専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 自民党が素案 全世代型社会保障で高齢者の「応能負担」明記

学会ニュース

自民党が素案 全世代型社会保障で高齢者の「応能負担」明記

[2019.12.10]

 政府が掲げる「全世代型社会保障」の実現に向けた自民党提言の素案が9日、判明した。社会保障の給付が高齢者に偏っている構造を見直し、高齢者でも負担能力に応じて多く負担してもらう「応能負担」に切り替えていく必要があると明記する。政府の全世代型社会保障検討会議が今月中旬に取りまとめる中間報告に反映される見通し。

 

 自民党の人生100年時代戦略本部の素案は、「給付は高齢者中心、負担は現役世代中心という従来の構造」を見直し、「年齢ではなく負担能力(所得、資産)に応じた負担といった視点を徹底していく必要がある」と強調。少子高齢化による現役世代の減少に対応するため、余裕のある高齢者には「支えられる側」から「支える側」になってもらおうとの考え方を打ち出す。

 また、企業などで働く人が、フルタイムやパートなどの雇用形態にかかわらず社会保険に入れる「勤労者皆社会保険」の実現を掲げる。具体策としては、厚生年金が適用されるパートらの範囲を2段階で広げるよう求める。医療制度改革については、75歳以上の医療費の窓口負担(原則1割)の引き上げなどをめぐる意見集約を待って書き込む。

 

新着学会ニュース
日本小児科学会からのお知らせ【専門医制度整備指針第3版(日本専門医機構)の掲載】に関して

[2020.9.23]

全文見る

日本小児科学会からのお知らせ【専門医制度整備指針第3版(日本専門医機構)の掲載】に関して

日本小児科学会より【専門医制度整備指針第3版(日本専門医機構)の掲載】に関して発表がありました。 専門医制度整備指針第3版(日本専門医機構)を掲載いたしました。…

厚生労働省からのお知らせ「医療関係職種における籍(名簿)訂正申請に課される登録免許税の取扱について」

[2020.9.18]

全文見る

厚生労働省からのお知らせ「医療関係職種における籍(名簿)訂正申請に課される登録免許税の取扱について」

厚生労働省から「医療関係職種における籍(名簿)訂正申請に課される登録免許税の取扱について」発表がありました。   医師、歯科医師、薬剤師等医療関係職種の免…

厚生労働省からのお知らせ「外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために」に関して

[2020.9.15]

全文見る

厚生労働省からのお知らせ「外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために」に関して

厚生労働省から「外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために」について発表しました。   外国で看護師免許を取得している方が、日…

日本循環器学会よりお知らせ【医療スタッフの放射線安全に係るガイドライン】に関して

[2020.9.11]

全文見る

日本循環器学会よりお知らせ【医療スタッフの放射線安全に係るガイドライン】に関して

日本循環器学会より「医療スタッフの放射線安全に係るガイドライン~水晶体の被ばく管理を中心に~」が完成した 旨が発表されました。 詳細につきましては学会HPをご参照願いま…

厚生労働省より医療従事者の需給に関する検討会第35回医師需給分科会が令和2年8月31日に行われました。

[2020.9.4]

全文見る

厚生労働省より医療従事者の需給に関する検討会第35回医師需給分科会が令和2年8月31日に行われました。

厚生労働省は[医療提供体制] 医師需給は29年ごろに均衡すると推計する旨を第35回医師需給分科会にて示した。 詳細については厚生労働省HP「医師需給分科会(第35回)…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「自民党が素案 全世代型社会保障で高齢者の「応能負担」明記」(2019年12月10日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局
ページトップへ