専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 院内感染症の治療薬開発に役立つ蛍光プローブを開発 立命大などが共同で開発

学会ニュース

院内感染症の治療薬開発に役立つ蛍光プローブを開発 立命大などが共同で開発

[2020.1.9]

 7日、立命館大学は院内感染症の治療薬の開発に役立つ蛍光プローブを開発することに成功したと発表した。この研究は、同大生命科学部の松村浩由教授が、米ラトガース大学のDaniel S. Pilch教授らと共同で行ったもの。研究成果は、「Scientific Reports」にオンライン掲載されている。

 

 研究グループは、2017年に、新しい院内感染菌MRSAに効く抗菌薬として、MRSA内で働くFtsZというタンパク質に結合する薬を開発した。FtsZはMRSAが増殖するときに働くタンパク質。薬がFtsZに結合するとFtsZの働きが鈍り、MRSAは増殖できなくなるため死滅する。実際にこの薬はMRSA感染症の治療に効果があり、第1相試験まで開発が進んでいる。

研究グループは、これらの薬の効果を確認するため、どのようにFtsZに結合するのかを原子レベルで観察。実験で使用した薬には、メチル基があるものを使用した。結果、FtsZに結合する際、薬のメチル基は分子の内側から外に向かっていた。研究グループは、この薬の構造をみて、メチル基の先に蛍光分子を結合することができれば、これまで存在しなかったFtsZに強く結合する蛍光プローブができるのではないかと考えた。FtsZに強く結合する蛍光プローブが開発できれば、現在開発中の薬をさらに改良することができる。

 

そこで、このメチル基の先に蛍光分子を結合させて実験を実施。その結果、メチル基の先に蛍光分子を結合させたプローブは、従来の蛍光プローブに比べ、FtsZに約10~100倍強く結合することが判明した。さらに、もともとはMRSAのFtsZにのみ結合すると思われたこの蛍光プローブが、肺炎桿菌や緑膿菌といった他の院内感染菌のFtsZにも強く結合することが明らかになった。

この蛍光プローブを使うことで、さまざまな種類の化合物群の中からMRSA以外の院内感染菌のFtsZに結合する新しい薬を素早く同定()することも可能となった。

研究グループは、「今回の研究により院内感染症の治療薬開発に役立つ技術が開発できたことから、今後、院内感染に対する効果的な薬が開発されることが期待される」と話す。

 


新着学会ニュース
日本皮膚科学会からのお知らせ「講習会:受講申込み受付を開始」に関して

[2020.1.24]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「講習会:受講申込み受付を開始」に関して

日本皮膚科学会が「講習会:受講申込み受付を開始」に関して発表した。    下記研修講習会の受講申込み受付を開始しました。 受講を希望する会員は,以下の会員専…

新型肺炎拡大受け専門外来の設置を検討

[2020.1.24]

全文見る

新型肺炎拡大受け専門外来の設置を検討

 24日、日本医師会の横倉義武会長は時事通信のインタビューで、新型コロナウイルスによる肺炎が中国を中心に拡大していることを受け、日本国内で流行した場合、各地の医…

日本循環器学会からのお知らせ「循環器疾患の個別化医療実現のための疾患発症予測・予防プログラムに関する研究公募」に関して

[2020.1.23]

全文見る

日本循環器学会からのお知らせ「循環器疾患の個別化医療実現のための疾患発症予測・予防プログラムに関する研究公募」に関して

日本循環器学会が「循環器疾患の個別化医療実現のための疾患発症予測・予防プログラムに関する研究公募」に関して発表した。   【趣旨】  日本循環器学会では長…

がん細胞ほぼ消失 「液体のり」放射線治療でも期待の星

[2020.1.23]

全文見る

がん細胞ほぼ消失 「液体のり」放射線治療でも期待の星

 がん細胞に薬剤を取り込ませておき、中性子をあててがん細胞を壊す放射線治療で、薬剤に液体のりの主成分を混ぜると治療効果が大幅に高まることを東京工業大のチームが…

日本産科婦人科学会から「日本医学会遺伝学的用語についてご意見募集」に関して

[2020.1.22]

全文見る

日本産科婦人科学会から「日本医学会遺伝学的用語についてご意見募集」に関して

日本産科婦人科学会が「日本医学会遺伝学的用語についてご意見募集」に関して発表した。    この度、日本医学会医学用語管理員会 遺伝学用語改訂に関するワーキ…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「院内感染症の治療薬開発に役立つ蛍光プローブを開発 立命大などが共同で開発」(2020年1月9日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
消化器内科 女性医師 36歳 消化器内科 女性医師 36歳
内視鏡の設備が整っていてやりがいを感じています...
麻酔科 男性 29歳 麻酔科 男性 29歳
麻酔科標榜医を目指す立場からも、外科医としての...
消化器内科専門医 男性 40歳 消化器内科専門医 男性 40歳
私にとって理想的な病院でした。指導医としての役...
麻酔科専門医 男性 32歳 麻酔科専門医 男性 32歳
現在は、週4.5日勤務で月3~4回の当直勤務となり...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ