専門医の医師の求人/募集/転職スペシャルインタビュー >佐々木 淳 氏 / 医療法人社団 悠翔会 理事長

スペシャルインタビュー
佐々木 淳

在宅医療のあるべき姿を追求して24時間365日

佐々木 淳 氏
医療法人社団 悠翔会 理事長

日本の在宅医療を変えたい

2006年に設立した悠翔会は、東京・汐留の本部を中心に、6つの在宅クリニック拠点で東京23区と埼玉県南部の在宅患者1500人への訪問診療を行っている。目指しているのは「在宅総合診療」。通院が困難な患者に、必要な診療を必要な時に在宅で、しかもワンストップで提供できる体制を構築したいという思いから6年前に設立。
現在は内科の常勤医10名を中心に、耳鼻咽喉科と産婦人科を除きほぼ全診療科の専門医と連携し、在宅総合診療を24時間×365日提供できるをサービス実践している。地域のニーズや患者一人ひとりにきめ細かく対応し、質の高いサービスを提供するために、内科主治医を中心として緩和ケア専門医、精神科専門医、看護師、ソーシャルワーカーを含むチーム体制で機能を拡充している。

最初の5か年計画を振り返ってみて

「6年前に在宅医療を始めた時は、どこもサービスの品質自体が一般的に低くて、小規模で自分の専門外は診られない状況でした。また24時間対応とうたっていても実際に夜中に医者は来ない、などあるべき姿からは程遠い状況でした。そこで内科だけではなく、整形外科も皮膚科も精神科も全部在宅で診られる『在宅総合診療』体制を作りたいと立ち上げたのが2006年5月です。また、『24時間365日』名前だけではなく確実に対応するという思いを2つ目の柱として、最初の5か年計画をやってきました」
「5年経過して、同じような考えや取り組みをしている医者もいて、サービスの幅自体は広がってきました。患者さんも在宅医療を使い慣れてきた感があって、自分に適したプランを積極的に選んでいこうという次のフェーズが始まったと感じています。これからの5年間はより地域に密着して、より患者さんと密にコミュニケーションをとりながら、今よりも更にフットワークの軽い在宅医療を作っていきたいです」

患者のニーズを把握する仕組み作り

「在宅医療というのは患者さんのお宅で密室で行われるものなので、品質のチェックが非常に難しいです。1つ目の仕組みとして、当院は看護師を同行させて医者の診療に立ち会っています。理由は、患者さんが在宅で安心して過ごせる環境を作るのが在宅医療の最大のミッションですので、入院患者さんには主治医と病棟の看護師がいるように、やはり在宅でもその力は重要です。例えば療養環境について、食事がちゃんと摂れているか冷蔵庫をチェックしたり、ベッドの患者さんは下着はちゃんと換えているか…なども見ていかないといけません。もう一つの理由は、医者の診療を医療者の目でチェックするためです。患者さんへの説明が少なくないか、処方箋をチェックしているか、看護師が誘導しないと処置をしてくれないか…などをフィードバックしていくことにしています。2つ目は定期的に患者さんのお宅にアンケートを実施しています。医者ごとに診療内容や身だしなみ、受け答えや診察時間は十分かといった項目について、スコアを出してその結果をフィードバックしています。そうしないと医者は患者さんが何を希望しているのかがわからないので。また、我々は患者さんのお宅に行くので、それぞれのお宅のルールに従わないといけません。このお宅は訪問の15分前に電話が必要だとか、この方は娘さんが同席しないといけないとか、この娘さんにはこの言葉がNGワードだとか、このお宅はカギがここに隠してあるから…などカルテに書かれない色々な情報を大切にしていかないとコミュニケーションが円滑にいきません。またグループ診療なので、日中、夜間、日曜日でそれぞれの担当医が診ます。複数の医者が同じ情報をベースに同じサービスを提供するために、カルテ外の情報をいかに共有できるかがとても重要になるので、診療支援システムというのを作って、電子カルテに書けない情報や色々な裏話などをデータベース化して管理共有しています」

患者から学ぶ

「在宅医療というのは基本的には先端医療というよりは、総合診療であって、patiant-oriented(患者学)だと思います。患者さんのことを学ぶためには医学の知識だけではなく、幅広いそれなりの厚みがないと難しいです。我々の患者さんたちは特に80年・90年生きてきた方々なので、対等にお話をするためにもその辺りをいかに身に着けていくかということも含めて、日々の仕事が一番の勉強になります。ただ門前と聴診して降圧薬をだすのではなく、患者さんの本来のニーズがどこにあるのかを常に意識していなければなりません」
「また、在宅はやはりその患者さんの気持ちをどれ位理解できるか、その思いをどれだけ自分たちの行動に移せるかというところが重要です。病院で患者さんが来るのを待っているのではなくて、我々が患者さん宅に行かないとそもそも医療が発生しません。いかにフットワーク軽く往診に行けるか、患者さんの行動や言葉の裏には何があるのかを探るなど、純粋の医学とは少し違って人間科学的な要素が大きいです」
「あと我々の大きなミッションの一つに『在宅での終末期の看取り』があります。最近はお家で家族が死ぬという体験をしている人が少ないので、家族の死を受け入れる準備をいかにさせていくか、例えば30代で末期ガンで亡くなられた遺族の方々にどうやってその状況を受け入れてもらうかなど、そのための体制をどうやって作って行くのかが重要
です。痛みを除去する以前に心のケアをどうしていくかという部分も我々が担わなければ
なりません。関わり方によっては非常に深くてやりがいのある仕事です」
「家庭医学や科学としてだけではなく、死生学や人間科学・心理学といった人文的な面から
追求して行く側面もあって非常に幅が広くておもしろいと思います。在宅医療でも診療技術
やコミュニケーション技術などの分野ごとには専門家はいますが、一人の患者さんが家で過
ごしながら、最後は徐々に弱っていって亡くなるまでのプロセスを如何に診ていくかという
総合的な意味で、他の医療とはちょっと違うと思います」

究極の町医者

「98年に筑波大学を卒業し、三井記念病院に入局して総合的な内科と消化器内科の専門的な診療を5年半やりました。その後東大の大学院では4年間在籍し研究職が中心でした。その間も民間の病院で仕事をしたり、実は医者になって2年目に会社を設立したりもしましたが、そうした中で2006年に在宅医療に出会い、その後半年ほどで開業しました。早い時期から医者として何をすべきかをずっと考えていました。最初はとても未知の仕事で5年位はドキドキワクワクしながら毎日仕事をしていましたが、内科や消化器内科医も、内視鏡なども一通りできるようになって次どうするかを考えた時に、今後病院という大きな診療計画の中の歯車として働くのか、開業してプライマリケア医として働くかと考えました。しかし開業しても、どんなに丁寧に診療しても大病院の外来のブランド院には勝てないし、開業医としてやれることもそんなに大きなインパクトは無いと思っていた中で在宅医療を知りました」
「もともと保健福祉行政やヘルスケア事業に興味があったので、実は以前にマッキンゼーアンドカンパニーという外資系のコンサルティング会社に採用されて、経営コンサルタントになる予定でしたが、同時期に始めた在宅医療の仕事のほうに興味を示してたので、そちらはお断りして開業しました」
「開業にあたっては、患者さん本位の小回りの利いた診療は病院のような大きな組織では難しいだろうと考え、また高齢化社会や日本の人口構造の変化も考慮すると、外来と入院の中間にある在宅という領域が黎明期で、ビジネスの可能性もマーケットも大きいので、ここなら病院とも互角に仕事ができるという目論見もありました。自分はどちらかというと特定の専門家ではなく全体を診られる『究極の町医者』を目指したいと思っていましたので」

これからの医療の在り方

佐々木 淳
弊社代表・徳武と佐々木先生

「日本の医療業界は年々激しく変動していて、高齢者も患者さんも増えていますが一方で医療体制は厳しくなると思います。今は在宅医療も厚遇されていますが、今後は在宅の医者が増えればコストを下げられるのは明らかですし、今のうちから効率のいい運営体制を作っていく必要があると思っています。また、2025年をピークに高齢者の死亡者数も減っていきますので、医療機関としての生き残り策も考えていく必要があります。ただ当面はむしろ伸びていく領域なので、例えば認知症の患者さんもより早い段階から在宅に替わるとか、若年者や重症・重身の子供たちに対する在宅医療などはまだまだ未整備の部分もあるので、低コストの体質で総合的に対応できる体制をいち早く構築して、次世代の在宅医療の受け皿となるような業態を作りたいと思います」
「また、病院での専門医療はこれから更に高度化して、一方で家庭医にはより幅広い知識と対応能力が求められます。TPPの問題や医療の国際化などもあり、日本もいつまでも、医者は何もしなくても高給とりという時代では無くなってきます。医者の価値を決めるのはその人の知識・経験だけではないと思います。医者の仕事は、患者さんの診察・診断・治療という一連のプロセスですが、やはりその過程で人間としての基本的な厚みやコミュニケーション能力、また思いやりや優しさといったものが無いと、そもそも本来は成り立たない仕事だと思っています。単に専門医としての技術を磨くというだけではなくて、患者さんが何を求めているかを嗅ぎ取る能力をしっかり身につけていかないと厳しくなる時代がくるのではないでしょうか」

(取材・文:河本瑛爾)
(2012年6月)


佐々木 淳 氏 (医療法人社団 悠翔会 理事長)

プロフィール

1998年筑波大学医学専門学群 卒業
三井記念病院内科 入局
1999年メディカルインフォマティクス株式会社 取締役Founder
2000年三井記念病院消化器内科入局
2003年東京大学医学系研究科博士課程 入学
三井記念病院 退職
井口病院 副院長
2005年井口病院 退職
金町中央透析センター長
2006年金町中央透析センター長 退職
MRCビルクリニック開設/理事長就任
2007年メディカルインフォマティクス株式会社 退職
2008年東京大学医学系研究科博士課程卒業
MRCビルクリニックを医療法人社団 悠翔会と改名

医学博士
日本内科学会認定医/日本医師会認定産業医
CAMRO代替医療研究機構・代表理事
国際システム健康科学学会・理事
日本東洋医学会・エビデンスレポートTF特別委員
日本統合医療学会・倫理審査委員会オブザーバー

所属学会
日本がん学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本肝臓病学会、日本動脈硬化学会、日本肥満学会、日本抗加齢医学会、国際抗老化医学会、他

インタビュー

新着スペシャルインタビュー

ICTが救急医療を変える! 企業家が語る医療の未来
夏井 淳一氏 いわゆる「患者のたらい回し」、緊急度の低い救急出動要請など、なにかとメディアでとりあげられる救急医療。ネガティブな話題も多く問題点も取り沙汰されるが、今、そんな救急医療が変わろうとしている。そこには、現場で働く人々の熱量はもちろん、それを支える重要な役割を担うICTが存在していた。今回は救急医療の現場で導入されはじめている、救急医療管制支援システムe-MATCHを構築した株式会社バーズ・ビュー 代表取締役社長 夏井淳一氏にお話を伺いました。(本文につづく)

夏井 淳一 氏/バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長

現場で見えることだけが医療とは限らない! 視野を広げる重要性
飯島 勝矢氏 各分野で活躍されている医師を訪ねるスペシャルインタビュー。第26回は東京大学 高齢社会総合研究機構 准教授であり、内閣府「一億総活躍国民会議」有識者民間議員の飯島勝矢氏です。
(以下、本文より)医学部の大きな組織におり、病院でも働き、基礎研究や臨床研究を精力的にやって論文も書き、新薬の治験などもしてきた。それはもちろん大切だった。でも、もっと地域や国民一人一人に直接フィードバック出来、最終的には地域に根付くメッセージを構築したいと思いました。(本文につづく)

飯島 勝矢 氏/東京大学 高齢社会総合研究機構准教授

治療も環境も、フルコースを目指して!
堀内 祐紀氏 各分野で活躍されている医師を訪ねるスペシャルインタビュー。第25回は医療法人社団ケイロン 秋葉原スキンクリニック院長 堀内祐紀氏です。
(以下、本文より)人のために時間を費やす仕事なので、自分の権利だけを振りかざすような心持ちでは難しいと思います。人のことを想って動くスタンスは崩してはいけない。人から期待される仕事なので何を期待されているのか常にアンテナを張り巡らせていたい。(本文につづく)

堀内 祐紀 氏/秋葉原スキンクリニック院長

チーム医療は義務!「まとまりある医療」の発展と普及へ
チーム医療は義務!「まとまりある医療」の発展と普及へ 各分野で活躍されている医師を訪ねるスペシャルインタビュー。第24回目は社会医療法人財団石心会 埼玉石心会病院 腎臓内科部長・さやま腎クリニック院長 池田直史氏です。
(以下、本文より)例えば慢性腎臓病の患者さんを診ていくには、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、ソーシャルワーカーもいます。チーム医療は皆で連携して上手くやって行きましょうというものではなく、お互いをカバーしながら総合的に力を発揮して行きましょうというものなんですね(本文につづく)

池田 直史 氏/さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長

心配や反対を振り返るな! そこで得たものとは
心配や反対を振り返るな! そこで得たものとは 各分野で活躍されている医師を訪ねるスペシャルインタビュー。第23回目は医療法人財団神尾記念病院 耳鼻咽喉科・専門医 田中健氏です。
(以下、本文より)新天地で働くと決めたとはいえ、周囲からの反対と心配も多くあったと言う。「今の勤務先であと1年頑張れば大学医局の後ろ盾のもと、転職先に出してくれるという話もありました。でもその1年は、私の人生の中の1年です。たまたまポストが空くという幸運があったからこそで、1年後にはそれが有るのかもわからない」(本文につづく)

田中 健 氏/医療財団法人 神尾記念病院

医療と社会を結ぶ仕事 人のためだからこそ一生懸命にできる
医療と社会を結ぶ仕事 人のためだからこそ一生懸命にできる 第22回スペシャルインタビュー。今回は困難な病気を患っている児童及びその家族を支援するための滞在施設、ドナルド・マクドナルド・ハウスを運営する公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長 長瀬淑子 氏です。
(以下、本文より)「ハウスの機能には様々なメリットがあります。医療現場はちょっと閉鎖的な部分もあるので、患者と医療者というのは非常に緊張した関係でもあります。そこに社会が少し介入することで、うまく収まる可能性があるんです」 (本文に続く)

長瀬 淑子 氏/公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長

過去のインタビューはこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

佐々木 淳 氏 (医療法人社団 悠翔会 理事長)へのインタビューを掲載しています。
これまでの医師としてのご経験や、現在のお仕事、力を入れていらっしゃるお取り組みなどを、じっくりうかがいました。
その他の専門医としてご活躍の先生方のインタビューも一覧よりご覧ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
糖尿病内科専門医 女性 42歳 糖尿病内科専門医 女性 42歳
クリニック勤務中は、人間関係に苦しみ、日々スト...
循環器内科 男性 35歳 循環器内科 男性 35歳
人柄はもちろん、なによりやりたかったカテーテル...
透析専門医・腎臓内科専門医(男性 38 歳) 透析専門医・腎臓内科専門医(男性 38 歳)
家族との時間も取り易い勤務条件となり、年収も下...
一般内科 女性 52歳 一般内科 女性 52歳
子育てしながらはやはり大変な面もありますが、本...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ