専門医の医師の求人/募集/転職転職事例一覧 > 総合内科専門医 男性 36歳の転職事例

転職事例

総合内科専門医 男性 36歳

NO IMAGE

2度目の転職

前職

腎臓内科
外来、病棟管理、透析管理
週4日勤務
近畿地方

矢印 現職

総合内科
外来、病棟管理
週5日勤務
近畿地方


転職のきっかけ

本部の対応のあまりの冷たさに、将来性を考えるといつまでもこの法人で働くことはできないと判断しました。

新しい職場へのご要望

前の病院で味わったような、頑張っても報われない事の無い、一人一人を大事にする経営者の下で働きたい、とういうのが希望でした。

年収はもちろん好条件であれば、助かりますが、最優先事項は個々を尊重し合える団体・法人にお世話になる事を希望しました。

また、人工透析の勉強はしていましたが、専門性を持つのではなくアクティブに内科領域に取り組める総合内科を目指しており、消化器内視鏡検査は少しは出来ますが、それ以外にも循環器や呼吸器などのレクチャーも受けたいと考えていました。

転職活動の経過

相談後、その二日後には直接会って相談に乗ってもらっていました。

医師の転職市場の現状の説明を受けたあと、退職決意の経緯や希望内容について話し、希望に沿う医療機関やそれ以外にも様々なバリエーションの医療機関のリストと詳細情報をもとに応募先の条件や応募先を絞り込んでいきました。

最終的に、「透析管理をさせてくれる病院で、通勤時間が1時間以内で、自立支援医療(腎臓)の施設申請資格を獲得できる」医療機関の中で特に気に合った病院に面接に。

入職3ヶ月後の感想

透析医療の立ち上げに関わることができ、自分の力を試す事が出来る環境で働けています。

専門医局の担当者の対応

担当してくれているコンサルタントの方が、経験豊富で、自分の素直な気持ちを伝えれば、それに見合う環境を用意してくれた為、安心して相談できました。期待通りの対応をしてくださり、本当に感謝しています。

転職事例一覧へ お問い合わせ
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の総合内科専門医 男性 36歳の転職事例ページです。

医師のプロフィール(性別、年齢、医療機関の形態、年収等)、転職のきっかけ、新しい職場へのご要望、転職活動の経過、入職3ヶ月後の感想、専門医局の担当者の対応等をまとめています。

その他の転職事例は一覧にまとめていますのでご覧ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
放射線科専門医 男性(36歳) 放射線科専門医 男性(36歳)
勤務を続けながら転職活動をするのは大変でしたが...
内科専門医  女性医師 38歳 内科専門医  女性医師 38歳
子育てに理解のある環境でとても働きやすいです。
放射線科専門医 女性(30代) 放射線科専門医 女性(30代)
環境に慣れてきました。専門医を取得してまだ数年...
小児科専門医 女性 35歳 小児科専門医 女性 35歳
自宅から歩いて通え、保育施設があり社員の育児に...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ