専門医の医師の求人/募集/転職スペシャルインタビュー >池田 直史 氏 さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長

スペシャルインタビュー
池田直史

チーム医療は義務!「まとまりある医療」の発展と普及へ

池田 直史 氏

さやま腎クリニック院長、
埼玉石心会病院腎臓内科部長

初めはパート先だったという、埼玉石心会病院の“まとまりある医療”に惹かれたという池田先生。「スタッフのベクトルが同じ方向を向いているというのを肌で感じたんですよね。何か方針が決まると対応も早いんです--」

患者さん主体の地域に密着した、高度な医療を提供することを理念に掲げる石心会グループの中で、さやま腎クリニック院長と埼玉石心会病院腎臓内科部長を兼担する、池田直史氏にお話を伺った。

“心腎連関”の考え方から腎臓内科の道へ

初めは循環器に興味を持ったという池田先生だが、埼玉医大の医局にいた当時、鈴木洋通教授から言われた「腎臓から循環器をみるのもいい」という言葉に興味を持ち、腎臓内科の道へと進んだ。

埼玉石心会病院の腎臓内科では、検尿異常の方から重症患者まで、1日平均30人~40人程度の患者さんが入院しており、その他、急性血液浄化といった依頼を受けてのコンサルテーションも行っている。さやま腎クリニックでは主に透析の患者を診ており、また、クリニックの特徴として先端医療である「在宅透析」を導入している。棲み分けがされている病院とクリニックを、「多い時では1日10往復ぐらい行き来しますよ」と、フットワーク軽く勤務にあたる毎日だ。

HDP向上のため、先端医療である「在宅透析」を推奨

さやま腎クリニックでは「在宅透析」の普及に努めている。

「在宅というと、自宅でもできますよというのがウリだと思われがちですが、そうではないんですね。HDP(ヘモダイアリシスプロダクト=適正透析の指標/時間×回数の2乗)で言うと、適正透析量は70以上とされています。ところが、一般的に日本で行われているのは、4時間×週3回の2乗=36ということになりますから、日本で透析されている患者さんは、透析不足ということになります。それを改善するために、短時間を頻回に透析する方法で保険収載されているのが『在宅血液透析』なんです。我々の施設の場合、3時間×週5回の2乗=75ですから、より適正量の透析を行えていることになります」

主に65歳未満の就労されている方を中心に推奨している。遠隔で患者さん自身が行うにはリスクも懸念されるが、3か月間しっかりとトレーニングを受けていただき、緊急連絡先として24時間技士を待機させ、必ず家族がいる状態で透析を行うなどのルールの下、患者さん、そして推奨する医師にとっても、安心を担保できるシステムが構築されている。

「在宅透析というのは、わざわざ施設に行かなくても済みますよという話ではなく、きちんと透析を行い、なるべく毒素を抜きましょう、その方がお体に良いですよということなんです。日頃から健常時に近い状態にいることが、患者さんの予後の改善にも良いわけですし、在宅透析により毒素がしっかり抜けることは、例えば、血圧の薬やリン吸着の薬、そして腎性貧血の注射が要らなくなるなど、長期的にみると医療費の削減にも繋がりますから、そういった観点からもお奨めです」

快適な環境づくり


透析を担っているため、池田先生のもとを訪れる患者さんとは長い付き合いになる。そこで患者さんにとって居心地の良いクリニックであることは重要だ。

さやま腎クリニックでは、2002年の診療報酬改定で食事加算が撤廃された後も、「食事も治療の一環」という石井理事長の理念のもと、「おいしさをあきらめない」をモットーに、無償で透析食を提供している。「在宅透析をお奨めしてはいますが、クリニックでは食事もできますし、皆さんクリニックでの居心地がいいみたいで(笑)施設長としては嬉しいのですが、医師としては悩みどころですね……」と、嬉しさ交じりの苦笑いを見える池田先生。定期的に患者さんの満足度調査も行っている。

「スタッフには患者さんにとって良い環境をつくり出したいという自覚を持ってやっていただけていますし、もともと石心会という組織がそのような素地を持っていたので、患者さんに寄り添う環境を熟成しやすかったと思います」

また、スタッフにとっては、各科の先生、そして職種間での連携が取れているため、明確なビジョンを持ってやりたい医療があれば、協力が得られやすい環境だという。例えば、技士の間で様々な班が作られ、自分たちで議論を繰り返し、池田先生は最終的な決裁をする。循環器領域で使用されているASV(アダプティブ・サーボ・ベンチレーション/マスク式人工呼吸器)を透析の患者さんに導入するという先駆けの試みも、技士などが加わった班によって成された。

「必ずしも医師主導でやるわけではなく、技士や看護師が肉付けをしたりして、いろんな臨床の研究や先駆的な臨床の工夫へと繋げています」

「若手の先生には、臨床だけに留まらず研究で結果を出したり、医師としてレベルアップしたり、もちろんプライベートの充実も図って欲しいしですね。僕には仕事によってご本人の希望が犠牲にならないように考える責任があると思います」

それぞれの職種による技術や知識を最大限に生かせる土壌を作り、プライベートへの配慮も忘れない。スタッフが快適に就業できれば、それがおのずと患者さんの居心地の良さも生み出していく。

義務としてのチーム医療

池田先生は、他のスタッフに任せられることは任せ、スタッフの成長を促している。それは互いの信頼関係が成り立っているからこそできるものだ。

「なかなか一朝一夕にはそういう雰囲気を作るのは難しいですが、スタッフがそこを重要視してくれているので、僕としても助かっています。自分一人のアイディアでは見えているポイントが限られるので、いろんなスタッフの声を聴くことで想像以上の気づきもあります。もちろんそれぞれ得手不得手もあると思いますし、チームで負担して行った方が仕事もしやすいと思います」

「例えば慢性腎臓病の患者さんを診ていくには、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、ソーシャルワーカーもいます。その上、透析になった場合には技士も必要です。医師ができることは限られていますから、チーム医療は皆で連携して上手くやって行きましょうというものではなく、お互いをカバーしながら総合的に力を発揮して行きましょうというものなんですね。ですから、チーム医療は達成目標ではなく義務なんです!」


弊社代表・徳武と池田院長

最後に、腎臓内科を目指す若手の医師へのメッセージと、ご自身の展望を伺う。

「腎臓はいろんな内科系の病気と繋がっていますから、腎臓以外のサブスペシャリティーについて、もう一度勉強していただく機会があるといいかなと思います。例えば透析治療になる過程で、いろんな合併症を患っていることもありますから、腎臓だけを見ていればいいということではなく、内科的な内容については網羅できる診療技術を身に付けていただきたい思いがあります。そして若い先生には資格をなるべく最短で取って欲しいですね。“専門医制度は信用”ですから。それに対しての最大限のバックアップはしていきたいと思っています」

「症例も豊富ですし、循環器に力のある病院なので、コラボレートして臨床研究に励んでいきたいですね。やりたい医療をするには人材が必要ですから、しっかりと結果を出して、石心会という素晴らしい病院が全国的にも認知してもらえると嬉しいです。それが優秀な人材を引き寄せる磁石になると思っています」

患者さんに寄り添うチーム医療を実現するため、職種間の連携を大切にし、多角的な視点を集結させる。それは池田先生が当初感じた“まとまりある医療”の体現であり、今やご自身がその先へとベクトルの方向付けを担っている。

(取材・文・安海麻理子)

池田 直史(さやま腎クリニック院長、 埼玉石心会病院腎臓内科部長)

プロフィール

1995年 埼玉医科大学 卒業
1996年5月 埼玉医科大学 内科ローテーション
1998年5月 埼玉医科大学腎臓内科 入局
2000年6月 誠弘会 池袋病院 内科
2001年6月 埼玉社会保険病院 内科
2003年6月 埼玉医科大学腎臓内科 帰室
2005年7月 埼玉医科大学腎臓内科 講師
2008年7月 埼玉医科大学腎臓内科 副診療科長
2010年5月 埼玉石心会病院 腎臓内科部長
2011年5月 さやま腎クリニック 院長

所属学会

臨床研修指導医
日本内科学会認定医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本腎臓学会認定専門医
日本透析医学会専門医
日本救急医学会ICLSコースディレクター
医学博士(埼玉医科大学)
日本医師会認定産業医
身体障害者指定医

新着スペシャルインタビュー

ICTが救急医療を変える! 企業家が語る医療の未来
夏井 淳一氏 いわゆる「患者のたらい回し」、緊急度の低い救急出動要請など、なにかとメディアでとりあげられる救急医療。ネガティブな話題も多く問題点も取り沙汰されるが、今、そんな救急医療が変わろうとしている。そこには、現場で働く人々の熱量はもちろん、それを支える重要な役割を担うICTが存在していた。今回は救急医療の現場で導入されはじめている、救急医療管制支援システムe-MATCHを構築した株式会社バーズ・ビュー 代表取締役社長 夏井淳一氏にお話を伺いました。(本文につづく)

夏井 淳一 氏/バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長

現場で見えることだけが医療とは限らない! 視野を広げる重要性
飯島 勝矢氏 各分野で活躍されている医師を訪ねるスペシャルインタビュー。第26回は東京大学 高齢社会総合研究機構 准教授であり、内閣府「一億総活躍国民会議」有識者民間議員の飯島勝矢氏です。
(以下、本文より)医学部の大きな組織におり、病院でも働き、基礎研究や臨床研究を精力的にやって論文も書き、新薬の治験などもしてきた。それはもちろん大切だった。でも、もっと地域や国民一人一人に直接フィードバック出来、最終的には地域に根付くメッセージを構築したいと思いました。(本文につづく)

飯島 勝矢 氏/東京大学 高齢社会総合研究機構准教授

治療も環境も、フルコースを目指して!
堀内 祐紀氏 各分野で活躍されている医師を訪ねるスペシャルインタビュー。第25回は医療法人社団ケイロン 秋葉原スキンクリニック院長 堀内祐紀氏です。
(以下、本文より)人のために時間を費やす仕事なので、自分の権利だけを振りかざすような心持ちでは難しいと思います。人のことを想って動くスタンスは崩してはいけない。人から期待される仕事なので何を期待されているのか常にアンテナを張り巡らせていたい。(本文につづく)

堀内 祐紀 氏/秋葉原スキンクリニック院長

チーム医療は義務!「まとまりある医療」の発展と普及へ
チーム医療は義務!「まとまりある医療」の発展と普及へ 各分野で活躍されている医師を訪ねるスペシャルインタビュー。第24回目は社会医療法人財団石心会 埼玉石心会病院 腎臓内科部長・さやま腎クリニック院長 池田直史氏です。
(以下、本文より)例えば慢性腎臓病の患者さんを診ていくには、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、ソーシャルワーカーもいます。チーム医療は皆で連携して上手くやって行きましょうというものではなく、お互いをカバーしながら総合的に力を発揮して行きましょうというものなんですね(本文につづく)

池田 直史 氏/さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長

心配や反対を振り返るな! そこで得たものとは
心配や反対を振り返るな! そこで得たものとは 各分野で活躍されている医師を訪ねるスペシャルインタビュー。第23回目は医療法人財団神尾記念病院 耳鼻咽喉科・専門医 田中健氏です。
(以下、本文より)新天地で働くと決めたとはいえ、周囲からの反対と心配も多くあったと言う。「今の勤務先であと1年頑張れば大学医局の後ろ盾のもと、転職先に出してくれるという話もありました。でもその1年は、私の人生の中の1年です。たまたまポストが空くという幸運があったからこそで、1年後にはそれが有るのかもわからない」(本文につづく)

田中 健 氏/医療財団法人 神尾記念病院

医療と社会を結ぶ仕事 人のためだからこそ一生懸命にできる
医療と社会を結ぶ仕事 人のためだからこそ一生懸命にできる 第22回スペシャルインタビュー。今回は困難な病気を患っている児童及びその家族を支援するための滞在施設、ドナルド・マクドナルド・ハウスを運営する公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長 長瀬淑子 氏です。
(以下、本文より)「ハウスの機能には様々なメリットがあります。医療現場はちょっと閉鎖的な部分もあるので、患者と医療者というのは非常に緊張した関係でもあります。そこに社会が少し介入することで、うまく収まる可能性があるんです」 (本文に続く)

長瀬 淑子 氏/公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長

過去のインタビューはこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

池田 直史 氏 (さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長)へのインタビューを掲載しています。
これまでの医師としてのご経験や、現在のお仕事、力を入れていらっしゃるお取り組みなどを、じっくりうかがいました。
その他の専門医としてご活躍の先生方のインタビューも一覧よりご覧ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
形成外科 女性医師 38歳 形成外科 女性医師 38歳
美容形成外科は未経験なので毎日が新鮮で日々勉強...
総合内科専門医 男性(30代) 総合内科専門医 男性(30代)
これまでの大学病院勤務とはまったく異なる環境で...
耳鼻咽喉科 男性医師 35歳 耳鼻咽喉科 男性医師 35歳
まだ慣れるのに必死ですが、スキルを磨き、目標の...
皮膚科専門医 女性 28歳 皮膚科専門医 女性 28歳
もっと皮膚外科の技量も磨きたいと思っていました...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ