専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本外科学会よりお知らせ【日本外科学会E-learning】に関して

学会ニュース

日本外科学会よりお知らせ【日本外科学会E-learning】に関して

[2020.12.11]

日本外科学会より【日本外科学会E-learning】に関して発表がありました。

 

日本外科学会では、2019年2月より専門医共通講習/領域講習をE-learningでも行うことといたしました。
すでに共通講習のうちの「医療安全講習」を対象とし、一般社団法人日本医療安全調査機構の協力の下、
同機構の「医療事故の再発防止に向けた提言」についての講習を配信いたしました。
この度、第120回日本外科学会定期学術集会が完全Web開催となったことにより、
当初予定していた領域講習である「外傷講習会」についてもE-learningで配信することといたしました。
今後、共通講習「感染対策講習」と「医療倫理講習」や、領域講習「生涯教育セミナー」などについても
E-learningで順次配信を予定しております。
なお、本学会で配信を行っているE-learningについては、学術集会参加ID番号の発番を行っていないため
ご自身による登録が行えませんが、配信期間終了後にまとめてID登録を学会事務局にて
行わせていただきますのでご安心ください。

受講料は、1コンテンツにつき
会員5,000円(税別)
非会員10,000円(税別) 注:非会員の方は、受講のためのID発行の手続きが必要となります。
となっており、規定のテストに合格されれば(合格基準は講習毎に異なります)、
専門医共通講習/領域講習としての受講修了証が発行されます(視聴可能期間:1年)。

一度購入されたE-learningの受講料は、いかなる理由があっても返却出来ませんのでご注意下さい。

※「医療安全講習」に限り、非会員の方が受講修了書の発行を希望しない場合のみ、
無料で視聴することができます。
受講方法の詳細は学会HPをご参照下さい。
imaged from日本外科学会
新着学会ニュース
日本放射線技術学会からのお知らせ「診療放射線技師が知っておきたい統計学入門~基礎知識から統計ソフトの使用方法まで~」に関して

[2024.5.23]

全文見る

日本放射線技術学会からのお知らせ「診療放射線技師が知っておきたい統計学入門~基礎知識から統計ソフトの使用方法まで~」に関して

    日本放射線技術学会が「診療放射線技師が知っておきたい統計学入門~基礎知識から統計ソフトの使用方法まで~」に関して発表した。   本セミナー…

日本皮膚科学会からのお知らせ「皮膚科専門医更新基準の改定」に関して

[2024.5.22]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「皮膚科専門医更新基準の改定」に関して

日本皮膚科学会が「皮膚科専門医更新基準の改定」に関して発表した。    日本専門医機構の「専門医制度整備指針」ならびに、「専門医の認定・更新」に関する補足…

屋外授業で近視の発症を予防へ

[2024.5.22]

全文見る

屋外授業で近視の発症を予防へ

 台湾の小学校で、屋外に出て子どもの近視の発症を予防する取り組みが成果を出している。 近視は将来の目の病気のリスクを上げる。日本でも近視の子どもは多く、専門家…

日本腎臓学会からのお知らせ「第 19回 腎病理夏の学校」に関して

[2024.5.16]

全文見る

日本腎臓学会からのお知らせ「第 19回 腎病理夏の学校」に関して

日本腎臓学会が「第 19回 腎病理夏の学校」に関して発表した。   ■会 期:2024 年 8 月 31 日 (土) 12:00 ~ 18:25        9月 1日 (日) 8:30 ~ 13:00■…

専門医局からのお知らせ【インタビューに新しい記事が掲載されました】

[2024.5.15]

全文見る

専門医局からのお知らせ【インタビューに新しい記事が掲載されました】

弊社、専門医局からお知らせです。 各分野で活躍されている医師を訪ねるスペシャルインタビューが更新しました。   【ローズレディースクリニック院長・石塚 文平…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本外科学会よりお知らせ【日本外科学会E-learning】に関して」(2020年12月11日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局
ページトップへ