専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本専門医機構からのお知らせ「総合診療領域の専門研修を希望される方」に関して

学会ニュース

日本専門医機構からのお知らせ「総合診療領域の専門研修を希望される方」に関して

[2017.10.11]

日本専門医機構が「総合診療領域の専門研修を希望される方」に関して発表した。

 

 平成30年4月からの総合診療専門研修の登録につきましてお知らせいたします。
総合診療専門研修を希望されるは、下記日時より、HPの該当ページURLからご登録・ご応募が可能となります。
   希望される方は、確認の上、ご登録ください。

 

●「専攻医」の一次登録

平成29年10月10日~平成29年11月15日 一次登録期間
平成29年11月16日~平成29年11月30日 一次登録確認期間
平成29年12月 1日~平成29年12月14日 一次採用期間
平成29年12月15日 一次採否結果通知

 

●「専攻医」の二次登録

平成29年12月16日~平成30年1月15日 二次登録期間
平成30年 1月16日~平成30年1月31日 二次登録確認期間
平成30年 2月 1日~平成30年2月14日 二次採用期間
平成30年 2月15日 二次採否結果通知

 

●専攻医登録について

10月10日(火)12時(お昼)より、登録等が行えます。

 

※現在、「専攻医募集定員数」を最終調整中(表示は、9999名)のプログラムがあります。
決定次第、正式な募集定員数を掲載いたします。
※出産・育児等で研修に支障がでた女性医師等についてはプログラムやスケジュール変更等にて対応いたします。

 

●専攻医登録システムの専攻医向けマニュアルにつきまして

「専攻医登録システム操作マニュアル(専攻医登向け)」は下記よりご確認ください。ダウンロードも可能です。
https://senkoi-support.jmsb.jp/files/senkoi_manual.pdf

 

●お問い合わせ

「専攻医登録システム」及び「総合診療専門研修」の問い合わせにつきまして、下記までお願い申し上げます。

・総合診療専門研修について
日本専門医機構事務局内 「総合診療専門医事務局」
メール:senmoni-sougoui@wind.ocn.ne.jp 

・専攻医登録システムについて
システムサポート
メール:senkoi-support@jmsb.jp



Image from 日本専門医機構

新着学会ニュース
日本小児外科学会からのお知らせ「ワークライフバランス検討委員会 第5回 講演会」に関して

[2017.10.23]

全文見る

日本小児外科学会からのお知らせ「ワークライフバランス検討委員会 第5回 講演会」に関して

日本小児外科学会が「ワークライフバランス検討委員会 第5回 講演会」に関して発表した。   【第5回講演会のお知らせ(第33回日本小児外科学会秋季シンポジウム…

日本周産期・新生児医学会からのお知らせ「周産期学教育セミナー新規動画掲載」に関して

[2017.10.20]

全文見る

日本周産期・新生児医学会からのお知らせ「周産期学教育セミナー新規動画掲載」に関して

日本周産期・新生児医学会が「周産期学教育セミナー新規動画掲載」に関して発表した。    日本周産期・新生児医学会の教育・研修委員会では、学会員に対する周産期…

「病気腎移植」を「先進医療」として 厚労省部会、条件付きで了承

[2017.10.20]

全文見る

「病気腎移植」を「先進医療」として 厚労省部会、条件付きで了承

 19日、厚生労働省の先進医療技術審査部会は東京都内の病院が申請した「病気腎移植」を、「先進医療」として条件付きで認めた。腎臓がんなどの患者から摘出した腎臓を、…

日本産科婦人科学会からのおしらせ「市民とともに日本における子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの今後を考えるの開催」に関して

[2017.10.19]

全文見る

日本産科婦人科学会からのおしらせ「市民とともに日本における子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの今後を考えるの開催」に関して

日本産科婦人科学会が「市民とともに日本における子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの今後を考えるの開催」に関して発表した。    日本における子宮頸がん予防の適切な…

麻疹感染拡大の可能性 発症者の広範囲移動が原因か

[2017.10.19]

全文見る

麻疹感染拡大の可能性 発症者の広範囲移動が原因か

 17日、国立感染症研究所は今年の麻疹の患者数が今月8日までの集計で185人となり、昨年1年間の患者数(159人、暫定値)を超えたと発表した。9月には、入国した…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本専門医機構からのお知らせ「総合診療領域の専門研修を希望される方」に関して」(2017年10月11日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
形成外科専門医 女性(30代後半) 形成外科専門医 女性(30代後半)
初月は患者様の引き継ぎなどで大変でしたが、事務...
消化器内科専門医 男性 45歳 消化器内科専門医 男性 45歳
スキルを磨ける職場を得られたと喜んでいます。
放射線科専門医 男性(36歳) 放射線科専門医 男性(36歳)
勤務を続けながら転職活動をするのは大変でしたが...
透析専門医・腎臓内科専門医(男性 38 歳) 透析専門医・腎臓内科専門医(男性 38 歳)
家族との時間も取り易い勤務条件となり、年収も下...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ