専門医の医師の求人/募集/転職東京都世田谷区 > 東京都世田谷区の消化器外科専門医の医師の求人/募集一覧

求人一覧

1~7件/全7件
<最初   1   最後>

【非常勤・アルバイト】消化器外科/東京都世田谷区/当直45,000円/金曜勤務


詳細ページを見る

医療法人 柏堤会 奥沢病院

当院は戸田中央医科グループの一員として、「患者様の意思とプライバシーを尊重し心のこもった質の高い医療サービスを提供すること」を基本理念としています。 さらに、近隣医療機関との連携を密にして地域密着型の医療機関として地域医療における救急医療の一翼を担っております。

求人ID 022229
業務内容 【救急対応】救急車:2~3台程・ウォークイン:5~6名程 【病棟管理】
募集科目 消化器外科
年収 当直45,000円
※交通費別途
所在地 東京都
ベッド数 94
勤務日 金 (非常勤)

【終了案件です】【常勤】消化器外科/東京都世田谷区/年収1,400万円~


詳細ページを見る
求人ID 006137
業務内容 【外来】 【病棟管理】 【内視鏡】 【手術】
募集科目 消化器外科
年収 年収1,400万円~(10年目標準)
所在地 東京都
ベッド数 94

【非常勤・アルバイト】消化器外科専門医/東京都世田谷区/当直50,000円/木曜勤務/医師


詳細ページを見る

医療法人社団 プラタナス 松原アーバンクリニック

内科・循環器科・消化器科の科目を有する医療機関です。外来による診療を行う一方で、在宅療養の支援やホスピス緩和ケアにも注力!院内には約18床の病床を備え、地域に根差した医療活動を展開しています。

☆2015年11月21日~勤務開始(10月8日~勤務可能な方、歓迎します!)

求人ID 015271
業務内容 【訪問診療】臨時往診、有料老人ホームおよび一般在宅患者様宅、患者数0~2名 【病棟管理】臨時対応
募集科目 消化器外科
年収 当直50,000円(交通費別途)
所在地 東京都
ベッド数 18
勤務日 木 (非常勤)
当直なし
週4日勤務

【常勤】消化器外科専門医/東京都世田谷区/年収1,700万円~/医師


詳細ページを見る

医療法人社団 プラタナス 松原アーバンクリニック

内科・循環器科・消化器科の科目を有する医療機関です。外来による診療を行う一方で、在宅療養の支援やホスピス緩和ケアにも注力!院内には約18床の病床を備え、地域に根差した医療活動を展開しています。

求人ID 015100
業務内容 【訪問診療】個人宅・施設(有料老人ホームなど)
募集科目 消化器外科
年収 年収1,700万円~(10年目以上標準)
所在地 東京都
ベッド数 18

【終了】【非常勤・アルバイト】消化器外科専門医/東京都世田谷区/当直50,000円/医師


詳細ページを見る

医療法人社団 プラタナス 松原アーバンクリニック

内科・循環器科・消化器科の科目を有する医療機関です。外来による診療を行う一方で、在宅療養の支援やホスピス緩和ケアにも注力!院内には約18床の病床を備え、地域に根差した医療活動を展開しています。

☆2014年5月~勤務開始

求人ID 010947
業務内容 【訪問診療】0~2件程 【病棟管理】18床
募集科目 消化器外科
年収 当直50,000円
所在地 東京都
ベッド数 18

【終了】【非常勤・アルバイト】消化器外科専門医/東京都世田谷区/日当直148,000円/医師


詳細ページを見る

社会福祉法人東京 有隣会 有隣病院

世田谷区の地域密着型病院です。特別養護老人ホームを2施設が併設されているだけでなく、その他に世田谷区立の2ヶ所の特別養護老人ホームの提携病院になっており、世田谷区の高齢者医療を支えています。

☆救急外来はありません

求人ID 009802
業務内容 【病棟管理】隣接する有隣ホーム、有隣第二ホームの担当もお願いします ※挿管必須
募集科目 消化器外科
年収 日当直148,000円
※交通費含む
所在地 東京都
ベッド数 251

【終了】【非常勤・アルバイト】消化器外科/東京都世田谷区/当直45000円


詳細ページを見る

医療法人 柏堤会 奥沢病院

当院は戸田中央医科グループの一員として、「患者様の意思とプライバシーを尊重し心のこもった質の高い医療サービスを提供すること」を基本理念としています。 さらに、近隣医療機関との連携を密にして地域密着型の医療機関として地域医療における救急医療の一翼を担っております。

求人ID 006808
業務内容 【救急対応】患者数10名程(内、救急搬入数3件) 【病棟管理】 ※ナート・挿管必須
募集科目 消化器外科
年収 当直45000円
※その他手当:入院1名につき3,000円
所在地 東京都
ベッド数 94

1~7件/全7件
<最初   1   最後>

消化器外科専門医に関する学会ニュース

日本消化器外科学会に関する講演会、学術集会の開催情報や学会からのお知らせを掲載しています。

日本外科学会からのお知らせ「高難度新規医療技術リストの改定」に関して

[2018.12.5]

全文を読む

日本外科学会からのお知らせ「高難度新規医療技術リストの改定」に関して

日本外科学会が「高難度新規医療技術リストの改定」に関して発表した。   平成28年6月の医療法施行規則の改正により、高難度の医療技術を用いた…

日本救急医学会からのお知らせ「【救急科専門医 新規申請】認証資格者の公募」に関して

[2018.11.19]

全文を読む

日本救急医学会からのお知らせ「【救急科専門医 新規申請】認証資格者の公募」に関して

日本救急医学会が「【救急科専門医 新規申請】認証資格者の公募」に関して発表した。    救急科専門医新規申請の第1次(救急勤務歴)審査および第2次…

日本救急医学会からのお知らせ「指導医 新規・更新」関して

[2016.4.6]

全文を読む

日本救急医学会からのお知らせ「指導医 新規・更新」関して

日本救急医学会が「指導医 新あ規・更新」関して発表した。    指導医の新規および更新申請の受付を,4月1日より開始いたしました。申請される方は,…

日本救急医学会からのお知らせ「日本救急医学会指導医 申請資格審査」に関して

[2015.12.29]

全文を読む

日本救急医学会からのお知らせ「日本救急医学会指導医 申請資格審査」に関して

日本救急医学会が「日本救急医学会指導医 申請資格審査」に関して発表した。    2016 年に日本救急医学会指導医の申請を予定している方で、勤務歴が足…

日本外科学会からのお知らせ「 NCDデータを用いた全国消化器外科領域腹腔鏡手術の現況に関する緊急調査結果(速報)」に関して

[2015.1.16]

全文を読む

日本外科学会からのお知らせ「 NCDデータを用いた全国消化器外科領域腹腔鏡手術の現況に関する緊急調査結果(速報)」に関して

日本外科学会が「 NCDデータを用いた全国消化器外科領域腹腔鏡手術の現況に関する緊急調査結果(速報)」に関して発表した。    本日、標記に…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

東京都世田谷区の病院/診療所/クリニックの消化器外科専門医(消化器外科医)の医師の求人/募集/転職情報の一覧です。 消化器外科専門医の医師の募集/求人は勤務形態(常勤/非常勤/アルバイト)、年収(報酬)、勤務内容、就業時間、医療機関の所在地、交通費の有無を掲載しています。

関東のの求人をご覧いただきたい方は茨城県の消化器外科専門医の求人/募集栃木県の消化器外科専門医の求人/募集群馬県の消化器外科専門医の求人/募集埼玉県(さいたま)の消化器外科専門医の求人/募集千葉県の消化器外科専門医の求人/募集東京都の消化器外科専門医の求人/募集神奈川県(横浜、川崎)の消化器外科専門医の求人/募集をご覧ください。

専門医局では消化器外科専門医の資格取得方法を多数掲載しております。非公開求人も多数ありますので詳細情報をご希望される場合は会員登録をしてください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
皮膚科専門医 女性医師 40歳 皮膚科専門医 女性医師 40歳
はじめは慣れないこともありましたが今は少し慣れ...
耳鼻咽喉科 男性医師 35歳 耳鼻咽喉科 男性医師 35歳
まだ慣れるのに必死ですが、スキルを磨き、目標の...
泌尿器科専門医 男性医師 40代 泌尿器科専門医 男性医師 40代
病院側は以前からまとまった経験のある泌尿器科医...
婦人科(不妊治療専門) 35歳 女性 婦人科(不妊治療専門) 35歳 女性
自分が感じていたより現場(患者の思い)は厳しく...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ