専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本糖尿病学会よりお知らせ【GLP-1受容体作動薬適応外使用に関する日本糖尿病学会の見解】に関して

学会ニュース

日本糖尿病学会よりお知らせ【GLP-1受容体作動薬適応外使用に関する日本糖尿病学会の見解】に関して

[2020.7.29]

日本糖尿病学会よりGLP-1受容体作動薬適応外使用に関する日本糖尿病学会の見解について発表がありました。

 

GLP-1 受容体作動薬適応外使用に関する日本糖尿病学会の見解 一般社団法人 日本糖尿病学会 今般、一部のクリニック等において、2 型糖尿病治療薬である GLP-1 受容体作動薬を、 適応外使用である美容・痩身・ダイエット等を目的として自由診療での処方を宣伝する医療 広告が散見されます。我が国において 2020 年 7 月時点で、一部の GLP-1 受容体作動薬に ついては、健康障害リスクの高い肥満症患者に対する臨床試験が実施されていますが、その 結果はまだ出ていません。したがって、2 型糖尿病治療以外を適応症として承認された GLP1 受容体作動薬は存在せず、美容・痩身・ダイエット等を目的とする適応外使用に関して、 2 型糖尿病を有さない日本人における安全性と有効性は確認されていません。 医師とくに本学会員においては、不適切な薬物療法によって患者さんの健康を脅かす危 険を常に念頭に置き、誤解を招きかねない不適切な広告表示を厳に戒め、国内承認状況を踏 まえた薬剤の適正な処方を行ってください。また、特に本学会専門医による不適切な薬剤使 用の推奨は、糖尿病専門医に対する国民の信頼を毀損するもので本学会として認められる ものでないことを警告します。 以上

 

 

 

imaged from日本糖尿病学会

新着学会ニュース
厚生労働省からのお知らせ「医療関係職種における籍(名簿)訂正申請に課される登録免許税の取扱について」

[2020.9.18]

全文見る

厚生労働省からのお知らせ「医療関係職種における籍(名簿)訂正申請に課される登録免許税の取扱について」

厚生労働省から「医療関係職種における籍(名簿)訂正申請に課される登録免許税の取扱について」発表がありました。   医師、歯科医師、薬剤師等医療関係職種の免…

厚生労働省からのお知らせ「外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために」に関して

[2020.9.15]

全文見る

厚生労働省からのお知らせ「外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために」に関して

厚生労働省から「外国で看護師免許を取得している方が、日本でも看護師として就労するために」について発表しました。   外国で看護師免許を取得している方が、日…

日本循環器学会よりお知らせ【医療スタッフの放射線安全に係るガイドライン】に関して

[2020.9.11]

全文見る

日本循環器学会よりお知らせ【医療スタッフの放射線安全に係るガイドライン】に関して

日本循環器学会より「医療スタッフの放射線安全に係るガイドライン~水晶体の被ばく管理を中心に~」が完成した 旨が発表されました。 詳細につきましては学会HPをご参照願いま…

厚生労働省より医療従事者の需給に関する検討会第35回医師需給分科会が令和2年8月31日に行われました。

[2020.9.4]

全文見る

厚生労働省より医療従事者の需給に関する検討会第35回医師需給分科会が令和2年8月31日に行われました。

厚生労働省は[医療提供体制] 医師需給は29年ごろに均衡すると推計する旨を第35回医師需給分科会にて示した。 詳細については厚生労働省HP「医師需給分科会(第35回)…

日本腎臓学会よりお知らせ【新型コロナウイルス感染対策合同委員会報告】に関して

[2020.8.21]

全文見る

日本腎臓学会よりお知らせ【新型コロナウイルス感染対策合同委員会報告】に関して

日本腎臓学会より新型コロナウイルス感染対策合同委員会報告透析患者における累積の新型コロナウイルス感染者数について発表がありました。   学会員の皆様 新型…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本糖尿病学会よりお知らせ【GLP-1受容体作動薬適応外使用に関する日本糖尿病学会の見解】に関して」(2020年7月29日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局
ページトップへ