専門医の医師の求人/募集/転職内分泌代謝科専門医 > 内分泌代謝科専門医の常勤の医師の求人/募集一覧

求人一覧

1~10件/全327件
<最初   1  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  最後>

週4日勤務
二次救急指定

【常勤】内分泌代謝専門医/大阪府堺市/年収1,400万円~


詳細ページを見る
求人ID 024092
業務内容 【外来】一般内科診療、週6~7コマ(夜診含む) 【病棟管理】主治医制、担当患者数:5~10名
募集科目 内分泌内科
年収 年収1,400万円~
※当直給与別途
所在地 大阪府
ベッド数 310

【常勤】内分泌代謝専門医/群馬県伊勢崎市/年収1,400万円~2,000万円


詳細ページを見る
求人ID 023782
業務内容 【外来】 【病棟管理】
募集科目 内分泌内科
年収 年収1,400万円~2,000万円
所在地 群馬県
ベッド数 188
当直なし

【常勤】内分泌代謝専門医/石川県金沢市/年収2,400万円~3,000万円


詳細ページを見る
求人ID 022921
業務内容 【外来】週3コマ程 【訪問診療】(在宅)5名程/週、(施設)1~2施設/日・患者数:10~25名/施設
募集科目 内分泌内科
年収 年収2,400万円~3,000万円
所在地 石川県
週4日勤務
二次救急指定

【常勤】内分泌代謝専門医/神奈川県横浜市/年収1,200万円~2,000万円


詳細ページを見る
求人ID 015283
業務内容 【外来】一般内科外来、週3~4コマ、患者数:20~30名程/コマ 【病棟管理】主治医制、担当患者数:10~15名程
募集科目 内分泌内科
年収 年収1,200万円~2,000万円
所在地 神奈川県
ベッド数 147
当直なし
二次救急指定

【常勤】内分泌代謝専門医/兵庫県姫路市/年収1,500万円~


詳細ページを見る
求人ID 023108
業務内容 【外来】一般内科外来、週2~3コマ程・患者数:20名程/コマ、(夜診)週1コマ程・患者数:15名程/コマ 【専門外来】糖尿病外来、週1コマ程 【病棟管理】主治医制、患者数:10~15名程 【内視鏡】
募集科目 内分泌内科
年収 年収1,500万円~
※当直給与別途
所在地 兵庫県
ベッド数 100
二次救急指定

【常勤】【代謝・膠原病科】内分泌・代謝科内科専門医/大阪府堺市/年収応相談


詳細ページを見る

来院患者において少年期、青年期の食生活に偏りのある患者が多くみられ糖尿病患者が増加中、教育入院の強化のため医師募集です

求人ID 021175
業務内容 【外来】 【病棟管理】 代謝・膠原病内科医は複数名在籍 電子カルテ・オーダリングあり
募集科目 代謝・膠原病内科
年収 年収応相談
ご経験・スキル等を考慮のうえ、面談後にご相談です
所在地 大阪府
ベッド数 386

【常勤】内分泌代謝専門医/岡山県倉敷市/年収1,200万円~2,000万円


詳細ページを見る
求人ID 020159
業務内容 【外来】週3コマ程 【病棟管理】患者数:15名程
募集科目 内分泌内科
年収 年収1,200万円~2,000万円(週5日勤務の場合)
所在地 岡山県
ベッド数 194
当直なし
週4日勤務
二次救急指定

【常勤】内分泌代謝専門医/埼玉県さいたま市/年収1,600万円~


詳細ページを見る

医療法人 聖仁会 西部総合病院

求人ID 024158
業務内容 【病棟管理】療養病棟60床の入院診療
募集科目 内分泌内科
年収 年収1,600万円~
所在地 埼玉県
ベッド数 268
当直なし
週4日勤務

【常勤】内分泌代謝専門医/兵庫県尼崎市/年収1,600万円


詳細ページを見る
求人ID 023293
業務内容 【外来】(午前診)週0~1コマ、患者数:8~10名程/コマ 【病棟管理】担当患者数:15名程 【訪問診療】在宅緩和ケア、施設訪問メイン、患者数:10~18名程(一部個人宅への往診も含みます )
募集科目 内分泌内科
年収 年収1,600万円(週5日勤務の場合)
※当直給与別途:1勤務(土曜日)60,000円・(日曜日)80,000円
所在地 兵庫県
ベッド数 19
二次救急指定

【常勤】内分泌代謝専門医/佐賀県唐津市/年収1,400万円~1,800万円


詳細ページを見る

医療法人 松籟会 河畔病院

求人ID 015101
業務内容 【外来】週4コマ、患者数:20名程/コマ 【病棟管理】20床程
募集科目 内分泌内科
年収 年収1,600万円~2,000万円
所在地 佐賀県
ベッド数 187

1~10件/全327件
<最初   1  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  最後>

内分泌代謝科専門医に関する学会ニュース

日本内分泌学会に関する講演会、学術集会の開催情報や学会からのお知らせを掲載しています。

日本糖尿病学会からのお知らせ「免疫チェックポイント阻害薬による内分泌障害(特に1型糖尿病)」に関して

[2018.11.28]

全文を読む

日本糖尿病学会からのお知らせ「免疫チェックポイント阻害薬による内分泌障害(特に1型糖尿病)」に関して

日本糖尿病学会が「免疫チェックポイント阻害薬による内分泌障害(特に1型糖尿病)」に関して発表した。    免疫チェックポイント阻害薬はその優れた抗…

日本糖尿病学会からのお知らせ。「第5回(2014年度)日本動脈硬化学会認定動脈硬化専門医資格認定審査」について

[2013.11.19]

全文を読む

日本糖尿病学会からのお知らせ。「第5回(2014年度)日本動脈硬化学会認定動脈硬化専門医資格認定審査」について

日本糖尿病学会が、19日「第5回(2014年度)日本動脈硬化学会認定動脈硬化専門医資格認定審査」についての詳細を発表した。   受験資格者は、次の7項目…

日本内分泌学会が「第86回日本内分泌学会学術総会」開催を発表

[2013.2.26]

全文を読む

日本内分泌学会が「第86回日本内分泌学会学術総会」開催を発表

日本内分泌学会が4月25日 (木)~27日(土)の3日間、「第86回日本内分泌学会学術総会」を開催すると発表した。 (参照:「【日本医療安全調査機構】安全情報「警…

【日本医療安全調査機構】安全情報「警鐘事例」のご案内

[2012.10.30]

全文を読む

【日本医療安全調査機構】安全情報「警鐘事例」のご案内

日本内分泌学会より、【日本医療安全調査機構】安全情報「警鐘事例」のご案内 (参照:「日本内分泌学会が、「第22回 臨床内分泌代謝Update」開催を発表」) …

日本内分泌学会が、「第22回 臨床内分泌代謝Update」開催を発表

[2012.9.13]

全文を読む

日本内分泌学会が、「第22回 臨床内分泌代謝Update」開催を発表

日本内分泌学会が2013年1月18日(金)~ 19日(土)の2日間、「第22回 臨床内分泌代謝Update」開催すると発表した。 (参照:「日本内分泌学会が群馬県渋川市…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

常勤の内分泌代謝科専門医(内分泌内科医/内分泌代謝科医/糖尿内分泌科医)の医師の求人/募集/転職情報の一覧です。 常勤の内分泌代謝科専門医の医師の募集/求人は勤務形態(常勤/非常勤/アルバイト)、年収(報酬)、勤務内容、就業時間、医療機関の所在地、交通費の有無を掲載しています。

内分泌代謝科専門医(内分泌内科医/内分泌代謝科医/糖尿内分泌科医)の非常勤の求人をご覧いただきたい方は内分泌代謝科専門医の非常勤の求人/募集、他の科目の常勤をご覧いただきたい方は常勤の求人/募集をご覧ください。

専門医局では常勤の内分泌代謝科専門医(内分泌内科医/内分泌代謝科医/糖尿内分泌科医)の医師の求人/募集情報や内分泌代謝科専門医の資格取得方法を多数掲載しております。非公開求人も多数ありますので詳細情報をご希望される場合は会員登録をしてください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
形成外科専門医 女性(30代後半) 形成外科専門医 女性(30代後半)
初月は患者様の引き継ぎなどで大変でしたが、事務...
整形外科専門医 女性(30代) 整形外科専門医 女性(30代)
もちろん子どもは授かりものですので、出産などの...
消化器内科専門医 女性医師 38歳 消化器内科専門医 女性医師 38歳
契約もきっちりサポートしていただけて、納得の転...
血液専門医 女性(30代後半) 血液専門医 女性(30代後半)
常勤復帰に最初は不安もありましたが、スタッフの...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ