専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本糖尿病学会からのお知らせ「1型糖尿病(インスリン治療を必要とする)幼児の幼稚園・保育施設への入園取り組みガイド」に関して

学会ニュース

日本糖尿病学会からのお知らせ「1型糖尿病(インスリン治療を必要とする)幼児の幼稚園・保育施設への入園取り組みガイド」に関して

[2019.7.17]

日本糖尿病学会が「1型糖尿病(インスリン治療を必要とする)幼児の幼稚園・保育施設への入園取り組みガイド」に関して発表した。

 

 1型糖尿病の子どもは適切なインスリン治療を行えば、健常児と全く変わらない生活ができます。さらに、1型糖尿病患者さんの中には、医師や看護師として働いている方も多いですし、プロ野球選手やプロサッカー選手もいます。自立した成人に成長してもらうことが、1型糖尿病の診療に携わっている医療者の目標です。しかし、1型糖尿病は日本ではまれな疾患のため、社会・学校での認識が乏しい現状があります。日本人小児の1型糖尿病の年間発症率は10万人に約2.5人ですが、欧米白人ではその10~30倍です。

 

 2015年12月24日の毎日新聞に、近畿圏を中心とした患者団体を通して行ったアンケートで 、就学前に1型糖尿病を発症した67人のうち16%にあたる11人が「幼稚園や保育園への入園を断られた」といい、「難色を示された」6人を含めると4分の1がこうした体験があると報じられました。

2016年2月~5月に日本小児内分泌学会が学会評議員を対象に行った「1型糖尿病患児に対する幼稚園・保育所の入園拒否の実態」についてのアンケート調査においても、入園拒否があった症例を報告した医療施設は、42施設中 18施設(42.9%)で、患児数は164人中 37人(22.6%)でした。約4分の1の患児が入園拒否の通告を受けた経験があることがわかりました。また、継続通園や入園が許可されても、インスリン注射、血糖測定、幼稚園・保育施設の行事に際し、保護者への負担が非常に大きい実態が明らかとなりました。1型糖尿病では血糖値を管理する処置は必要ですが、運動や食事に制限はありません。

私ども1型糖尿病の診療に携わるものとしては、患児やその家族を支えるため、幼稚園・保育施設の職員の方に1型糖尿病への理解を深めていただく必要性を痛感いたしました。

 

そこで、日本小児内分泌学会糖代謝委員会において、「1型糖尿病(インスリン治療を必要とする)幼児の幼稚園・保育施設への入園取り組みガイド」を2016年に作成しました。2年が経過し、インスリン治療の進歩を踏まえて、改訂第2版を作成しました。今回の改訂は、日本小児内分泌学会と日本糖尿病学会の共同で行いました。

このガイドは、幼稚園・保育施設の職員の方の持つ漠然とした不安を解消し、 保護者のインスリン注射、血糖測定、園での行事等についての 大きな負担を少しでも減らすことを目指して作成されました。職員の方にとっても、1型糖尿病についての情報が増えることにより、1型糖尿病の子どもとそのご家族に接する中で、最初は難しく感じたこと、高い壁も、次第に低くなると考えます。

1型糖尿病の子どもが慢性疾患を抱えながらも健やかに成長し、楽しい幼稚園・保育施設での生活を過ごせるよう、皆様のご理解とご協力をお願いしたいと存じます。

 ( 日本小児内分泌学会ホームページ PDF )



Image from 日本糖尿病学会

新着学会ニュース
日本外科学会よりお知らせです。再生医療等の安全性の確保等に関する法律施行規則等の一部を改正する省令の施行に関して

[2020.7.14]

全文見る

日本外科学会よりお知らせです。再生医療等の安全性の確保等に関する法律施行規則等の一部を改正する省令の施行に関して

日本外科学会より再生医療等の安全性の確保等に関する法律施行規則等の一部を改正する省令の施行について(周知依頼)発表がありました。 以下学会HPより   一般…

日本消化器病学会からのお知らせ「新型コロナウイルス感染症への消化器病診療における留意点」に関して

[2020.7.10]

全文見る

日本消化器病学会からのお知らせ「新型コロナウイルス感染症への消化器病診療における留意点」に関して

日本消化器病学会が「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への消化器病診療における留意点」に関して発表しました。   今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-1…

日本皮膚科学会からのお知らせ ヒュミラ「化膿性汗腺炎」に係る用法用量の変更に関して

[2020.7.7]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ ヒュミラ「化膿性汗腺炎」に係る用法用量の変更に関して

日本皮膚科学会がアッヴィ合同会社からヒュミラ「化膿性汗腺炎」に係る用法用量の変更に新たに承認された旨を発表した。   この度、承認事項の一部変更として、「…

日本産婦人科・新生児血液学会より国際的な「COVID-19 感染妊婦の登録事業」のご案内を頂きました

[2020.7.3]

全文見る

日本産婦人科・新生児血液学会より国際的な「COVID-19 感染妊婦の登録事業」のご案内を頂きました

日本産婦人科・新生児血液学会より国際的な「COVID-19 感染妊婦の登録事業」のご案内を頂きましたのでお知らせ致します。   詳細については学会HPをご参照願います…

総合診療専門医よりCOVID-19感染症拡大の影響による専攻医に向けた対応についてお知らせがありました。

[2020.6.26]

全文見る

総合診療専門医よりCOVID-19感染症拡大の影響による専攻医に向けた対応についてお知らせがありました。

日本専門医機構より6月19日(金)の当機構理事会におきまして、「COVID-19感染症拡大の影響による専攻医に向けた対応」が決まりましたので、お知らせいたします。   …

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本糖尿病学会からのお知らせ「1型糖尿病(インスリン治療を必要とする)幼児の幼稚園・保育施設への入園取り組みガイド」に関して」(2019年7月17日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
小児科医 男性(38 歳) 小児科医 男性(38 歳)
前職と職務内容が近いのですが、異なるタイプの病...
放射線科専門医 女性(30代) 放射線科専門医 女性(30代)
環境に慣れてきました。専門医を取得してまだ数年...
神経内科 女性 (35歳) 神経内科 女性 (35歳)
勤務体形についてこちらの希望に合わせていただけ...
消化器科 男性 31歳 消化器科 男性 31歳
常勤医師は全員当直免除の体制で、内視鏡の症例数...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ