専門医の医師の求人/募集/転職転職事例一覧 > 内科専門医 女性 35歳の転職事例

転職事例

内科専門医 女性 35歳

NO IMAGE

取得資格は、日本内科学会認定医

前職

内科
外来、病棟、透析管理
週5日勤務
900万

矢印 現職

人工透析科
透析管理
週5日勤務
1300万


転職のきっかけ

家族の都合で転居することになり、転職を考えました。

新しい職場へのご要望

職務内容は透析専門医をとりたいので、指導体制がしっかりしているところが第一条件でした。また、入院・外来問わず透析管理業務を希望しました。また、小さい子供がいるので、当直なしを希望しました。

転職活動の経過

登録当初は、透析専門医を取りたくて指導体制重視で、かつ透析管理業務を希望しました。しかし、実際に病院の情報をみたり見学していくと、両方の条件を満たす病院はなかなかありません。指導体制は良いが、一般内科業務が入るほか、病院周辺の治安面に不安のある病院。認定施設ではなく関連施設だが、透析管理に従事できる病院にするか。

かなり悩みましたが、コンサルタントの方が、それぞれの転職候補先のメリットとデメリットをまとめてくれ、何を第一優先にしてどこを選ぶか、考えぬきました。最終的に、透析専門医の認定施設ではないけれど、透析業務専従で、事務長が女性で女性医師に対して理解があり、給与も他の候補より500万円ほど高い、今の病院への転職を決めました。

入職3ヶ月後の感想

連絡も頻繁にして頂き、私の状況を良く理解した上で転職をサポートして頂き非常に感謝しております。

専門医局の担当者の対応

転職事例一覧へ お問い合わせ
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の内科専門医 女性 35歳の転職事例ページです。

医師のプロフィール(性別、年齢、医療機関の形態、年収等)、転職のきっかけ、新しい職場へのご要望、転職活動の経過、入職3ヶ月後の感想、専門医局の担当者の対応等をまとめています。

その他の転職事例は一覧にまとめていますのでご覧ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
救命救急科 男性医師 51歳 救命救急科 男性医師 51歳
各科のバランスもよく、診療部長と院長が全力でバ...
総合内科専門医 男性42歳 総合内科専門医 男性42歳
土日休みなのに収入はこれまでの倍近いという、条...
リハビリテーション科専門医(男性40代) リハビリテーション科専門医(男性40代)
先生にとっての新天地となった病院には、回復期リ...
循環器専門医 男性40代 循環器専門医 男性40代
時期によって日々忙しいこともやはりあるそうです...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ