専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本麻酔科学会よりお知らせ【キシロカインゼリー2%(製造販売元:アスペンジャパン株式会社) の出荷調整】に関して

学会ニュース

日本麻酔科学会よりお知らせ【キシロカインゼリー2%(製造販売元:アスペンジャパン株式会社) の出荷調整】に関して

[2021.1.26]

日本麻酔科学会より【キシロカインゼリー2%(製造販売元:アスペンジャパン株式会社) の出荷調整】に関して発表がありました。

 

キシロカインゼリー2%(製造販売元:アスペンジャパン株式会社) の出荷調整について 公益社団法人日本麻酔科学会 理事長 小板橋俊哉 リドカイン塩酸塩ゼリー2%「KN」(旧販売名:アネトカインゼリー2%、製造販売元:小林化工株式 会社)の販売停止に伴い、現在、先発品であるキシロカインゼリー2%(製造販売元:アスペンジャ パン株式会社)のみの供給体制になっております。 しかしながら、小林化工社の販売再開の目途が立たず、キシロカインゼリー2%(製造販売元: アスペンジャパン株式会社)の増産にも限界があるため 1 月 18 日(月)から出荷調整になりま す。 会員の皆様におかれましては、キシロカインゼリー2%が表面麻酔の承認を有している気管挿管 と尿道麻酔など医療上必要なところでの使用に重点を置いた対応をお願いし、潤滑目的が主で麻 酔作用を期待しない手技ではキシロカインゼリー2%ではなく、グリセリン等の潤滑剤をご使用いた だくようにお願いいたします。 なお、小林化工株式会社の販売再開およびキシロカインゼリー2%(製造販売元:アスペンジャ パン株式会社)調整解除の時期につきましては、確定次第改めて周知させていただきます。 以上、ご理解の上、ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

 

imaged from日本麻酔科学会

新着学会ニュース
日本消化器病学会からのお知らせ「医療事故調査制度の現況報告(1月)及び第1回医療事故調査・支援センター主催研修」に関して

[2021.2.25]

全文見る

日本消化器病学会からのお知らせ「医療事故調査制度の現況報告(1月)及び第1回医療事故調査・支援センター主催研修」に関して

日本消化器病学会より「医療事故調査制度の現況報告(1月)及び第1回医療事故調査・支援センター主催研修(周知依頼)」に関して発表がありました。   一般社団法…

日本泌尿器科学会よりお知らせ【ダイバーシティ推進委員会のページをリニューアル】に関して

[2021.2.9]

全文見る

日本泌尿器科学会よりお知らせ【ダイバーシティ推進委員会のページをリニューアル】に関して

日本泌尿器科学会より【ダイバーシティ推進委員会のページをリニューアル】に関して発表がありました。     日本泌尿器科学会における男女共同参画の取り組…

弊社、専門医局からのお知らせ【インタビューに新しい記事が掲載されました】

[2021.1.22]

全文見る

弊社、専門医局からのお知らせ【インタビューに新しい記事が掲載されました】

弊社、専門医局からお知らせです。 各分野で活躍されている医師を訪ねるスペシャルインタビューが更新しました。 【第36回はリウマチ専門医として、さとう埼玉リウマチ…

一般社団法人 日本専門医機構よりお知らせ【総合診療専門研修プログラム修了時の提出物】に関して

[2021.1.19]

全文見る

一般社団法人 日本専門医機構よりお知らせ【総合診療専門研修プログラム修了時の提出物】に関して

一般社団法人 日本専門医機構より【総合診療専門研修プログラム修了時の提出物について(1/18追加掲載あり)】に関して発表がありました。   総合診療専門研修プロ…

日本神経学会よりお知らせ【バリシチニブ製剤の最適使用ガイドライン】に関して

[2021.1.18]

全文見る

日本神経学会よりお知らせ【バリシチニブ製剤の最適使用ガイドライン】に関して

日本神経学会は厚生労働省医薬・生活衛生局よりバリシチニブ製剤の最適使用ガイドラインについて周知依頼があった事を発表した。 詳細については学会HPをご覧ください…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本麻酔科学会よりお知らせ【キシロカインゼリー2%(製造販売元:アスペンジャパン株式会社) の出荷調整】に関して」(2021年1月26日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局
ページトップへ