専門医の医師の求人/募集/転職栃木県乳腺専門医 > 栃木県内の乳腺専門医の医師の求人/募集一覧

求人一覧

1~3件/全3件
<最初   1   最後>

二次救急指定

【常勤】乳腺外科専門医/栃木県足利市/年収1,500万円~2,000万円/医師


詳細ページを見る
求人ID 021760
業務内容 【外来】患者数:20名程/コマ 【病棟管理】術前術後管理・自身の手術の患者対応など 【手術】手術数:40~50例程/年 【検査】
募集科目 乳腺外科
年収 年収1,500万円~2,000万円
所在地 栃木県
ベッド数 223

【非常勤・アルバイト】乳腺外科専門医/栃木県宇都宮市/日勤80,000円/医師


詳細ページを見る
求人ID 024229
業務内容 【人間ドック・健診】巡回検診
募集科目 乳腺外科
年収 日勤80,000円
※半日60,000円
所在地 栃木県
ベッド数 142
勤務日 月、火、水、木、金 (非常勤)
当直なし

【常勤】乳腺外科専門医/栃木県宇都宮市/年収1,600万円~2,500万円


詳細ページを見る

医療法人 中山会  宇都宮記念病院

求人ID 020087
業務内容 【外来】週4コマ程 【病棟管理】 【手術】乳腺外科手術数:21例/年(平成26年度実績)
募集科目 乳腺外科
年収 年収1,600万円~2,500万円(週5日勤務の場合)
※当直給与含む
所在地 栃木県
ベッド数 193

1~3件/全3件
<最初   1   最後>

乳腺専門医に関する学会ニュース

日本乳癌学会に関する講演会、学術集会の開催情報や学会からのお知らせを掲載しています。

日本外科学会からのお知らせ「高難度新規医療技術リストの改定」に関して

[2018.12.5]

全文を読む

日本外科学会からのお知らせ「高難度新規医療技術リストの改定」に関して

日本外科学会が「高難度新規医療技術リストの改定」に関して発表した。   平成28年6月の医療法施行規則の改正により、高難度の医療技術を用いた…

妊娠中の乳がん治療 一部の抗がん剤は胎児へ悪影響なし

[2014.7.8]

全文を読む

妊娠中の乳がん治療 一部の抗がん剤は胎児へ悪影響なし

乳癌になる女性のうち、20~40代は年間約2万人、全体の27%を占めている。 この年代では、妊娠中に癌が見つかるという人も増えている。しかし、胎児へ…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

栃木県内の病院/診療所/クリニックの乳腺専門医(乳腺外科医)の医師の求人/募集/転職情報の一覧です。 乳腺専門医の医師の募集/求人は勤務形態(常勤/非常勤/アルバイト)、年収(報酬)、勤務内容、就業時間、医療機関の所在地、交通費の有無を掲載しています。

関東の乳腺専門医(乳腺外科医)の求人をご覧いただきたい方は茨城県の乳腺専門医の求人/募集栃木県の乳腺専門医の求人/募集群馬県の乳腺専門医の求人/募集埼玉県(さいたま)の乳腺専門医の求人/募集千葉県の乳腺専門医の求人/募集東京都の乳腺専門医の求人/募集神奈川県(横浜、川崎)の乳腺専門医の求人/募集をご覧ください。

専門医局では乳腺専門医の資格取得方法を多数掲載しております。非公開求人も多数ありますので詳細情報をご希望される場合は会員登録をしてください。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
皮膚科専門医 女性医師 40歳 皮膚科専門医 女性医師 40歳
はじめは慣れないこともありましたが今は少し慣れ...
小児科 男性医師 41歳 小児科 男性医師 41歳
「院内開業」を通して開業の必要な経営面の指導も...
循環器専門医 男性(42歳) 循環器専門医 男性(42歳)
友人に専門医局のことを勧められ安心して転職支援...
小児科専門医 男性34歳 小児科専門医 男性34歳
公私ともに新しい生活になりましたので、戸惑うと...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ