専門医 女性 28歳 小児科専門医 女性 28歳
実際に自分が母親になり我が子もアレルギーもちな...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ