専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本肝臓学会からのお知らせ「肝臓専門医「研修プログラム整備基準(Ver3)」に関して

学会ニュース

日本肝臓学会からのお知らせ「肝臓専門医「研修プログラム整備基準(Ver3)」に関して

[2018.10.9]

日本肝臓学会が「肝臓専門医「研修プログラム整備基準(Ver3)」に関して発表した。

 

 ご存知のように新たな専門医制度の基本は2段階制度です。即ち、19の基本領域の専門医と、その上に位置するサブスペシャルテイー領域(以下、サブ領域)の専門医から本制度は構成されています。新しい専門医制度では、原則として医師はいずれかの基本領域の専門医を最初に取得することが要求されます。そのうえで、サブ領域の専門医の取得に進みます。

   

 肝臓専門医はサブ領域の専門医の一つとして、既に日本専門医機構に認定されています。

 実際には、内科専門医、 あるいは外科専門医(予定)、小児科専門医(予定)、放射線科専門医(予定)などの基本領域を取得したうえで、肝臓専門医を取得するという流れになります。 

その中で内科領域では、内科専門医のための研修プログラムで学びつつ、連動研修、並行研修という形でサブ領域の肝臓専門医のカリキュラムに沿って研修を行うことが可能です。言い換えれば、内科専門医と肝臓専門医の研修をほぼ同時期に行い、内科専門医を取得した後に、肝臓専門医を取得することができます。

 また新専門医制度では、基本領域の専門医取得はプログラム制に基づき、決められた時間的スケジュールに沿って研修を行う一方、肝臓専門医をはじめとして多くのサブ領域専門医の研修にはカリキュラム制が導入されておりますので、時間的な制約に縛られることなく、各自の研修環境や生活設計に応じた形で、定められた症例を経験し知識や技能を習得していくことが可能で、柔軟性のある専門医研修が行えます。

 

会員、特に指導医の先生方には、本整備基準に沿った形で専攻医の教育指導をお願いすることになります。また専攻医の皆さんには、本研修プログラムに沿って専門医研修を修了されたうえで肝臓専門医の仲間入りをされ、本邦の肝疾患診療に貢献されることを期待しています。

 

【 添付 】 肝臓専門医専攻研修プログラム整備基準 ver.3

 



Image from 日本肝臓学会

新着学会ニュース
日本遺伝学会からのお知らせ「第19回(2019年度)「一般財団法人材料科学技術振興財団 山崎貞一賞」の募集」に関して

[2019.2.15]

全文見る

日本遺伝学会からのお知らせ「第19回(2019年度)「一般財団法人材料科学技術振興財団 山崎貞一賞」の募集」に関して

日本遺伝学会が「第19回(2019年度)「一般財団法人材料科学技術振興財団 山崎貞一賞」の募集」に関して発表した。   【募集要綱概要】 ■山崎貞一賞 「一般財団法…

増加傾向の化膿性脊椎炎 長期化に注意

[2019.2.15]

全文見る

増加傾向の化膿性脊椎炎 長期化に注意

 腰痛は日本人にとってごくありふれた症状の一つだが、その原因はさまざまで、中には重い病気が隠れていることがある。  重い脊椎(せきつい)疾患の可能性を疑うべき…

日本外科学会からのお知らせ「第71回「保健文化賞」候補者の推薦」に関して

[2019.2.14]

全文見る

日本外科学会からのお知らせ「第71回「保健文化賞」候補者の推薦」に関して

日本外科学会が「第71回「保健文化賞」候補者の推薦」に関して発表した。   厚生労働省健康局を通じ、第一生命保険株式会社より標記授賞候補の推薦依頼が…

新型出生前診断  開業医も要件大幅緩和へ

[2019.2.14]

全文見る

新型出生前診断 開業医も要件大幅緩和へ

 12日夜、妊婦の血液から胎児の染色体異常を推定する新型出生前診断(NIPT)の拡大策を検討していた日本産科婦人科学会(日産婦)の倫理委員会は、検査できる医療…

日本胸部外科学会からのお知らせ「メドトロニック社製ペースメーカに関する回収情報(クラスI)」に関して

[2019.2.13]

全文見る

日本胸部外科学会からのお知らせ「メドトロニック社製ペースメーカに関する回収情報(クラスI)」に関して

日本胸部外科学会が「メドトロニック社製ペースメーカに関する回収情報(クラスI)」に関して発表した。    メドトロニック社製植込み型心臓ペースメーカ(デュア…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本肝臓学会からのお知らせ「肝臓専門医「研修プログラム整備基準(Ver3)」に関して」(2018年10月9日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
泌尿器科専門医 男性医師 40代 泌尿器科専門医 男性医師 40代
病院側は以前からまとまった経験のある泌尿器科医...
一般内科 女性 52歳 一般内科 女性 52歳
子育てしながらはやはり大変な面もありますが、本...
内科専門医 男性 38歳 内科専門医 男性 38歳
転職して2年目に入りました。2年目からは 年収が...
循環器内科 男性 35歳 循環器内科 男性 35歳
人柄はもちろん、なによりやりたかったカテーテル...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ