専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本産科婦人科学会から「HRTガイドライン2017年版修正」に関して

学会ニュース

日本産科婦人科学会から「HRTガイドライン2017年版修正」に関して

[2018.12.6]

日本産科婦人科学会が「HRTガイドライン2017年版修正」に関して発表した。

 

平成30年度診療報酬改定とその解釈で算定の考え方が変化したことから、HRTガイドライン2017年度版を資料のように修正いたします。

 

平成 30年度診療報酬改定とその解釈で算定の考え方が変化したことから、HRTガイドライン 2017年度版を以下のように修正いたします。
 
 
P156 <原文> 3.超音波検査 「下肢静脈血栓症」を疑った場合には、超音波検査を行って血流状態を確認することが一般的で ある。 【保険上の注意】 超音波断層法(心臓超音波検査を除く)のその他(頭頸部、四肢、体表、末梢血管等)の点数で 算定する。パルスドプラ法を使用し血流状態を確認した場合には、この点数に加算点数を合算し て算定する。
 
【解説】

超音波断層法(心臓超音波検査を除く)の所定点数は、複数の臓器を観察するものと考えてお り、超音波断層法(心臓超音波検査を除く)のその他の所定点数は、単一臓器を観察するものと 考えられている。経腟超音波検査は、子宮・卵巣・卵管・膀胱などの複数臓器を観察可能である として、超音波断層法(心臓超音波検査を除く)の所定点数の算定が可能である。したがって、 同一日に複数科にかかり、肝臓・胆嚢・脾臓・腎臓の検査が行われた後に、婦人科で婦人科臓器 の観察を行っても1回とみなされる。また、乳房超音波検査と経腟超音波検査は、検査の区分上 同一項目の中に存在しているため、同一日には別に算定できず、両検査を施行しても経腟超音波 検査のみの診察料で請求することになっている。
 
 
<改定後>

【保険上の注意】

超音波断層法(心臓超音波検査を除く)の下肢血管の点数で算定する。パルスドプラ法を使用し 血流状態を確認した場合には、この点数に加算点数を合算して算定する。
 
【解説】

超音波断層法(心臓超音波検査を除く)の所定点数は、複数の臓器を観察するものと考えてお り、経腟超音波検査は、子宮・卵巣・卵管・膀胱などの複数臓器を観察可能であるとして、超音 波断層法(心臓超音波検査を除く)の所定点数での算定が可能となっている。これまで、超音波 断層法(心臓超音波検査を除く)のその他の所定点数を用いてきたが、平成 30年の改定で、下肢 血管が新たに設けられたので、この点数を用いて請求する。また、同一日に複数科にかかり、肝 臓・胆嚢・脾臓・腎臓の検査が行われた後に、婦人科で婦人科臓器の観察を行っていた場合、同 日診察料を算定している場合には、同一日であっても、2回算定可能とする解釈に変わりつつあ る。なお、乳房超音波検査と経腟超音波検査は、検査の区分上同一項目の中に存在しているた め、同一日には別に算定できず、超音波断層法(心臓超音波検査を除く)の所定点数で算定す る。同様に、同一日に下肢血管の超音波検査を施行しても超音波断層法(心臓超音波検査を除 く)の所定点数で請求する。ただし、下肢血管の超音波検査にパルスドプラ加算を算定した場合 には、超音波断層法(心臓超音波検査を除く)の所定点数より高くなるので、下肢血管の超音波 検査にパルスドプラ加算を算定した点数で請求する。

 

 P157 2.細胞診検査 【保険上の注意】 <原文> 加算点数を加えて算定する(現状は子宮頸部細胞診のみ)。
 
 
<改定後> 加算点数を加えて算定する。 (現状は子宮頸部細胞診のみ)は削除

 

 

修正に関する資料はこちらよりご覧ください。

 



Image from

新着学会ニュース
日本遺伝学会からのお知らせ「第19回(2019年度)「一般財団法人材料科学技術振興財団 山崎貞一賞」の募集」に関して

[2019.2.15]

全文見る

日本遺伝学会からのお知らせ「第19回(2019年度)「一般財団法人材料科学技術振興財団 山崎貞一賞」の募集」に関して

日本遺伝学会が「第19回(2019年度)「一般財団法人材料科学技術振興財団 山崎貞一賞」の募集」に関して発表した。   【募集要綱概要】 ■山崎貞一賞 「一般財団法…

増加傾向の化膿性脊椎炎 長期化に注意

[2019.2.15]

全文見る

増加傾向の化膿性脊椎炎 長期化に注意

 腰痛は日本人にとってごくありふれた症状の一つだが、その原因はさまざまで、中には重い病気が隠れていることがある。  重い脊椎(せきつい)疾患の可能性を疑うべき…

日本外科学会からのお知らせ「第71回「保健文化賞」候補者の推薦」に関して

[2019.2.14]

全文見る

日本外科学会からのお知らせ「第71回「保健文化賞」候補者の推薦」に関して

日本外科学会が「第71回「保健文化賞」候補者の推薦」に関して発表した。   厚生労働省健康局を通じ、第一生命保険株式会社より標記授賞候補の推薦依頼が…

新型出生前診断  開業医も要件大幅緩和へ

[2019.2.14]

全文見る

新型出生前診断 開業医も要件大幅緩和へ

 12日夜、妊婦の血液から胎児の染色体異常を推定する新型出生前診断(NIPT)の拡大策を検討していた日本産科婦人科学会(日産婦)の倫理委員会は、検査できる医療…

日本胸部外科学会からのお知らせ「メドトロニック社製ペースメーカに関する回収情報(クラスI)」に関して

[2019.2.13]

全文見る

日本胸部外科学会からのお知らせ「メドトロニック社製ペースメーカに関する回収情報(クラスI)」に関して

日本胸部外科学会が「メドトロニック社製ペースメーカに関する回収情報(クラスI)」に関して発表した。    メドトロニック社製植込み型心臓ペースメーカ(デュア…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本産科婦人科学会から「HRTガイドライン2017年版修正」に関して」(2018年12月6日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
婦人科専門医 女性 35歳  婦人科専門医 女性 35歳 
実際に、家庭との両立をされている先生の話などを...
消化器内科専門医 男性 45歳 消化器内科専門医 男性 45歳
入職1日目にある患者の話をきっかけに内科部長と外...
腎臓内科専門医 (男性40代) 腎臓内科専門医 (男性40代)
就職前にトライアル勤務もできましたので大変円滑...
救命救急科 男性医師 51歳 救命救急科 男性医師 51歳
各科のバランスもよく、診療部長と院長が全力でバ...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ