専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本糖尿病学会よりお知らせ【インスリン発見100周年記念シンポジウム「今、あらためて糖尿病を問い直す」を開催に関して

学会ニュース

日本糖尿病学会よりお知らせ【インスリン発見100周年記念シンポジウム「今、あらためて糖尿病を問い直す」を開催に関して

[2021.7.8]

日本糖尿病学会より【インスリン発見100周年記念シンポジウム「今、あらためて糖尿病を問い直す」を開催に関して発表がありました。

 

2021年は、1921年にFrederik Banting先生とCharles Best先生がインスリンを発見されて100年の記念すべき年です。日本糖尿病学会では、インスリン発見100周年を記念して、世界糖尿病デー(Banting先生の誕生日)である2021年11月14日(日)に

インスリン発見100周年記念シンポジウム
「今、あらためて糖尿病を問い直す」

をハイブリッド開催します。
事前に、過去の年次学術集会や地方会で発表されたインスリン100周年に関連する魅力的なコンテンツを毎月配信します。シンポジウム当日には、葛谷健先生からインスリンや糖尿病の歴史に関して、続いて日本糖尿病学会理事長である植木浩二郎先生から本シンポジウムに寄せてご講演をいただきます。
その後、4つの分科会に分かれてパネルディスカッション形式で、性別・年代を問わず集まった数名のディスカッサントが、①インスリン、②インスリン作用、③糖尿病、④糖尿病合併症に関して、今後100年を見据えた自由闊達な議論を交わします。
また、4つのテーマに関連するアンケートを事前に実施し、皆様のご意見も広く集めたいと思います。未来志向の意見や考え方を集約して、「100年の、その先へ」つながる糖尿病診療・研究の道筋を明らかにしたいと考えています。
糖尿病とインスリンの未来を共に語りましょう!是非ご期待下さい!

 

インスリン発見100周年記念シンポジウム実行委員会

 

 

imaged from日本糖尿病学会

新着学会ニュース
若者の献血離れにあの手この手 東京駅を一望、ジャック広告

[2024.6.17]

全文見る

若者の献血離れにあの手この手 東京駅を一望、ジャック広告

 若者の「献血離れ」が進んでいる。日本赤十字社によると、2023年に献血した10~30代は約162万人で、10年前から3割減ったという。輸血用の血液製剤などの多くは高齢者の…

「命を救うハンカチ」 正しい心臓マッサージでつながる命

[2024.6.13]

全文見る

「命を救うハンカチ」 正しい心臓マッサージでつながる命

 カバンの中に入れて持ち歩くもので、多くの命を救えたら。そんな思いを胸に、愛媛県の医学生が、誰でも正しい心臓マッサージができる救命補助具を発明した。その名も「…

日本放射線技術学会からのお知らせ「オンライン 第45回医用画像処理プログラミングセミナー〜「生成系AI」で画像生成とプログラミングにチャレンジ!〜」に関して

[2024.6.12]

全文見る

日本放射線技術学会からのお知らせ「オンライン 第45回医用画像処理プログラミングセミナー〜「生成系AI」で画像生成とプログラミングにチャレンジ!〜」に関して

日本放射線技術学会が「オンライン 第45回医用画像処理プログラミングセミナー〜「生成系AI」で画像生成とプログラミングにチャレンジ!〜」に関して発表した。   …

心電図や音声など患者データを端末で送信

[2024.6.6]

全文見る

心電図や音声など患者データを端末で送信

 救急車で搬送する患者の情報を画像や音声で病院に送る実証試験を、山口県宇部・山陽小野田消防局と、関連する9医療機関が3日に始めた。病院へ患者が到達する時間を短縮…

「心の不調」日本が最多

[2024.6.5]

全文見る

「心の不調」日本が最多

 金融サービスを世界で展開するアクサが欧米や中国など16の国と地域で調査したところ、「心の健康」が不調と回答した割合は日本が最多だったことがわかった 。日本では…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本糖尿病学会よりお知らせ【インスリン発見100周年記念シンポジウム「今、あらためて糖尿病を問い直す」を開催に関して」(2021年7月8日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局
ページトップへ