専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 致死率90%以上 脳を食べるアメーバ、日本にも?

学会ニュース

致死率90%以上 脳を食べるアメーバ、日本にも?

[2019.2.12]

 アメーバは、動物・植物・細菌のいずれにも当てはまらない生き物を総称する原生生物に分類される単細胞生物。アメーバの語源は「定まった形のない」や「変化」というギリシャ語で、その言葉通り土壌にすむアカントアメーバなどは、栄養が豊富な環境下であれば頻繁に細胞を分裂させ増殖し、乾燥や栄養がない劣悪な環境下では固い殻を形成して球状のシストという形態をとり、何年も休眠しながら生存することができる。

 

 人に害をなす寄生性の赤痢アメーバ(Entamoeba histolytica)は、世界保健機関の統計によると、全世界で毎年5千万人に感染し、4万~10万人の死亡者を出していると推定されている。赤痢アメーバは、サルやイヌ、ブタなどへの感染例も報告されているが、日本国内ではヒトが最も重要な感染源となっている。

 赤痢アメーバに汚染された飲食物を人が摂取すると、大腸や肝臓でアメーバが増殖し潰瘍(かいよう)性の病変を形成する。典型的なアメーバ赤痢患者は、アメーバを含んだイチゴゼリー状の粘血便を排泄(はいせつ)し、数日~数週間の間隔で憎悪と軽快した状態を繰り返す。アメーバ赤痢の多くは、熱帯・亜熱帯地域の開発途上国などで蔓延(まんえん)しているが、先進国では性感染症として同性間の性的接触で感染する男性の増加が顕著になってる。

 近年、自然界に生息する「自由生活性アメーバ」の感染例が世界各国で報告されている。自由生活性アメーバは、私たちの生活に身近な環境のいたるところに生息しおり、土壌や湖沼だけでなく、室内のほこりの中でも生活を営むことができる。長い間、自由生活性アメーバは人への病原性はないと考えられてきたが、近年、自然界と動物への寄生の両方でライフサイクルを持つ「両性アメーバ」がいくつか発見されている。

 病原性をもつ自由生活性アメーバは、角膜炎や皮膚炎、髄膜脳炎を引き起こし、免疫力の低下を伴う基礎疾患を持つ患者の場合、致死的な症状を伴い治療は困難を極める。髄膜脳炎を引き起こすアメーバの多くは、傷口や鼻腔(びくう)の粘膜から侵入すると考えられており、ヒトの体内に侵入したアメーバは、血流にのり脳内に侵入し、脳組織を栄養源として破壊しながら爆発的に増殖する。

 

 

 髄膜脳炎を引き起こすアメーバの一つである「バラムチア・マンドリラリス」は、1990年に米国カリフォルニアの国立動物公園で死亡したメスのマンドリル(オナガザル科)の脳から分離され、93年に新種として登録された、最も新しい病原性アメーバ。全世界で200件以上の罹患(りかん)報告がなされ、致死率は90%以上に及ぶ、難治性の致死性疾患と言われている。ウマやヒツジ、イヌなどの感染報告もあるが、いずれも致死的な症状を呈し死亡または安楽死となっている。

 罹患者は50代以降の中高年者に多いのが特徴で、一般的には、糖尿病や肝炎などの基礎疾患を持ち、免疫力が低下している人がかかりやすい日和見感染症であるとされていますが、日本国内では基礎疾患を持たない健常者も罹患しており、誰しもが感染リスクを抱えている。

 これまで日本国内のアメーバ性髄膜脳炎患者は11件報告され、全ての感染者で感染経路は不明なまま。バラムチア・マンドリラリスの主な生息場所は土の中だが、日本の罹患者がどのような機会に感染しているのかはわかっていない。

 


新着学会ニュース
日本外科学会からのお知らせ「 2019年度「日本医師会医学賞」および「同医学研究奨励賞」候補の推薦」に関して

[2019.4.26]

全文見る

日本外科学会からのお知らせ「 2019年度「日本医師会医学賞」および「同医学研究奨励賞」候補の推薦」に関して

日本外科学会が「 2019年度「日本医師会医学賞」および「同医学研究奨励賞」候補の推薦」に関して発表した。   本年度も日本医師会長より、平成30年度標記…

10連休中の医療態勢 多くの医療機関が特別に診療日を設定

[2019.4.26]

全文見る

10連休中の医療態勢 多くの医療機関が特別に診療日を設定

 10日間という異例の長さになる今年の大型連休。病気やけがの人がスムーズに治療を受けられるよう、神奈川県内医療関係者は準備を進めている。県は医療機関の診療日一…

日本肝臓学会からのお知らせ「学術集会講演要旨(抄録)」に関して

[2019.4.25]

全文見る

日本肝臓学会からのお知らせ「学術集会講演要旨(抄録)」に関して

日本肝臓学会が「学術集会講演要旨(抄録)」に関して発表した。    2019年度から講演要旨(抄録)が、プログラムのみの掲載に変更となり、名称も「プログラム」…

公立病院の統合・再編へ 医療費を抑制する狙い

[2019.4.25]

全文見る

公立病院の統合・再編へ 医療費を抑制する狙い

 国や自治体の公立病院、日赤などの公的病院について24日、厚生労働省は手術件数などを分析し治療実績が乏しい場合は統合や再編を促すことを決めた。夏にも具体的な病院…

日本感染症学会からのお知らせ「敗血症セミナー in 神戸2019 開催」に関して

[2019.4.24]

全文見る

日本感染症学会からのお知らせ「敗血症セミナー in 神戸2019 開催」に関して

日本感染症学会が「敗血症セミナー in 神戸2019 開催」に関して発表した。   【開催目的】  敗血症や敗血症性ショックの治療においては、早期診断・早期治療、そ…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「致死率90%以上 脳を食べるアメーバ、日本にも?」(2019年2月12日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
放射線科専門医 男性(50代) 放射線科専門医 男性(50代)
おかげさまで通勤に支障は全くなく、よい環境で勤...
神経内科専門医 男性医師 51歳 神経内科専門医 男性医師 51歳
神経内科を主とした業務しか考えていなかったで難...
脳神経外科専門医 男性 58歳 脳神経外科専門医 男性 58歳
前職より年収が100万円さがりましたが、待遇改善さ...
消化器科 男性医師 (51歳) 消化器科 男性医師 (51歳)
条件についても申し分なく、何よりもこちらの病院...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ