専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 今夏、子どもの感染症、複数拡大で現場逼迫大で現場逼迫

学会ニュース

今夏、子どもの感染症、複数拡大で現場逼迫大で現場逼迫

[2023.8.30]

子どもに多い複数の感染症が今夏、同時に広がり、重症化して入院する事例も少なくなく、受け入れる医療機関は多忙を極め、「ぎりぎりの状態」と訴えている。

コロナ禍では、手洗いや人の接触を減らすなどの対策がとられ、コロナ以外の感染症も流行が抑えられた。このため、免疫をもつ子どもが減ったことが背景にあるとみられる。また、新型コロナの法的位置付けが「5類感染症」となって対策が緩和され、夏休みで人の動きが増えたことも、感染増につながった可能性があると、専門家は話す。

 

 コロナや、子どもがかかりやすい夏風邪の一種「ヘルパンギーナ」だけでなく、従来は冬に多いインフルエンザ、春先に多いヒトメタニューモウイルスも流行しており、どれもこれもだらだら続いている感じだという。

 また、乳幼児に熱や呼吸器の症状をもたらす「RSウイルス感染症」は重症になる事例が多い。もともと1歳未満に多い病気だが、今年は3歳ほどの幼児が入院するケースも目立つ。

 ひとつの感染症が流行している場合、その感染症を軸に診療する態勢を整えて対応にあたが、様々な感染症が想定される場合には、複数の検査を組み合わせなければならない。当然、患者一人一人にかかる時間も長くなるという。

 

子どもが熱を出すなど、感染症が疑われる場合には、

☑元気があるか

☑どのくらい飲み食いできているか

☑尿や便の量や様子▽鼻水やせきがいつどのくらい出ているか

などを医師に伝えると病気の種類や症状の重さの判断がしやすいという。

 


新着学会ニュース
日本産科婦人科学会からのお知らせ「遺伝性疾患を対象とした着床前遺伝学的検査(PGT-M)に関するご提案」に関して

[2024.7.18]

全文見る

日本産科婦人科学会からのお知らせ「遺伝性疾患を対象とした着床前遺伝学的検査(PGT-M)に関するご提案」に関して

日本産科婦人科学会が「遺伝性疾患を対象とした着床前遺伝学的検査(PGT-M)に関するご提案」に関して発表した。    日本産科婦人科学会(以下本会)では、遺伝性…

手足口病、38都府県「警報レベル」超え

[2024.7.17]

全文見る

手足口病、38都府県「警報レベル」超え

 乳幼児を中心に流行拡大が続く手足口病で、定点医療機関当たりの報告数が5.0を超え「警報レベル」に達したのは38都府県に上った。 これまで東北・北海道地方で「警報レ…

日本内科学会からのお知らせ「令和7年度 内科専門研修プログラム一次審査結果の公開」に関して

[2024.7.10]

全文見る

日本内科学会からのお知らせ「令和7年度 内科専門研修プログラム一次審査結果の公開」に関して

日本内科学会が「令和7年度 内科専門研修プログラム一次審査結果の公開」に関して発表した。   日本内科学会では内科専門医制度のプログラム一次審査を行いました…

8都道府県の熱中症搬送者数予測サイトを公開

[2024.7.10]

全文見る

8都道府県の熱中症搬送者数予測サイトを公開

9日、名古屋工業大のチームは東京や大阪、福岡など8都道府県の1週間先までの熱中症搬送者数予測値などが分かるウェブサイトの公開を始めたと発表した。 搬送者急増による…

涙で発電し血糖値を推定 コンタクトレンズ試作

[2024.7.8]

全文見る

涙で発電し血糖値を推定 コンタクトレンズ試作

 涙に含まれる糖分を使って発電し血糖値を推定する超小型装置を開発したと、京都大の研究チームが発表した。この装置を組み込んだコンタクトレンズを試作し、6月に米国…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「今夏、子どもの感染症、複数拡大で現場逼迫大で現場逼迫」(2023年8月30日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局
ページトップへ