専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本産科婦人科学会からのお知らせ「法務大臣宛て「家族法制の見直しに関する中間試案」への要望 に関して」

学会ニュース

日本産科婦人科学会からのお知らせ「法務大臣宛て「家族法制の見直しに関する中間試案」への要望 に関して」

[2023.9.10]

日本産科婦人科学会が「法務大臣宛て「家族法制の見直しに関する中間試案」への要望 に関して」発表した。

 

 共同親権に関する家族法改正に関して、法務大臣宛ての「提言書」を日本産科婦人科学会・日本法医学会・日本法医病理学会・日本小児科学会の4学会連名で作成いたしました。
「提言書」については、9月1日に法務省において4学会の代表より齋藤 健法務大臣に直接手渡しのうえ陳情いたしました。

内容に関しては下記の通り。

 

                「家族法制の見直しに関する中間試案」への要望

 貴職におかれましては、社会・国民生活を支えるための法制度の整備や国民の人権擁 護のため、日夜ご努力をいただいていることに衷心より敬意を表します。

この度、法制審議会において「家族法制の見直しに関する中間試案」が示されており、 父母が離婚した後に双方を子どもの親権者とする民法第 819 条の改正案が示されてい ます。その改正案の趣旨・理念については理解するところですが、同時に、子どもに医 療を提供する医療者の立場からは、患者の代諾者となる親権者に医療行為の実施につい ての同意を求める場面において重大な問題が発生することを懸念します。

 すなわち、共同親権制度が導入された場合、父母の離婚後も子どもに医療が必要なと きに両方の親権者の同意を得る必要があれば、生命・身体の保護に必要な医療を実施す ることが不可能あるいは遅延することを懸念しております。

また、夫婦間や家庭内でドメスティック・バイオレンス(DV)や児童虐待があったな らば、例外的に共同親権ではなく従来通りに単独親権となるという制度も検討されてい るようです。しかしながら、DV 等の認定自体は離婚の際になされていなくても現実に は精神的支配が行われているような状況下で共同親権の取り決めがなされた場合に、上 記のような子どもに医療が必要な場面において適時に両親の同意を得ることができず、 子の利益が侵害される怖れもあります。

 共同親権制度を導入するにあたっては、子どもの生命・身体を保護する重要な場面で ある医療の実情に関して適宜医療者の意見を聴取し、上記のような懸念にも対応できる 仕組みを検討していただけるようお願いいたします。たとえば、子どもの生命・身体を 保護するために早急な医療実施が求められる状況においては、子どもを監護している親 の同意のみで子どもが適切な医療を受けることができるような例外的対応を許容する など、通常の医療業務の範囲内で子どもの生命・身体を保護する職責を果たすことがで きる措置を講じていただくことを要望いたします。そうした法制度を受けて、医療現場 でも子どもへの医療提供のあり方や説明・同意プロセスなどについて再検討する所存です。

 

新着学会ニュース
日本内科学会からのお知らせ「令和7年度 内科専門研修プログラム一次審査結果の公開」に関して

[2024.7.10]

全文見る

日本内科学会からのお知らせ「令和7年度 内科専門研修プログラム一次審査結果の公開」に関して

日本内科学会が「令和7年度 内科専門研修プログラム一次審査結果の公開」に関して発表した。   日本内科学会では内科専門医制度のプログラム一次審査を行いました…

8都道府県の熱中症搬送者数予測サイトを公開

[2024.7.10]

全文見る

8都道府県の熱中症搬送者数予測サイトを公開

9日、名古屋工業大のチームは東京や大阪、福岡など8都道府県の1週間先までの熱中症搬送者数予測値などが分かるウェブサイトの公開を始めたと発表した。 搬送者急増による…

涙で発電し血糖値を推定 コンタクトレンズ試作

[2024.7.8]

全文見る

涙で発電し血糖値を推定 コンタクトレンズ試作

 涙に含まれる糖分を使って発電し血糖値を推定する超小型装置を開発したと、京都大の研究チームが発表した。この装置を組み込んだコンタクトレンズを試作し、6月に米国…

日本循環器学会からのお知らせ「【8月17日(土)】健康ハートセミナー2024「健康ハートは“栄養と養生(療養)”」(健康ハートの日)」に関して

[2024.7.4]

全文見る

日本循環器学会からのお知らせ「【8月17日(土)】健康ハートセミナー2024「健康ハートは“栄養と養生(療養)”」(健康ハートの日)」に関して

日本循環器学会が「【8月17日(土)】健康ハートセミナー2024「健康ハートは“栄養と養生(療養)”」(健康ハートの日)」に関して発表した。   8月10日は…

次の感染症危機に備えた「行動計画」改定へ

[2024.7.3]

全文見る

次の感染症危機に備えた「行動計画」改定へ

 2日、政府は午前の閣議で、次の感染症危機に備えた「新型インフルエンザ等対策政府行動計画」の改定を決定した。新型コロナウイルスの感染拡大で行動制限が長期化したこ…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本産科婦人科学会からのお知らせ「法務大臣宛て「家族法制の見直しに関する中間試案」への要望 に関して」」(2023年9月10日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
内科系専門医(女性) 内科系専門医(女性)
ご入職時は、院内で他の診療科の増設や、病棟編成...
外科専門医 男性(50代) 外科専門医 男性(50代)
今のところ、これまで行ってきた全ての治療ができ...
呼吸器内科専門医 男性 43歳 呼吸器内科専門医 男性 43歳
入職3か月後に内科部長に昇進し、現在は病院の診...
皮膚科 女性医師 38歳 皮膚科 女性医師 38歳
週3日で夜勤もなく帰りには夕飯の買い物もでき、願...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook 医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ