専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 10連休中の医療態勢 多くの医療機関が特別に診療日を設定

学会ニュース

10連休中の医療態勢 多くの医療機関が特別に診療日を設定

[2019.4.26]

 10日間という異例の長さになる今年の大型連休。病気やけがの人がスムーズに治療を受けられるよう、神奈川県内医療関係者は準備を進めている。県は医療機関の診療日一覧をホームページで公開。多くの医療機関も地域性や機能に応じ特別に診療日を設定する。

 

 年間約1万4千台の救急車を受け入れる湘南鎌倉総合病院では、連休中に毎日救急患者を受け入れるほか、例年なら平日にあたる4月30~5月2日の3日間は主な診療科を開き、通常診療とする。開院することは今年1月中旬からホームページで周知し始めた。開院すると知られることで、周辺の小規模な医療機関も、安心して開院できるようになることを期待したためだという。「患者を断らない医療をしています。遠慮なくご連絡、ご来院下さい」と同院の前川俊輔事務局長は話す。

 

 横浜東邦病院も10日間、内科、整形外科は毎日診療。4月27日、30日~5月2日は全科で診療する。同院は約40年前の開院時から、年中無休診療。年末年始や大型連休は来院する地域住民で混雑するという。担当者は「地域のみなさまの期待を感じています。休みの日も開くことは地域医療での当院のつとめです」。

 一方、横浜市立市民病院は救急救命センターで急患を受け付ける。5月2日に主な診療科で予約患者を受け入れるが、それ以外の日は基本的に休診。ただし、継続治療が必要な人工透析や放射線治療などについては連休中も通常通り対応する。

 

 連休にあわせ、設備を改良する病院も。県立こども医療センターは連休中、電子カルテのシステム改修のため、6日以外は外来を休診する。

 県医師会によると、医療関係者が10連休中の医療の提供について検討を始めたのは昨年。我慢して重症化する患者が出たり、救急病院がパンクしたりするなどの恐れがあった。一方で、日本医師会のアンケートでは行政の危機意識の低さや、連休中の連携・情報共有がされていない実態が浮かび上がった。また、昨年11月に開かれた各郡市の医師会長の集まる会議では、検査業者や薬局が閉まっていると診療に支障があるなど、懸念が示された。

 県医師会は傘下の郡市医師会に検査業者や薬局などと連休中の営業日について調整するよう依頼。並行して県と分担し、県内の医療機関の診療日や時間などをアンケート。

県はウェブサイトで休日の診療態勢一覧を「4月27日から5月6日までの10連休における医療機関情報」として公開し、随時情報を更新している。県医師会の佐々木秀弘理事は「(医療の)穴になる地域がないよう、患者さんが困らない態勢を整えたい」と話す。

 

県医師会では連休前に自宅近くの医療機関の診療日や診療時間を確認しておくよう呼びかけている。

 


新着学会ニュース
専門医局の8月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

[2019.8.20]

全文見る

専門医局の8月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!

専門医局の8月1日~15日までの診療科別医師募集情報はコチラ!   ●内科:196件  (総合内科31、呼吸器:17、消化器:18、循環器20、血液:17、腎臓:21、神…

日本医学会からのお知らせ「第4回日本医学会子宮移植倫理に関する検討委員会の開催」に関して

[2019.8.20]

全文見る

日本医学会からのお知らせ「第4回日本医学会子宮移植倫理に関する検討委員会の開催」に関して

日本医学会が「第4回日本医学会子宮移植倫理に関する検討委員会の開催」に関して発表した。   第4回日本医学会子宮移植倫理に関する検討委員会 ●開催日時:2019年…

日本内科学会からのお知らせ「内科専門研修プログラム一次審査結果の公開」に関して

[2019.8.16]

全文見る

日本内科学会からのお知らせ「内科専門研修プログラム一次審査結果の公開」に関して

日本内科学会が「内科専門研修プログラム一次審査結果の公開」に関して発表した。   日本内科学会では新しい内科専門医制度のプログラム一次審査を行いました。 …

来年度、統一指標で実施へ 子どもの貧困、初の全国調査

[2019.8.16]

全文見る

来年度、統一指標で実施へ 子どもの貧困、初の全国調査

 政府は、都道府県別の子どもの貧困率などを正確に把握するため、統一指標を用いた全国調査を2020年度に実施する方向で調整に入った。全国規模での比較分析をしやす…

日本感染症学会からのお知らせ「第94回日本感染症学会学術講演会演題募集開始」に関して

[2019.8.16]

全文見る

日本感染症学会からのお知らせ「第94回日本感染症学会学術講演会演題募集開始」に関して

日本感染症学会が「第94回日本感染症学会学術講演会演題募集開始」に関して発表した。   日本語・英語での一般演題セッション(口演、ポスター)を公募いたします…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「10連休中の医療態勢 多くの医療機関が特別に診療日を設定」(2019年4月26日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
総合内科専門医 男性(39歳) 総合内科専門医 男性(39歳)
転居もスムーズに行き、新しい生活が始まり張り切...
皮膚科専門医 女性医師 40歳 皮膚科専門医 女性医師 40歳
はじめは慣れないこともありましたが今は少し慣れ...
皮膚科 女性医師 38歳 皮膚科 女性医師 38歳
週3日で夜勤もなく帰りには夕飯の買い物もでき、願...
内科専門医 女性 39歳 内科専門医 女性 39歳
前職先より患者数は多いですがやりがいを感じてま...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ