専門医の医師の求人/募集/転職転職事例一覧 > 泌尿器科専門医 男性(40代後半)の転職事例

転職事例

泌尿器科専門医 男性(40代後半)

NO IMAGE

大学病院勤務後、公立病院へ

泌尿器科専門医

前職

千葉県
泌尿器科
医長
年収1500万円
週5日
外来、手術、病棟など

矢印 現職

千葉県
泌尿器科
医長
年収1600万
週4.5日
外来、手術、病棟など


転職のきっかけ

これまで泌尿器科医として手術を積極的に行ってきましたが、年齢や体力的なことも考え、後輩の指導やリプロにも力を入れていきたいと考えていました。勤務先は泌尿器科も外科当直の当番があり、月4~5回でしたが辛く感じることも多かったので、いい転職先があればと思い、専門医局に登録しました。

新しい職場へのご要望

手術も継続しつつ、外来や後輩指導に積極的に関われる勤務を希望しました。当直も回数を減らしたいと担当者に正直に伝えました。
また家を購入していたので、自宅から通えるところを希望しました。

転職活動の経過

担当の方と週末お会いして、これまで培ってきたスキルや経験についてお話しました。それから今後の転職プランというか、人生設計についてもお話しました。しばらくして幾つか求人をいただき、2つの病院で面接を受け、どちらにするか迷いましたが、自分を必要としてくれていると強く感じた方に勤務させていただくことにしました。

入職3ヶ月後の感想

希望通りの職場でした。当直が減ったので家族と過ごす時間も増えました。
通常外来とは別に、予約制のリプロ外来の準備を進めているところです。
若手の医師もとてもやる気のある方なので、非常にやりがいを感じています。

専門医局の担当者の対応

非常に熱心に話を聞いてくれる方でした。
今後の人生プランについても、担当者はこれまで沢山の医師と会ってこられただけあって、さまざまな事例を挙げながら私の意見をまとめていたのが印象的でした。
入職後も時々連絡をくださるので、気にかけていただいているのが分かります。

転職事例一覧へ お問い合わせ
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の泌尿器科専門医 男性(40代後半)の転職事例ページです。

医師のプロフィール(性別、年齢、医療機関の形態、年収等)、転職のきっかけ、新しい職場へのご要望、転職活動の経過、入職3ヶ月後の感想、専門医局の担当者の対応等をまとめています。

その他の転職事例は一覧にまとめていますのでご覧ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
神経内科専門医 男性医師 51歳 神経内科専門医 男性医師 51歳
神経内科を主とした業務しか考えていなかったで難...
循環器専門医 男性(42歳) 循環器専門医 男性(42歳)
友人に専門医局のことを勧められ安心して転職支援...
内科専門医 女性 35歳 内科専門医 女性 35歳
患者一人一人に時間をかけて診察するスタイルは、...
小児科 男性医師 41歳 小児科 男性医師 41歳
「院内開業」を通して開業の必要な経営面の指導も...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ