用語集
  • 超音波診断法(チョウオンパシンダンホウ)
  • 超音波診断法とは、音波を使用した診断方法。身体の各器官や組織の医学的画像または写真を取得する手法となる。この診断法は無痛で、尚且つ安全なもの。超音波診断法は、軟組織(心臓・血管・子宮・膀胱など)の高精度画像を生成し、心拍や血流などの内部運動をわかりやすく示す。この診断法では、病変または損傷のある組織の検出・異常な腫瘍の発見、および多様な変化状態(胎児の発育など)を検出できる。それによって医師は迅速かつ正確な診断を行うことができる。代表的な適用分野は、心臓医学・婦人科医学・腹部医学などになる。 専門医局では、婦人科・消化器科・内科医師のみなさまのご転職の相談をお受けしております。http://www.senmon-i.net/

一覧へ

転職支援サービス 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局 専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医の医師の方が転職をする際に役立つ「お役立ち用語集」をまとめました。
「超音波診断法」の用語の意味を掲載しています。
その他にも臨床の現場で使う用語、転職時に役立つ用語をまとめております。

専門医資格を最大限に生かした転職なら専門医局

専門医転職事例
一般内科 女性 52歳 一般内科 女性 52歳
子育てしながらはやはり大変な面もありますが、本...
産婦人科専門医 女性 42歳 産婦人科専門医 女性 42歳
院長や部長からは新しいものをどんどん取り入れて...
外科医 男性 40歳 外科医 男性 40歳
都内の民間病院であり、患者さんも多く、ハードな...
放射線科専門医 女性(30代) 放射線科専門医 女性(30代)
環境に慣れてきました。専門医を取得してまだ数年...

その他の転職事例はこちら

専門医のFacebook

医療機関の方々へご案内

SSL
個人情報を扱うページではSSL通信で
安全性を確保しています。

武田 淳史 氏
公益財団法人 東京都保健医療公社 豊島病院 眼科医長
夏井 淳一 氏
バーズ・ビュー株式会社 代表取締役社長
飯島 勝矢 氏
東京大学 高齢社会総合研究機構准教授
堀内 祐紀 氏
秋葉原スキンクリニック院長
池田 直史 氏
さやま腎クリニック院長、埼玉石心会病院腎臓内科部長
田中 健 氏
医療財団法人 神尾記念病院
長瀬淑子氏 長瀬 淑子 氏
公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン事務局長
立山悟志氏 立山 悟志 氏
さくら小児科・内科クリニック院長

過去のインタビューはこちら

ページトップへ