専門医の医師の求人/募集/転職転職事例一覧 > 循環器専門医 (男性 30代後半)の転職事例

転職事例

循環器専門医 (男性 30代後半)

NO IMAGE

豊富なカテーテル治療の実績を持ち、スキル向上を目指し転職

前職

急性期病院
循環器内科
週4,5日
冠動脈造影検査、カテーテル治療、外来診療、病棟管理

矢印 現職

急性期病院
循環器内科 副部長
1780万円+当直別途
週4,5日
冠動脈造影検査、カテーテル治療、外来診療、病棟管理


転職のきっかけ

以前の勤務先は、地域で熱心に救急医療の強化を進めている病院でした。循環器科チームもスタッフはそろっていました。しかし、あまりに急いで全体のボトムアップをしようとしていたため、バランスが崩れていました。我々スタッフにかかる荷重が許容を超えていたため、当初の半分以下のスタッフに減ってしまうまでさほど時間はかかりませんでした。

新しい職場へのご要望

年収維持またはアップ
PCI、アブレーションなど循環器科としてのスキル維持・向上

転職活動の経過

ある程度メンバーが集まっている病院への就職機会は限られることは承知していました。特に大学から派遣を受けているところは先ずないと考えていたのですが、予想外に派遣を受けている病院からもオファーを受けました。大学も以前のように潤沢にマンパワーがあるわけではなくなってきているため、スキルのある方であれば後進の指導もという申し出でした。既に何年も前に大学医局は退局していましたし、人事的な影響は受けないとのことでしたので、考えてみる価値はあると思いました。ただ不安があったことも確かでした。
それを察してかその後、2ヶ月間の非常勤での勤務オファーがあり、実際に中に入って勤務体験できたため安心できました。周囲の先生方の印象はよく、こちらに常勤として勤務することに決めました。

入職3ヶ月後の感想

入職から数か月後に、治療機材も新しいものが導入され、治療もし易くなりました。幸い病院側も配慮してくれており有難いです。

専門医局の担当者の対応

こちらの不安を解消できるように働きかけてくれていたと思います。

転職事例一覧へ お問い合わせ
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の循環器専門医 (男性 30代後半)の転職事例ページです。

医師のプロフィール(性別、年齢、医療機関の形態、年収等)、転職のきっかけ、新しい職場へのご要望、転職活動の経過、入職3ヶ月後の感想、専門医局の担当者の対応等をまとめています。

その他の転職事例は一覧にまとめていますのでご覧ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
消化器内科専門医 男性 40歳 消化器内科専門医 男性 40歳
私にとって理想的な病院でした。指導医としての役...
麻酔科専門医 男性 38歳 麻酔科専門医 男性 38歳
実際、外科医との意見交換や回復期スタッフとのコ...
産婦人科専門医 女性 38歳 産婦人科専門医 女性 38歳
今の仕事にはやりがいを感じています。 不妊症治...
消化器内視鏡専門医 男性(43歳) 消化器内視鏡専門医 男性(43歳)
勤務にも慣れ、充実した日々を過ごしています。消...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ