専門医の医師の求人/募集/転職 > 大腸肛門病専門医の収入/転職情報

大腸肛門病専門医の収入/転職情報

大腸肛門病専門医の転職

大腸肛門病専門医は、サブスペシャリティーの専門医資格のひとつです。外科専門医、整形外科専門医、小児科専門医など基本領域の専門医の中でも、内科認定医(専門医)、外科認定医(専門医)を取得された方がサブスペシャリティーとして取得しています。
専門医の在籍人数が1681名(平成25年8月)であり、その上級資格である指導医1名以上の在籍要件が施設認定の要件であることなどもあり認定施設は限られるため、大腸肛門病専門医の取得も見据えた転職の際は注意が必要と言えるでしょう。大腸肛門病指導医の資格を伴っての転職は、就職先を認定施設にできる可能性もあるため、急性期病院との雇用条件の交渉に役立つケースも多いことでしょう。

関連する主な専門医

総合内科専門医
外科専門医
内視鏡専門医 
消化器病専門医 ほか
専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局は専門医をお持ちの先生方に、専門知識や臨床経験を存分に生かしていただけるステージへの転職支援を行っています。
病院、クリニック等の医療機関の人事ご担当者様向けには、専門医の募集・採用支援を行っています。医療機関の求人情報は無料で掲載しています。

地域別では関東では東京の医師の求人/募集神奈川(横浜/川崎)の医師の求人/募集埼玉(さいたま)の医師の求人/募集千葉の医師の求人/募集を掲載しています。

科目別では内科の求人/募集外科の求人/募集整形外科の求人/募集麻酔科の求人/募集脳神経外科の求人/募集放射線科の求人/募集などの人気科目の専門医の医師の転職情報を掲載しています。

常勤で毎日働かれたいドクターの方から、週2、3回の非常勤/アルバイトで働かれたいドクターの方まであらゆるニーズにお答えします。
特集では専門医のインタビューや専門医の取得方法、専門医資格の取得できる研修施設を紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医局の求人のご紹介

[大腸肛門病専門医]

大腸肛門病専門医
【専門外来】肛門外科外来、担当患者数:15~20名 【手術】肛...
大腸肛門病専門医
【外来】(午前)週5コマ、(夕診)週2コマ、患者数:50名程/...
大腸肛門病専門医
【外来】大腸肛門科外科・消化器外科外来として週2コマ、患者...

→ その他の大腸肛門病専門医の求人

専門医転職事例
外科医 男性 40歳 外科医 男性 40歳
都内の民間病院であり、患者さんも多く、ハードな...
総合内科専門医 男性 36歳 総合内科専門医 男性 36歳
透析医療の立ち上げに関わることができ、自分の力...
形成外科専門医 女性(30代後半) 形成外科専門医 女性(30代後半)
初月は患者様の引き継ぎなどで大変でしたが、事務...
麻酔科専門医 男性 32歳 麻酔科専門医 男性 32歳
現在は、週4.5日勤務で月3~4回の当直勤務となり...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ