専門医の医師の求人/募集/転職転職事例一覧 > 皮膚科専門医 女性(30代半)の転職事例

転職事例

皮膚科専門医 女性(30代半)

NO IMAGE

皮膚科専門医

前職

関西圏
皮膚科
部長
1300万円
週5日勤務
皮膚科外来、病棟管理

矢印 現職

関西圏
皮膚科
皮膚科クリニック・院長
1500万円
週5日勤務
皮膚科外来(可能な範囲での美容皮膚科)


転職のきっかけ

大学の人事から離れてから現在の勤務先に勤めて数年が経っていました。就職当時の部長もすでに開業され、その後を引き受ける形で部長として勤めてきました。大学時代は保険診療がメインでした。現勤務先ではある程度の美容診療もできていますし不満はないのですが、美容分野については自分なりにやってみたいこともあり相談しました。

新しい職場へのご要望

保険診療主体で、自身のできる範囲での美容皮膚科に携わることができること
年収アップ

転職活動の経過

実は開業も考えてはいたのですが、専門医局の担当者の方とお話をした際に、クリニック院長として数年間の実績を残した後にそのクリニックを譲って下さる方も多いと聞きました。また自身で新たに開業する際も常識的な診療圏外であれば許容していただけるケースも多いと聞きました。また、許容範囲内での美容についても比較的フレキシビリティのあることが多いとのことで主としてはクリニックでの勤務先を探すことにしました。

入職3ヶ月後の感想

病院勤務とクリニック勤務の両面で探していただきましたが、概ね想定していたクリニックでの院長職に進路を決めました。今回、専門医局の担当者さんと就職活動してきましたが、自身の今後を考えた際により自分にとって発展性のある進路を選べたのではないかと思います。不安があるとすればスタッフ管理でしたが、その辺りも法人の理事長はじめ事務のみなさんがフォローしてくれるので助かっていますし、これまで意識していなかった部分にも注意を払えるようになりました。

専門医局の担当者の対応

いろいろ注文してしまいましたが、親身になっていただきました。私のような常勤医とは異なり、皮膚科専門医の更新要件も変わりましたので、お子さんのいる女性医師にとっては幾分ハードルが高くなってのではと思います。そういった課題への尽力も期待しております。

転職事例一覧へ お問い合わせ
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の皮膚科専門医 女性(30代半)の転職事例ページです。

医師のプロフィール(性別、年齢、医療機関の形態、年収等)、転職のきっかけ、新しい職場へのご要望、転職活動の経過、入職3ヶ月後の感想、専門医局の担当者の対応等をまとめています。

その他の転職事例は一覧にまとめていますのでご覧ください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
総合内科専門医 男性(30代) 総合内科専門医 男性(30代)
これまでの大学病院勤務とはまったく異なる環境で...
透析専門医・腎臓内科専門医(男性 38 歳) 透析専門医・腎臓内科専門医(男性 38 歳)
家族との時間も取り易い勤務条件となり、年収も下...
放射線科読影専門医(男性・30代) 放射線科読影専門医(男性・30代)
循環器内科 男性(38歳) 循環器内科 男性(38歳)
求めていた環境に勤めることができ、満足しています。

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ