専門医資格取得方法

小児科専門医

公益社団法人日本小児科学会

概要小児科専門医は小児保健を包含する小児医療に関してすぐれた医師を育成することにより、小児医療の水準向上進歩発展を図り、小児の健康の増進および福祉の充実に寄与することを目的とする。
資格1)学会会員歴が引続き3年以上、もしくは通算して5年以上であるもの。
2)2年間の卒後臨床研修を受け、その後さらに小児科専門医制度規則15条に規定する小児科臨床研修を3年以上受けたもの。もしくは小児科臨床研修を5年以上受けたもの。
必要書類1)受験出願書
2)研修修了(見込)証明書
3)医師免許症(写)
4)医師臨床研修終了登録証(写)等
5)日本小児科学会雑誌掲載の小児科専門医試験告示にしていされた書類に受験料の郵便振込金受領書(またはコピー)
6)臨床研修手帳

認定方法受験資格に該当する医師であって、試験運営委員会の実施する筆記試験、症例要約の評価、面接試験および審査に合格したものを専門医として認定する。
注)当サイトでは情報の更新に努めてはおりますが、その内容を保障するものではありません。詳細に内容確認をされたい場合は、各学会にお問合せ頂きますようお願い致します。
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の専門医資格取得方法の小児科専門医の取得方法のページです。
公益社団法人日本小児科学会の小児科専門医の制度の概要や、受験に必要な資格、提出書類、試験等の小児科専門医の認定方法をまとめています。
他の専門医の情報を確認されたい方は各専門医の一覧を掲載してありますのでご確認ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
皮膚科専門医 女性(30代半) 皮膚科専門医 女性(30代半)
病院勤務とクリニック勤務の両面で探していただき...
麻酔科専門医 男性 38歳 麻酔科専門医 男性 38歳
実際、外科医との意見交換や回復期スタッフとのコ...
循環器内科 男性(38歳) 循環器内科 男性(38歳)
求めていた環境に勤めることができ、満足しています。
消化器内科専門医 男性 40歳 消化器内科専門医 男性 40歳
私にとって理想的な病院でした。指導医としての役...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ