専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > オリジナル問診票を高校生ら作成 医師に症状伝えやすく

学会ニュース

オリジナル問診票を高校生ら作成 医師に症状伝えやすく

[2018.2.9]

 地域の医療や介護を考える岩手県久慈市民のプロジェクトチームが、医療機関で受診する際に症状などを医師に伝えるオリジナルの問診票を作成した。高校生らが市民目線で分かりやすい表現にしている。9日にあるシンポジウムで成果を公表し、市民らに配るという

 

 久慈市地域包括支援センターが昨年12月に始めた「医療と介護のデザインプロジェクト」。地域の医療や介護の現状を理解し、課題解決の手立てを考えてもらうのが狙い。参加したのは高校生から70代まで約30人で、今年1月まで4回にわたり話し合った。

 初回は、医師や介護従事者が不足し高齢化が進む現状を学び、地域の課題について話し合った。医療機関にかかった際に自分の状態を医師に正確に説明するのが難しかったという体験談をきっかけに、オリジナルの問診票を作ることを目標に掲げた。

 まずは市内の医療機関の問診票を集めた。プロジェクトに加わった県立久慈病院診療情報管理・地域医療科長の細谷地昭医師のサポートを受け、病院などを訪ねて提供してもらった。

 問診票の記載項目は医療機関によって異なり、分かりにくい記述もあった。メンバーからは「体調を示すのに5段階評価にすれば一目でわかる」「アレルギー症状の項目が必要なのでは」「保険証など持参品のチェック表があれば忘れ物を防げる」などさまざまなアイデアが出た。

 最終的に完成した問診票は「どうしましたカード~私と医療をつなぐメモ~」とタイトルが付けられた。

 市地域包括支援センターの根井明美係長は「高齢化が進み、医療や介護の人材不足状態が続くなかで、自分たちは何ができるかを考えるきっかけになったと思う。高校生も積極的に参加し、大人と対等に意見を交わしていた。今後も取り組みを続けたい」と話す。

 

 プロジェクトの成果は「医療と介護を市民と共に考えるシンポジウム」で報告する。9日午後6時から久慈グランドホテルで。久慈病院長の吉田徹医師が「久慈病院の現状」と題して講演するほか、医療、介護関係者によるパネルディスカッションも。参加費は無料。

 


新着学会ニュース
がん用語や制度について 医療者半数が知らない項目も

[2018.8.17]

全文見る

がん用語や制度について 医療者半数が知らない項目も

 第3期がん対策推進基本計画に盛り込まれた用語や制度に対する医師ら医療関係者の認識率に関して、国立がん研究センターのチームが調べたところ、医療者の半数も知らな…

日本内科学会からのお知らせ「診断プロセス向上WG 第5回ワークショップ-参加者募集」に関して

[2018.8.17]

全文見る

日本内科学会からのお知らせ「診断プロセス向上WG 第5回ワークショップ-参加者募集」に関して

日本内科学会が「診断プロセス向上WG 第5回ワークショップ-参加者募集」に関して発表した。 日本内科学会専門医部会診断プロセス向上ワーキンググループでは皆様の…

日本小児科学会からのお知らせ「重要なお知らせ(日本専門医機構)」に関して

[2018.8.14]

全文見る

日本小児科学会からのお知らせ「重要なお知らせ(日本専門医機構)」に関して

日本小児科学会が「重要なお知らせ(日本専門医機構)」に関して発表した。   日本専門医機構から下記通知がございましたので、掲載させていただきます。   …

精神保健福祉士国家試験の試験日など 厚生省が公告

[2018.8.14]

全文見る

精神保健福祉士国家試験の試験日など 厚生省が公告

 厚生労働省は、第21回精神保健福祉士国家試験の施行について官報で公告した。 試験日は2019年2月2日と3日で、北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県…

日本胸部外科学会からのお知らせ「日本胸部外科学会理事会からパブリックコメント募集」に関して

[2018.8.13]

全文見る

日本胸部外科学会からのお知らせ「日本胸部外科学会理事会からパブリックコメント募集」に関して

日本胸部外科学会が「日本胸部外科学会理事会からパブリックコメント募集」に関して発表した。     昨年の評議員会にてご報告いたしましたが、総合将来計画…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「オリジナル問診票を高校生ら作成 医師に症状伝えやすく」(2018年2月9日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
麻酔科 男性 29歳 麻酔科 男性 29歳
麻酔科標榜医を目指す立場からも、外科医としての...
内科専門医 男性 38歳 内科専門医 男性 38歳
転職して2年目に入りました。2年目からは 年収が...
皮膚科専門医 女性(30代半) 皮膚科専門医 女性(30代半)
病院勤務とクリニック勤務の両面で探していただき...
循環器内科 男性 35歳 循環器内科 男性 35歳
人柄はもちろん、なによりやりたかったカテーテル...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ