専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本血液学会からのお知らせ「《重要》日本血液学会学術集会への演題募集における倫理手続きに関する指針」に関して

学会ニュース

日本血液学会からのお知らせ「《重要》日本血液学会学術集会への演題募集における倫理手続きに関する指針」に関して

[2024.2.15]

日本血液学会からのお知らせ「《重要》日本血液学会学術集会への演題募集における倫理手続きに関する指針」に関して

日本血液学会が「《重要》日本血液学会学術集会への演題募集における倫理手続きに関する指針」に関して発表した。

 

 日本血液学会学術集会で発表される演題は、研究倫理に関連するすべての宣言、法律、政令、省令、指針および通知等を遵守して行われることが求められます。


現在、学会発表時に倫理承認取得の事実を開示していただいていますが、2023年の第85回日本血液学会学術集会から演題登録時に倫理承認取得を申告していただく形式へ変更になります。

登録時に倫理承認取得を確認できない場合は、演題登録ができませんのでご注意ください。

 なお、倫理審査の不要な研究とされる例として以下を参考にしてください。

 

□侵襲・介入のない、あるいはヒトゲノム・遺伝子解析研究を伴わない少数例の症例報告
  ・個人情報の特定につながる情報は記載しないでください。
  ・10例未満とする場合が多いですが、少数の定義については各施設の判断に沿ってください。
  ・一例一例の経過を報告するような場合、倫理審査は不要ですが、侵襲や介入等、研究を目的とする行為を伴う場合や、観察研究の解析方法が採られる場合には、
たとえ少数例であっても倫理審査が必要ですので 各施設の判断に沿ってください。
  ・添付文書の効能・効果にない疾患に対して使用した場合(いわゆる適応外使用)や添付文書 に記載されていない用法・用量で投与した場合は、一例報告であっても、投与前に施設内の倫理的手続きが必要です。特に新薬の取り扱いには注意してください。一方、既に日常臨床で  使用法が一般化されており、保険の審査でも査定されないような薬剤については、必ずしも投与前の倫理審査は求めません。

□個人に関する情報(個人情報,匿名加工情報,仮名加工情報,個人関連情報,死者に関するこれらに相当する情報)に該当しない既存の情報を用いた研究

□既に作成されている匿名加工情報を用いた研究

□論文や公開されているデータベース,ガイドラインのみを用いた研究

□法令に基づく研究(臨床研究法,再生医療等安全性確保法は除く)

□動物実験や一般に入手可能な細胞(iPS 細胞,組織幹細胞を含む)を用いた基礎的研究

□実施した国の規定を遵守した,海外で実施された研究(研究対象の試料・情報が日本のものは除く)

新着学会ニュース
日本糖尿病学会からのお知らせ「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ(腕時計型デバイス)」に関して

[2024.4.24]

全文見る

日本糖尿病学会からのお知らせ「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ(腕時計型デバイス)」に関して

日本糖尿病学会が「血糖測定機能をうたうスマートウォッチ(腕時計型デバイス)」に関して発表した。    昨今、非侵襲的に血糖値を測定できるとするスマートウォ…

医師偏在で年内に具体策

[2024.4.18]

全文見る

医師偏在で年内に具体策

 地方や一部の診療科で医師が不足している偏在問題を解消するため、武見敬三厚生労働相は15日、規制の導入も視野に入れ、年末までに具体策をまとめる方針を示した。 強…

「熱中症特別警戒アラート」新設 熱中症リスクは4月から

[2024.4.17]

全文見る

「熱中症特別警戒アラート」新設 熱中症リスクは4月から

 過去に例のない危険な暑さが予想された際に、熱中症などへの警戒を促す「熱中症特別警戒アラート」が新設され、24日から環境省と気象庁による運用が始まる。タイガー魔…

日本放射線技術学会からのお知らせ「2024年度 大韓放射線科学会学術大会」に関して

[2024.4.11]

全文見る

日本放射線技術学会からのお知らせ「2024年度 大韓放射線科学会学術大会」に関して

日本放射線技術学会が「2024年度 大韓放射線科学会学術大会」に関して発表した。   ■大会:2024年度 大韓放射線科学会学術大会(KSRSC2024) ■会期:2024年5月11…

感染症リスク評価の司令塔 25年4月に国立機構新設へ

[2024.4.10]

全文見る

感染症リスク評価の司令塔 25年4月に国立機構新設へ

 武見敬三厚生労働相は9日、国立感染症研究所と国立国際医療研究センターを統合する「国立健康危機管理研究機構」を2025年4月1日に設置することを発表した。 機構内に、…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本血液学会からのお知らせ「《重要》日本血液学会学術集会への演題募集における倫理手続きに関する指針」に関して」(2024年2月15日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
総合内科専門医 男性 36歳 総合内科専門医 男性 36歳
透析医療の立ち上げに関わることができ、自分の力...
血液内科専門医 男性(35歳) 血液内科専門医 男性(35歳)
新しい勤務先では大学から非常勤でご高名な先生も...
消化器専門医 男性 38歳 消化器専門医 男性 38歳
入職前にコンサルタントさんからトライアルを薦め...
整形外科専門医 女性(30代) 整形外科専門医 女性(30代)
もちろん子どもは授かりものですので、出産などの...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook 医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ