専門医の医師の求人/募集/転職学会ニュース一覧 > 日本皮膚科学会からのお知らせ【医薬品・医療機器等安全性情報】に関して

学会ニュース

日本皮膚科学会からのお知らせ【医薬品・医療機器等安全性情報】に関して

[2020.12.4]

日本皮膚科学会から【医薬品・医療機器等安全性情報(No.378)】についてのお知らせです。

 

厚生労働省より「医薬品・医療機器等安全性情報(No.378)」について,通知がありました.
以下の厚生労働省・医薬品医療機器総合機構のホームページよりご確認ください。
 

厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000083859.html

医薬品医療機器総合機構ホームページ
https://www.pmda.go.jp/safety/info-services/drugs/calling-attention/safety-info/0160.html

 

 

imaged from日本皮膚科学会

 

新着学会ニュース
日本消化器病学会よりお知らせ『日本消化器病学会学会 CBT試験による試験実施要領』に関して

[2022.1.5]

全文見る

日本消化器病学会よりお知らせ『日本消化器病学会学会 CBT試験による試験実施要領』に関して

日本消化器病学会より『日本消化器病学会学会 CBT試験による試験実施要領』に関して発表がありました。   次回第31回専門医試験(2022年3月20日)より本学会では全…

日本循環器学会よりお知らせ『脳卒中と循環器病克服第一次5ヵ年計画振り返り全文公開』に関して

[2021.12.24]

全文見る

日本循環器学会よりお知らせ『脳卒中と循環器病克服第一次5ヵ年計画振り返り全文公開』に関して

日本循環器学会より『脳卒中と循環器病克服第一次5ヵ年計画振り返り全文公開』に関して発表がありました。   日本脳卒中学会と取り組んでまいりました脳卒中と循環…

日本消化器病学会よりお知らせ『ペムブロリズマブ製剤のガイドライン作成及び最適使用推進ガイドラインの一部改正』に関して

[2021.9.8]

全文見る

日本消化器病学会よりお知らせ『ペムブロリズマブ製剤のガイドライン作成及び最適使用推進ガイドラインの一部改正』に関して

日本消化器病学会より『ペムブロリズマブ製剤の最適使用推進ガイドラインの作成及び最適使用推進ガイドラインの一部改正)』に関して発表がありました。     …

日本母体胎児医学会学術集会よりお知らせ【完全WEB方式による学会開催】に関して

[2021.8.24]

全文見る

日本母体胎児医学会学術集会よりお知らせ【完全WEB方式による学会開催】に関して

日本母体胎児医学会学術集会より【完全WEB方式による学会開催】に関して発表がありました。     【完全WEB方式による学会開催のお知らせ】 皆様におかれ…

日本糖尿病学会からのお知らせ「遠心処理後に測定するHbA1c測定法での採血管の取扱い」に関して

[2021.7.19]

全文見る

日本糖尿病学会からのお知らせ「遠心処理後に測定するHbA1c測定法での採血管の取扱い」に関して

日本糖尿病学会から「遠心処理後に測定するHbA1c測定法での採血管の取扱(EDTA入り採血管推奨)」に関して発表がありました。     遠心処理後に測定する HbA…

記事一覧はこちら

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

「日本皮膚科学会からのお知らせ【医薬品・医療機器等安全性情報】に関して」(2020年12月4日)に関する記事です。
専門医局では各学会の最新情報を提供しています。
その他の学会のニュース一覧もご覧いただけます。
更に詳しい情報をお求めの際は各学会へ直接お問い合わせください。
また専門医局では専門医の資格取得方法や専門医資格の取得できる研修施設も紹介しています。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
消化器科 男性医師 (51歳) 消化器科 男性医師 (51歳)
条件についても申し分なく、何よりもこちらの病院...
外科専門医 女性(30代)  外科専門医 女性(30代) 
オペにも積極的に参加させていただいています。大...
総合内科専門医 男性 36歳 総合内科専門医 男性 36歳
透析医療の立ち上げに関わることができ、自分の力...
外科専門医 男性(40代) 外科専門医 男性(40代)
現在は年配の先生が外来を受け持ち、私は手術に専...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

ページトップへ