専門医の医師の求人/募集/転職転職事例一覧 > 消化器科 男性医師 38歳の転職事例

転職事例

消化器科 男性医師 38歳

NO IMAGE

国立大学の内科医局に所属し、総合病院の消化器内科にて勤務。 取得資格は、日本内科学会認定医。

前職

消化器科
週5日勤務
東北地方

矢印 現職

消化器科
週4.5日勤務
関東


転職のきっかけ

プライベートの時間の確保と住環境を変える為。
ほとんど自宅に帰ることができず週に1回帰れるかどうかという状況で、改善の必要を感じました。

新しい職場へのご要望

日本消化器内視鏡学会の専門医の取得を考えていたので、認定施設で症例が多く学べることが条件でした。

給与は現状維持、休日は確実に週1回は取れることを希望しました。

転職活動の経過

日本消化器内視鏡学会の専門医の取得ができる認定施設の求人案件を5ヵ所紹介していただきました。公的医療機関が1つと民間病院が4つでした。

それぞれ魅力ある医療機関ですごく迷ったのですが、ある病院は大学からの派遣病院で消化器内科の医師はすべて大学からの派遣でしたので、最終的には2つの病院に絞る事になりました。

最終的に今の病院に決めた理由は、東北の田舎育ちなので、あまり交通量がなく畑が見えるような少し田舎じみた土地が心理的には落ち着いたことと、院長先生の考え方に共感ができ、十分な症例が学ぶことができると判断したからです。

入職3ヶ月後の感想

今後、医師としてスキルアップするための症例を学べ、プライベートの時間が以前より取れるようになり、充実の日々を送れると感じています。

専門医局の担当者の対応

転居するにあたり住居も用意して頂き、山にも近くすぐに海へも行けるという立地でプライベートの時間が充実して過ごせるように感じました。
今後、子供を持ったときの教育環境も決して悪くなく、満足しています。

転職事例一覧へ お問い合わせ
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の消化器科 男性医師 38歳の転職事例ページです。

医師のプロフィール(性別、年齢、医療機関の形態、年収等)、転職のきっかけ、新しい職場へのご要望、転職活動の経過、入職3ヶ月後の感想、専門医局の担当者の対応等をまとめています。

その他の転職事例は一覧にまとめていますのでご覧ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
外科専門医 男性(40代) 外科専門医 男性(40代)
現在は年配の先生が外来を受け持ち、私は手術に専...
皮膚科専門医 女性(30代半) 皮膚科専門医 女性(30代半)
病院勤務とクリニック勤務の両面で探していただき...
病理科専門医 男性(40代) 病理科専門医 男性(40代)
施設ごとに仕事の仕方はありますし、各スタッフの...
糖尿病専門医 女性(30代半) 糖尿病専門医 女性(30代半)
新しい勤務先に慣れてきたところです。希望通り、...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ