専門医の医師の求人/募集/転職東京都港区 > 東京都港区の透析専門医の医師の求人/募集一覧

求人一覧

1~1件/全1件
<最初   1   最後>

院長・部長
週4日勤務

【常勤】透析専門医/東京都港区/年収1,500万円~/院長職/医師


詳細ページを見る
求人ID 023264
業務内容 【透析管理】透析ベッド数:35床、2クール、患者数:98名程 ※院長職業務として、グループ内の会議・会合、医療連携の会など参加もお願いします。
募集科目 人工透析
年収 年収1,500万円~
※別途、院長職手当20~30万円程度/月~あります
所在地 東京都
ベッド数 35

1~1件/全1件
<最初   1   最後>

透析専門医に関する学会ニュース

日本透析医学会に関する講演会、学術集会の開催情報や学会からのお知らせを掲載しています。

患者の意思決定手続きで提言案 終末期以外も透析中止を許容

[2020.1.21]

全文を読む

患者の意思決定手続きで提言案 終末期以外も透析中止を許容

 公立福生病院(東京都福生市)で人工透析を中止した腎臓病の女性=当時(44)=が死亡するなどした問題を受け、日本透析医学会は20日、終末期ではない患…

「治療中止」や「最初から治療をしない」を選択肢に 学会ガイドライン改定

[2019.7.3]

全文を読む

「治療中止」や「最初から治療をしない」を選択肢に 学会ガイドライン改定

 日本透析医学会が来年3月までに、終末期ではない腎不全患者にも治療中止や最初から治療をしない非導入を拡大する方向でガイドラインを改定する。 公立福生…

日本腎臓学会からのお知らせ「先行的献腎移植登録申請審査終了に関するご報告とお願い」に関して

[2018.9.4]

全文を読む

日本腎臓学会からのお知らせ「先行的献腎移植登録申請審査終了に関するご報告とお願い」に関して

日本腎臓学会が「先行的献腎移植登録申請審査終了に関するご報告とお願い」に関して発表した。    日本腎臓学会、日本移植学会、日本透析医学会、日本…

日本肝臓学会からのお知らせ「日本肝臓学会編『C型肝炎治療ガイドライン』の公表」に関して

[2016.10.17]

全文を読む

日本肝臓学会からのお知らせ「日本肝臓学会編『C型肝炎治療ガイドライン』の公表」に関して

日本肝臓学会が「日本肝臓学会編『C型肝炎治療ガイドライン』の公表」に関して発表した。   C型肝炎治療ガイドライン(第5.1版)2016年10月    ●資…

日本腎臓学会からのお知らせ「『急性腎障害(AKI)診療ガイドライン2016』(案)についてのパブリックコメント募集」に関して

[2016.7.1]

全文を読む

日本腎臓学会からのお知らせ「『急性腎障害(AKI)診療ガイドライン2016』(案)についてのパブリックコメント募集」に関して

日本腎臓学会が「『急性腎障害(AKI)診療ガイドライン2016』(案)についてのパブリックコメント募集」に関して発表した。    日本腎臓学会・日本集中…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

東京都港区の病院/診療所/クリニックの透析専門医(透析医)の医師の求人/募集/転職情報の一覧です。 透析専門医の医師の募集/求人は勤務形態(常勤/非常勤/アルバイト)、年収(報酬)、勤務内容、就業時間、医療機関の所在地、交通費の有無を掲載しています。

関東のの求人をご覧いただきたい方は茨城県の透析専門医の求人/募集栃木県の透析専門医の求人/募集群馬県の透析専門医の求人/募集埼玉県(さいたま)の透析専門医の求人/募集千葉県の透析専門医の求人/募集東京都の透析専門医の求人/募集神奈川県(横浜、川崎)の透析専門医の求人/募集をご覧ください。

専門医局では透析専門医の資格取得方法を多数掲載しております。非公開求人も多数ありますので詳細情報をご希望される場合は会員登録をしてください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
消化器内科専門医 男性 45歳 消化器内科専門医 男性 45歳
入職1日目にある患者の話をきっかけに内科部長と外...
消化器科 男性医師 (51歳) 消化器科 男性医師 (51歳)
条件についても申し分なく、何よりもこちらの病院...
血液内科 男性医師 38歳 血液内科 男性医師 38歳
精力的に気持ちよく働かせて頂いております。
外科医 男性医師40歳 外科医 男性医師40歳
念願の麻酔科専門医の資格が取得できる環境。 勤...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ