専門医の医師の求人/募集/転職スペシャルインタビュー >吉田 正史 氏 東埼玉総合病院 消化器内科科長・内視鏡室室長

スペシャルインタビュー
吉田正史

“志”を持った仲間を求む!実直な医師が挑む、消化器病センターの再構築

吉田 正史 氏

東埼玉総合病院 消化器内科科長・内視鏡室室長

地域密着型で中小病院の新しいモデルになるべく活動を進める、社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス 東埼玉総合病院にて、消化器病センターの再構築に向けて奮闘する、消化器内科科長・内視鏡室室長の吉田正史先生にお話を伺う。
医師不足、そして医療資源が少ない地域で診療に携わる、吉田先生の思いに迫った。

地域医療に専念した曽祖父の存在

北海道の旭川医科大学を卒業後、医局派遣で経験を積み、約6年前に東埼玉総合病院へ着任した吉田先生。母方の曽祖父が医師で、祖父母らから「地域医療に専念して周囲から信頼されていた人であった」と伝え聞き、「自分もそんな生き方をしたい」と医師を志すようになったという。
インタビュー中に何度も“腰を据えて働くことの大切さ”を口にする吉田先生が腰を据えた地は、偶然にも地域密着を掲げる東埼玉総合病院だった。地域医療に専念したという曽祖父の存在が思い出される。

実直に、ひたすら内視鏡と向き合う日々


吉田先生が消化器内科を選択した理由は、患者への負担が少ない内視鏡を使った診療に興味を持ったことだ。埼玉県では対人口当たりの医師が不足しており、消化器内科も例外ではない。吉田先生は地域にとってなくてはならない貴重な存在だ。
現在、従来のEMR(内視鏡的粘膜切除術)に加え、ESD(内視鏡的粘膜下層切除術)やERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)関連の内視鏡処置など、週2日午前中のみ担当する外来以外は、内視鏡での診断・治療に専念している。同院での消化器内科では、吉田先生を含めた2名の常勤医師と、外来の多くやスクリーニングを担う8名の非常勤医師がおり、10名体制で患者と向き合う。しかし、まだまだ十分とは言えない現状だという。

着任した当時は一緒に診療にあたる仲間がいなかったため、1人で4〜5人に相当する症例数をこなす、多忙を極めた生活を送った吉田先生。
大変な中でもここまでやって来た理由を伺うと、「責任です。中途半端にはやりたくなかった。機械的に働くのであれば、条件のより良いところへ移ることも可能だけれど、そういうスタンスでは完成された仕事ができないし、無責任なことはしたくないですから」と、実直な人柄が垣間見られる。
「腰を据えてじっくり取り組みたかった」という思いを実現するべく着任した病院は、人員的に整えられた環境ではなかったが、その分大きなやりがいを見出していた。

多職種協業で、外科や大学病院との連携も良好

吉田先生が考える同院の良さは、“多職種協業”であること。必ずしも医師がトップダウンで指示するわけではなく、看護師をはじめ周囲の職との信頼関係のもとに仕事が成り立っている。
消化器外科とも良好な連携が取れており、「例えば、総胆管結石と胆石の両方を持つ患者には、総胆管結石の切除は内科で、その後外科にて胆石のオペをしてもらうといった具合です」と、日頃から風通しよく相談ができる環境にあるという。
また、医療資源の問題ですべてを自身のもとで完結することが難しいため、大学病院から医局派遣で来ている非常勤医師との連携も大切にし、大学病院ともよい距離感で診療にあたっている。

臨床に注力しながら、多角的に医療を見つめる


吉田先生はルーティン業務の合間を縫い、開業医向けのレクチャーのほか、市民への啓蒙活動にも取り組んでいる。
最近では医療を取り扱うテレビ番組が多くなったとはいえ、そこはやはり特殊な分野だ。患者となり得る市民が、はじめから適切な知識を有していることは少ない。例えば、胃がんが発見されたとなると、開腹手術を思い浮かべる患者が少なくないのが現状だ。
大きさによっては、体への負担が少ない内視鏡での切除が可能であることなど、治療の選択肢を正しく認知してもらうため、そして早期発見を促すため、市民への啓蒙活動は重要である。しかし、「積極的には行えないのが実情です。口コミでの来院だけでも手一杯の状態ですから」と語る。それでも人員不足が解消されれば、もう少し啓蒙活動に力を入れたい思いがあるようだ。
人員が不足しているとはいえ、吉田先生は後進の育成も行わなければならない立場だ。内視鏡検査技師などスタッフ教育にも力を入れている。病院側によれば、先生を慕って資格を取るスタッフも少なくないという。
日々臨床の現場にいながら、後進の育成や市民への啓蒙活動まで取り組み、まだまだ多忙を極める吉田先生。しかし「自己犠牲はよくないので、ONとOFFの切り替えは大切にしたい」と言い、現状の問題を多角的に見つめながら、目標とする医療へと邁進している。

急性期をカバーできる地域医療の体制を整えたい

目下の目標は、「急性期をカバーできる地域医療の体制を整えること」。
「内科で言えば、消化器と循環器が揃えば、急性期の治療はかなりの部分をカバーできます。一刻を争うものであれば、例えば心筋梗塞は循環器の先生が必要です。2部門を充実させないと地域医療は支えられない。この地域である程度完結さられる体制を作りたいですね」と、やはり地域医療に目を向けていた。
「そのためには、まずは人員が必要です」と、目標を共にできる医師が現れるのを待っている。

求める仲間は“志”のある人


吉田 正史先生と弊社・代表 徳武

目の前に患者がいる以上、即戦力となる医師が必要な状況だ。それに加え、「こういう医療を行いたい」「技術を磨きたい」など、吉田先生は“志”を持った仲間を求めている。
技術や経験をブラッシュアップさせたい第一線で活躍している医師、そして、症例を重ねるなど強いやりがいを求めている医師は、吉田先生のもとを訪れてみてはいかがだろうか。地域医療に取り組む姿勢を肌で学び、消化器病センター再構築へ向けての動きは、学びとやりがいに溢れた環境であることだろう。

(取材・文/安海 まりこ)

吉田 正史(東埼玉総合病院 消化器内科科長・内視鏡室室長)

プロフィール

1995年 旭川医科大学 卒業
日本消化器病学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本内科学会 認定内科医
臨床研修指導医講習会終了

新着スペシャルインタビュー

“志”を持った仲間を求む!実直な医師が挑む、消化器病センターの再構築
吉田正史氏 各分野で活躍されている医師を訪ねるスペシャルインタビュー。第29回は公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長の武田淳史氏です。(以下、本文より)地域密着型で中小病院の新しいモデルになるべく活動を進める、社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス 東埼玉総合病院にて、消化器病センターの再構築に向けて奮闘する、消化器内科科長・内視鏡室室長の吉田正史先生にお話を伺う。(本文につづく)

吉田 正史 氏/東埼玉総合病院 消化器内科科長・内視鏡室室長

チャンスがあるなら、積極的に外へ出て学ぶべき
武田淳史氏 各分野で活躍されている医師を訪ねるスペシャルインタビュー。第28回は公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長の武田淳史氏です。(以下、本文より)やはり医者といっても人間ですし、結婚し家庭を持つなど生活環境の変化に伴い、なかなか自分の思い通りのタイミングで自身の望む経験を積むことは難しくなってきます。例えば地方でも、海外でもいいですが、少しでもチャンスがあるなら、若いうちに外へ出て行くべきだと思います。チャンスは逃さない方がいいですね。(本文につづく)

武田 淳史 氏/公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長

ICTが救急医療を変える! 企業家が語る医療の未来
夏井 淳一氏 いわゆる「患者のたらい回し」、緊急度の低い救急出動要請など、なにかとメディアでとりあげられる救急医療。ネガティブな話題も多く問題点も取り沙汰されるが、今、そんな救急医療が変わろうとしている。そこには、現場で働く人々の熱量はもちろん、それを支える重要な役割を担うICTが存在していた。今回は救急医療の現場で導入されはじめている、救急医療管制支援システムe-MATCHを構築した株式会社バーズ・ビュー 代表取締役社長 夏井淳一氏にお話を伺いました。(本文につづく)

夏井 淳一 氏/バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長

現場で見えることだけが医療とは限らない! 視野を広げる重要性
飯島 勝矢氏 各分野で活躍されている医師を訪ねるスペシャルインタビュー。第26回は東京大学 高齢社会総合研究機構 准教授であり、内閣府「一億総活躍国民会議」有識者民間議員の飯島勝矢氏です。
(以下、本文より)医学部の大きな組織におり、病院でも働き、基礎研究や臨床研究を精力的にやって論文も書き、新薬の治験などもしてきた。それはもちろん大切だった。でも、もっと地域や国民一人一人に直接フィードバック出来、最終的には地域に根付くメッセージを構築したいと思いました。(本文につづく)

飯島 勝矢 氏/東京大学 高齢社会総合研究機構准教授

治療も環境も、フルコースを目指して!
堀内 祐紀氏 各分野で活躍されている医師を訪ねるスペシャルインタビュー。第25回は医療法人社団ケイロン 秋葉原スキンクリニック院長 堀内祐紀氏です。
(以下、本文より)人のために時間を費やす仕事なので、自分の権利だけを振りかざすような心持ちでは難しいと思います。人のことを想って動くスタンスは崩してはいけない。人から期待される仕事なので何を期待されているのか常にアンテナを張り巡らせていたい。(本文につづく)

堀内 祐紀 氏/秋葉原スキンクリニック院長

チーム医療は義務!「まとまりある医療」の発展と普及へ
チーム医療は義務!「まとまりある医療」の発展と普及へ 各分野で活躍されている医師を訪ねるスペシャルインタビュー。第24回目は社会医療法人財団石心会 埼玉石心会病院 腎臓内科部長・さやま腎クリニック院長 池田直史氏です。
(以下、本文より)例えば慢性腎臓病の患者さんを診ていくには、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、ソーシャルワーカーもいます。チーム医療は皆で連携して上手くやって行きましょうというものではなく、お互いをカバーしながら総合的に力を発揮して行きましょうというものなんですね(本文につづく)

池田 直史 氏/さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長

心配や反対を振り返るな! そこで得たものとは
心配や反対を振り返るな! そこで得たものとは 各分野で活躍されている医師を訪ねるスペシャルインタビュー。第23回目は医療法人財団神尾記念病院 耳鼻咽喉科・専門医 田中健氏です。
(以下、本文より)新天地で働くと決めたとはいえ、周囲からの反対と心配も多くあったと言う。「今の勤務先であと1年頑張れば大学医局の後ろ盾のもと、転職先に出してくれるという話もありました。でもその1年は、私の人生の中の1年です。たまたまポストが空くという幸運があったからこそで、1年後にはそれが有るのかもわからない」(本文につづく)

田中 健 氏/医療財団法人 神尾記念病院

医療と社会を結ぶ仕事 人のためだからこそ一生懸命にできる
医療と社会を結ぶ仕事 人のためだからこそ一生懸命にできる 第22回スペシャルインタビュー。今回は困難な病気を患っている児童及びその家族を支援するための滞在施設、ドナルド・マクドナルド・ハウスを運営する公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長 長瀬淑子 氏です。
(以下、本文より)「ハウスの機能には様々なメリットがあります。医療現場はちょっと閉鎖的な部分もあるので、患者と医療者というのは非常に緊張した関係でもあります。そこに社会が少し介入することで、うまく収まる可能性があるんです」 (本文に続く)

長瀬 淑子 氏/公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長

過去のインタビューはこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

吉田 正史 氏(東埼玉総合病院 消化器内科科長・内視鏡室室長)へのインタビューを掲載しています。
これまでの医師としてのご経験や、現在のお仕事、力を入れていらっしゃるお取り組みなどを、じっくりうかがいました。
その他の専門医としてご活躍の先生方のインタビューも一覧よりご覧ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
神経内科専門医 男性医師 51歳 神経内科専門医 男性医師 51歳
神経内科を主とした業務しか考えていなかったで難...
麻酔科専門医 男性(43歳) 麻酔科専門医 男性(43歳)
人当りのよい性格もあってか他科の先生方ともよい...
救命救急科 男性医師 33歳 救命救急科 男性医師 33歳
救急と麻酔科の掛持ちなんてあまり聞いたことがな...
放射線科専門医 女性(30代) 放射線科専門医 女性(30代)
環境に慣れてきました。専門医を取得してまだ数年...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ