専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本小児科学会からのお知らせ「小児診療初期対応(JPLS)佐賀コースの申込締切延長」に関して

学会ニュース

日本小児科学会からのお知らせ「小児診療初期対応(JPLS)佐賀コースの申込締切延長」に関して

[2023.2.21]

日本小児科学会が「小児診療初期対応(JPLS)佐賀コースの申込締切延長」に関して発表した。

 

以下の小児診療初期対応(JPLS)コースへの参加申込締切を延長いたしました。

 2023 年  5  月 14 日(日) 佐賀県:佐賀大学
 

詳細は、コース概要ページからご確認ください。

 

JPLSコースは、「防ぎうる心停止から子どもたちを守る」ことを目的として、日常診療での危険の認知と早期対応を実践形式で学ぶ、日本小児科学会の研修コースです。
 
 小児に関する様々な研修コースがある中で、このJPLSコースは次のような特徴があります。
 ・日本の小児医療の現場に即した日本独自のコース
 ・日本の蘇生ガイドラインに準拠
 ・想定環境:クリニック・急患診療所や小規模病院の外来など(医師1人・看護師2名を想定)
 ・実コース期間:1日(事前動画学習あり)
 ・コース当日の内容:スキルステーション、シナリオシミュレーション
  テーマ学習(傷害と事故、虐待、アナフィラキシー、搬送)でのグループディスカッション
 ・患者評価:第一印象~ABCDE評価(一次評価:気道・呼吸・循環・神経・全身観察)の体系的アプローチ
  ※二次評価以降について学びたい方は、別途小児二次救命処置法を受講下さい
 ・蘇生処置:一次救命処置が中心(AED使用、アドレナリン投与まで)
 ・対象:日本小児科学会会員の小児科医 (経験年数や勤務施設は問いません)

 本コースでの考え方や患者評価のアプローチは、突然遭遇する重篤小児の初期対応において(診療所から高次医療機関まで)様々な臨床現場で共通して用いることができます。
 
★事前・事後を含む全過程修了で「小児科専門医(新制度)更新単位ⅲ)小児科領域3単位」が取得可能です。
詳細に関してはHPよりご確認ください。
 
新着学会ニュース
石川県北部の看護師を南部の病院に「在籍出向」検討

[2024.2.23]

全文見る

石川県北部の看護師を南部の病院に「在籍出向」検討

 能登半島地震の被災地における看護師の離職を防ごうと、20日、武見敬三厚生労働相は閣議後会見で、被害の大きかった石川県北部の公立病院から、南部の公立病院に一時的…

日本皮膚科学会からのお知らせ「【看護師向けセミナー】マルホ共催WEBセミナー開催」に関して

[2024.2.21]

全文見る

日本皮膚科学会からのお知らせ「【看護師向けセミナー】マルホ共催WEBセミナー開催」に関して

日本皮膚科学会が「【看護師向けセミナー】マルホ共催WEBセミナー開催」に関して発表した。   皮膚疾患ケア看護師制度委員会では、マルホ共催WEBセミナーを下記の…

遺伝との関係も うつ病誘発しやすいウイルス遺伝子変異 慈恵医大研究班が発見

[2024.2.19]

全文見る

遺伝との関係も うつ病誘発しやすいウイルス遺伝子変異 慈恵医大研究班が発見

特定の遺伝子変異を持つウイルスに感染することでうつ病がおよそ5倍発症しやすくなる。という研究結果を、東京慈恵会医科大学の研究班が発表した。  うつ病の発症は周囲…

日本血液学会からのお知らせ「《重要》日本血液学会学術集会への演題募集における倫理手続きに関する指針」に関して

[2024.2.15]

全文見る

日本血液学会からのお知らせ「《重要》日本血液学会学術集会への演題募集における倫理手続きに関する指針」に関して

日本血液学会が「《重要》日本血液学会学術集会への演題募集における倫理手続きに関する指針」に関して発表した。    日本血液学会学術集会で発表される演題は、…

薬物依存症克服 家族会が横浜でセミナー

[2024.2.14]

全文見る

薬物依存症克服 家族会が横浜でセミナー

 「信頼関係が大切」「背景にある生きづらさに目を向けないといけない」。薬物依存症のリハビリに取り組む当事者やその家族らが、依存症の克服に向けて話し合うセミナー…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本小児科学会からのお知らせ「小児診療初期対応(JPLS)佐賀コースの申込締切延長」に関して」(2023年2月21日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局
ページトップへ